Jets' Diary-Shuffle It All (Jets似非旭川ラーメン研究所)|旭川ラーメンブログ

旭川ラーメン、アクアリウム、B級グルメ、山登り、アウトドア、DIY、ギター、音楽、クルマ、ドライブ、雑記...etc たまに書きます。

 ⚠️価格・営業時間・禁煙情報などは訪問当時のものです。

登山/トレッキング

高山蝶パトロール in【富良野岳】花盛りの【花の百名山】

令和6年6月30日。
大雪山国立公園パークボランティア(以下、PV)の活動で、富良野岳へ行ってまいりました。
先週の銀泉台〜白雲岳に続き2週連続の高山蝶パトロールで、活動目的は高山蝶の密猟防止啓蒙活動とパトロールです。

北海道にはウスバキチョウ、アサヒヒョウモン、カラフトルリシジミ、ダイセツタカネヒカゲ、クモマベニヒカゲの5種類の高山蝶がいて、クモマベニヒカゲ以外の4種はわが国の天然記念物に指定されているそうです。
それぞれの蝶々の姿は、まあググッてみてください。
そういえば、蝶々の数え方って他の昆虫と違いって1匹、2匹ではなく「1頭、2頭」なんですよね。
面白いですねー。
P6300239
いつもの登山口、凌雲閣前です。
歩き慣れたホームマウンテンのために仕事ができるなんて、幸せというもんです!
P6300006
安政火口、逆光の夫婦岩。
あ〜、いい天気で良かったです。
P6300015
ウラジロナナカマドに、
P6300019
水に濡れると透き通るサンカヨウ。
故意に水をかけたらダメですよ!
P6300021
富良野岳様、どーーーん!
すばらしい!美しい!カッコいい!
P6300025
エゾノツガザクラ。
P6300026
携帯トイレブース。
そこらへんに隠れて垂れ流さないで、携帯トイレを使いましょう!
必読「花の富良野岳とトイレ問題」

あら?
P6300034
エゾアカガエルちゃんです。ケロケロ。
P6300035
オオバタケシマラン。
葉っぱの下に隠れて花が咲きます。
続きを読む

高山蝶パトロール in 大雪山【銀泉台〜赤岳〜白雲岳】帰宅後はホルモン焼き屋で一杯!

令和6年6月23日。
大雪山国立公園パークボランティア(以下、PV)の活動で、銀泉台〜赤岳〜白雲岳を巡ってきました。
個人的にはなんと、2週連続の白雲岳登頂となります
活動目的は高山蝶の密猟防止のパトロールです。
北海道にはウスバキチョウ、アサヒヒョウモン、カラフトルリシジミ、ダイセツタカネヒカゲ、クモマベニヒカゲの5種類の高山蝶がいて、クモマベニヒカゲ以外の4種はわが国の天然記念物に指定されているそうです。

まずは今回のルートを。
銀泉台〜白雲岳MAP
銀泉台からの往復です。
P6230003
朝、6:30スタート。
P6230004
多くの登山者で賑わっています。
P6230005
P6230007
見晴台。ニセイカウシュッペ山を望む。
まぁ〜、この先、お花が見事でして。ついつい足が止まってしまいます。
P6230013
第1雪渓。
P6230017
P6230019
P6230022
ヒメイソツツジ。お姫様。
P6230023
コマクサ平には、
P6230025
コマクサ。女王様。
P6230026
メアカンキンバイ。
P6230033
チシマノキンレイカ。ウラシマツツジの葉に囲まれて。
P6230038
鳥。
P6230041
ジンヨウキスミレ。
葉っぱの形が腎臓に似ているからジンヨウなのだそうです。
P6230051
エゾコザクラ。わっさり。
続きを読む

藤原製麺しじみラーメンしお味【大雪山・黒岳〜白雲岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

こんにちは山ラーおじさん、じぇっつです!
P6160001
層雲峡・黒岳ロープウェイ駅にやってまいりました。
山開き前とはいえ、日曜日なのにずいぶん人が少ないです。てんくら(天気予報を元に「登山指数」を発表しているサイト"てんきとくらす")「C」だからでしょうか?
R060616地図
今回は大雪山・黒岳から白雲岳を目指します。移動距離約17.2km。
白雲岳から望む、裏旭(旭岳の裏側)ゼブラを楽しもうと思います!
例によって拙いYouTube動画も作りましたので、よりリアルな山行記録をぜひお楽しみください!
(本記事末尾にあります)
P6160004
7分ほどで五合目黒岳駅に。
小生の足だと登山口からここまで1時間20分ほどかかるんで、この速度はありがたい!
P6160005
P6160006
リフトに乗り換え。15分ほどで、
P6160019
黒岳七合目登山口に到着。
P6160018
気温は20℃ほど。暖かい!
登り始めたら暑くなるでしょう。
P6160021
登山道は雪渓が多く残ってます。
P6160023
八合目。
P6160030
九合目。
まねき岩が見えてきました。
それにしても、ここまで無風で暑い!予想通りの暑さです。
P6160036
雪渓トラバース。誤って左側に滑り落ちると、
P6160037
あんなところまで落ちます。
P6160038
まねき岩と目線が合えば山頂はもうすぐで。
P6160039
ショウジョウバカマ。
雪解け間もなく咲く花ですね。
P6160041
エゾノハクサンイチゲ。キリッとした美しさ。
ブログだと早いです、カムイミンタラどーーーん!
P6160048
黒岳(1784m)到着です!
山頂に出るな否や強風!
涼しい〜〜!というか登りの汗が冷えて寒〜〜い!
続きを読む

登山道整備ボランティア in 上富良野岳〜上ホロカメットク山

今年度から大雪山国立公園パークボランティア(以下、PV)として活動させてもらえることになりました〜。
初仕事として参加したのは上富良野岳〜上ホロカメットク山の登山道整備(といっても、何度か参加している大雪山・山守隊の整備のような土木作業はありません)です。
翌週の十勝岳山開きに向け、登山道の危険箇所に張ってあるロープの交換や鉄ピンの交換作業を行います。

7:00
DSCN7929
先輩PVのみなさんと凌雲閣前出発!
DSCN7930
安政火口。
DSCN7932
ショウジョウバカマ。
DSCN7935
富良野岳様。
DSCN7940
D尾根に出て作業開始。真新しいロープを張っていきます。
誤ってロープの向こうに行くと安政火口の谷底へ滑落です。
DSCN7941
ピンと張れました。
DSCN7943
雪渓歩き。
皆さん経験や知識が豊富なので、黙〜って話を聞きながら歩いてるだけで面白いです
DSCN7948
咲き始めでみずみずしいキバナシャクナゲがあちこちで咲いていました。
DSCN7949
上富良野岳からの稜線にロープを張りながら、
DSCN7951
上ホロカメットク山。
稜線、かなり風が強いです。
てんくら見てこなかったですが、Cとかだったんですかねー?
日曜日ですが登山者は少ないです。
DSCN7953
上ホロ小屋からその先の大砲岩付近までロープを張っていくと、望岳台〜十勝岳側からロープを張ってきた別班と合流。
双方からのロープが繋がりました!!
DSCN7955
上ホロ小屋に戻ってお昼ご飯。
お腹すいた〜
いつもならお湯を沸かして山ラータイムですが、PV活動中はそんなのんびりしてられません。
おにぎり3個をもぐもぐと。
これにて作業完了!下山します!
DSCN7957
安政火口、ヌッカクシ富良野川を渡渉して登山道に戻るところ。
ここ、年々削れて険しくなってます。崩れやすく落石注意。1名ずつ登ります。

以上、初のPV活動でした!
いつもの気楽なソロ登山と違って、団体行動なんで写真も少ないですが、
ここは過去に何度も記事にしてるコースなんで、いいですよね?(笑)
解散後は凌雲閣でさっぱりと。

では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

令和6年 ニセイカウシュッペ山へ向かう町道通行止め解除の情報(^▽^)

ニセイカウシュッペ山の登山道への道について最新情報です。

上川町のホームページによりますと、国道333号線からニセイカウシュッペ山に向かう"町道チカリベツ線"が、令和6年8月10日(土)早朝、開通する予定だそうです。
工事の進捗状況により、開通予定が変更となる可能性があるそうですが、今年は紅葉のニセイカウシュッペ山を楽しむことが出来そうですね。
観光道路情報-_-北海道上川町



2023.6.5の記事

ニセイカウシュッペ山の登山道への道について最新情報です。
351473949_143709735379629_481528629497214323_n
このお触れ書きによると、来年のシーズンには通行可能となるようです。


2023.4.7の記事

日本三百名山、
IMG_5735
ニセイカウシュッペ山。
山行記事は、
マルちゃん 焼そばやきっぺ in ニセイカウシュッペ山→こちら
マルちゃん いつもよりちょっとパンチある一杯 鬼旨辛麺 in ニセイカウシュッペ山→こちら

北大雪の登山で人気の山ですが、、、
大雪山国立公園連絡協議会のサイトによりますと、令和5年5月22日から令和8年11月30日までニセイカウシュッペ山へ向かう町道通行止めとなるとのことです。→その記事
f6076320
e31acf39
リンクされている上川町のページを見ますと、
小水力発電事業に伴う水圧管埋設工事のため、下記のとおり町道チカリベツ線において通行止めとなります。
 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。
○通行止めの期間(予定)
 令和5年5月22日から令和8年11月30日まで
○場所
上川町字中越 町道チカリベツ線(起点から字中越261番地先)
とあります。
ニセイカウシュッペ通行止め
この林道を通れないとなると、夏のニセイカウシュッペ山は令和9年シーズンまで登れないということになります
(どうしてもあの山頂に立ちたいという人は、比麻奈山〜アンギラスを経て登頂するしかないですね)
長〜い工期ですよねー(エスコンフィールドより長い?)😮、令和9年っていつ?!
ともかく、安全第一、無事故の工事を祈念いたします。

令和9年にまたあの山頂に行けるのを楽しみにして、動画と写真をどうぞ!


33caa7fc
e506e325
24bf2066
したっけね。

藤原製麺【スープカリーキング監修スープカリーラーメン】in十勝岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

こんにちは山ラーおじさん、じぇっつです!
いつも「お散歩」とか「怪我明け様子見」とかで白銀荘〜十勝岳避難小屋のコースを楽しんでいますが、本日は白銀荘から十勝岳山頂を目指します!
今回も拙いYouTube動画を作りました。山行の様子は動画のほうが楽しめると思います。
本記事末尾からお楽しみ下さい!!

昨年は凌雲閣から上富良野岳〜上ホロカメットク山〜十勝岳でした。
白銀荘/望岳台側から十勝岳山頂に行くのは何年ぶりかです。
十勝岳MAP
本日のルート。
P60start
白銀荘前。
十勝岳の噴煙がいつもより多い気がします。
P6020006
出発〜!
望岳台スタートとは全然違う風景ですよね。
このコース大好きです。
P6020008
十勝岳爆発記念碑。
P6020014
エゾツガザクラ。
P6020016
P6020018
変化に富んだ道が楽しい。
P6020024
表大雪、旭岳が見えます。
P6020025
十勝岳の噴煙、やっぱり多い!
P6020027
白銀荘分岐。望岳台コースと合流です。
やっぱり望岳台から登る人が圧倒的に多いですねー
P6020031
いや〜、いい天気。
P6020032
天気が良く、ほぼ無風なので暑いです。
P6020034
避難小屋前の気温、11℃。
そうなの〜〜?体感温度はもっと高いです。
一休みして先に進みましょう。
P6020037
避難小屋から先が本番です。斜度もきつくなります。
P6020041
いや〜、天気良くて最高!導かれるように足もよく動きます。
白銀荘前出発から2時間ほどで、
P6020049
まずはスリバチ火口到着!
P6020050
美瑛岳どーーん!
やっぱりデカいですね!
P6020051
そして十勝岳どーーーん!
ここらで一休み。お茶にしましょう!
本日のお茶請けは、
P6020060
日糧製パン「ようかん やわらか あんぱん」
おお!これ結構美味いです!気に入りました
P6020063
では、先へ進みましょう。
こんな、どこかの惑星のような道を進みます。なだらかな登りになっているんですが、目から入ってくる平坦さと、足にかかる登りの負担の感覚に大きな差があって、妙に体力が削られます。
P6020066
だいぶ近づいてきました。
P6020079
山頂への急登に取り付きました。
P6020091
きつい登りですが、直登ではないですし、見た目通りに足に負担がくるので不思議と楽に登れます。
P6020092
お?山頂に近づいてきましたよ〜。
スタートから3時間10分ほどで、
P6020094
十勝岳山頂 2.077m、到着です!
P6020095
「光顔巍々(こうげんぎぎ)」
以前の記事に纏めていますが、浄土真宗の「讃仏偈」というお教の一説からで、
「光顔巍巍 威神無極 如是焔明 無与等者」
光顔巍巍として威神極まりなし。かくのごとき焔明、ともに等しきものなし。
と読み下すようですが、その意味は
「御姿まぶしく 徳かぎりなく その光明に 並ぶ者なき如来よ」
仏様のルックスを褒め讃える歌だそうです。
碑石の裏には、
P6020104
三角点を模した石。
十勝岳に三角点はありません。
P6020098
おお〜!富良野岳様も光顔巍巍!
では、富良野岳様を拝みながら、メインイベントにしましょうか!
IMG_3224
お湯を沸かします。
本日の山ラーは、
IMG_3219
藤原製麺スープカリーキング監修スープカリーラーメン!
IMG_3203
IMG_3222
スープはモデルAJ-203
IMG_3233
いただきます!🙏
カレーの良い香り〜。スパイシーでなかなか良い辛さがあります。
美味い!
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

さて、ゆっくり景色も楽しみましたし、下山するとしますか。
P6020109
登ってきた急斜面をサクサク下りて、
P6020117
振り返る。下りはあっという間ですな。
P6020119
P6020123
来た道をひたすら戻る。
P6020124
大雪渓。
毎年ソリ滑りするところです。
雪解けの早い今年ですが、まだ滑れましたかね〜。
P6020129
避難小屋下。
P6020132
ずっとこの感じの道なので飽きてきました(笑)
P6020137
P6020143
やっと花が。
カラフトイソツツジのつぼみですかね。
P6020145
白銀荘への泥流コースに入ると、コースに変化が出てくるので楽しいです。
P6020146
富良野川渡渉。
P6020149
下山〜〜ンヌ!!
P6020151
白銀荘でサッパリしていきましょう。
水風呂で足をアイシング、その後は露天風呂で緩んで
今日は天気も景色も最高でした〜。今年もいいシーズンになりそうな気がします。
次は大雪山国立公園パークボランティアの活動です。山ラーしませんし、そんなに写真パシャパシャ撮れないと思うんでブログにはしないと思いますが、しっかり働いてきます!
IMG_3242
お風呂上がりは白銀荘のソフトクリーム。
実は初の白銀荘ソフトです🍦
甘すぎずサッと喉を過ぎていきますが、牛乳感は結構ありますね〜。


では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

藤原製麺 行者ニンニクパウダー入りスタミナラーメン in 上富良野岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

こんにちは山ラーおじさん、じぇっつです!
今シーズン初のホームマウンテンのコースで山ラーを啜ろうと思います。
そして、またまた拙いYouTube動画を作ってみました〜。記事の最後にリンクがあります。

今回おじゃまするのは、
上富良野岳MAP
十勝岳温泉 凌雲閣前の登山口から上富良野岳に登ろうと思います。本当は上ホロ小屋まで行きたかったのですが低温・強風雨の予報なので上富良野岳までにしておきましょう。
凌雲閣のfacebookでのライブ配信では前日は雪が降っていたんですよね。

P5260002
登山口の駐車場。週末はいつもクルマでいっぱいなのですが、朝8時でこのガラガラ。
P5260004
気温は10℃くらい。
P5260006
入山届を記入し、その横におわす大山神様に本日と今年の無事の登山・楽しい登山を祈念して出発です!
P5260010
P5260012
午後から晴れる予報なんですが、ちょっと前倒しで午前中に晴れてくれないでしょうかね〜。
P5260015
昨日の名残。
P5260017
安政火口まで来ましたがガスってますね〜。何も見えません。
P5260019
先へ進みます。
P5260022
雪渓斜面のトラバース。
寒いので雪が固まっており、登山靴のキックが入りません。
これは危険!ですが、
P5260023
持ってて良かった、チェーンスパイク。
P5260024
装備! これで進めます。
P5260027
🦊きつねの足跡🐾
P5260030
ハイマツが凍っています。
5月下旬というのに、季節逆戻りですねー❄️
P5260031
当ブログのこのコースの記事やYouTube動画でよく出てる"富良野岳様どーーーん!のカーブ"を曲がると、
続きを読む

藤原製麺 行者ニンニクパウダー入りスタミナラーメン in 深川市【音江連山】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

前回の「雪の妖精シマエナガラーメン in 【十勝岳避難小屋】」は、軽〜いお散歩でしたから、ちゃんと登るのは今シーズン初となります。
その時同様に、山間部の風速が20メートル以上の強風予報でしたので、低山を楽しむことにしました!
今回お邪魔しますのは、旭川の隣町・深川市に広がる、
音江連山MAP
音江連山です。
かつて「鳩乃湯温泉」があったという登山口から登り、剣山〜音江山〜無名山〜沖里河山を巡る、約11.5kmの登山です。低山ですが距離はなかなかですねー。

P5120002
路肩など利用する駐車スペース。余裕あります。
P5120003
横を流れる待合川。
P5120006
音江連山登山コース入口。
おじゃまいたしま〜す!
P5120007
曇り空ですが、なかなか気温高いです。
P5120009
瑞々しいエゾノシュウキンカ。
P5120013
ニリンソウ。
アシリパさんが、「肉の味を何倍にもする」と言っていた草です。
P5120014
お〜っと!序盤から急登が出現しました。画像の印象以上に急登感がありますよ。
P5120016
エゾエンゴサク。
花々が急登の登坂を応援してくれているかのよう。
P5120021
つかの間の緩い道。
P5120022
視界が開けると、
P5120023
剣山 529m。
P5120024
この上がピークなのかも知れません。
いやあ、暑いです!長袖シャツ脱衣!
P5120025
では、進みましょう。
P5120027
音江山の分岐へ向かう道。
P5120032
みんな大好きな草が生えている急登を登り切ると、
P5120034
分岐です。
P5120036
音江山。進みましょう!
P5120038
この道端にも、みんな大好きな草が生えています。細いですけどね。
P5120042
タチスミレという子らしいです。
P5120044
笹刈りされていて歩きやすい
P5120045
標識はありませんが、音江山(795.4m)山頂です!
一等三角点「入霧月峰」
お隣のピーク「イルムケップ」の当て字ですね。隣の山と名前がズレている、三角点あるある現象です。
P5120048
深川の皆さ〜ん、じぇっつでーーす!✌️
P5120051
ここらでお茶にしましょう。
お茶請けはいつもの「旭川バターどら焼」です。
あーー、梅屋の百年橋食べたいな〜

道すがら、みんな大好きな草の太めのを数本採りながら、
P5120062
分岐に戻ってきました。
P5120063
これから登るピークたち。
P5120069
ザゼンソウ。
P5120074
無名山への激登りが見えます。
P5120075
みんな大好きな草の道。
太めのを数本戴きましょう。あとでラーメンに入れる分だけ。

激登りを詰めると、
P5120077
無名山という名のピーク(805m)
国土地理院地図では804mとあります。
この音江連山では最高峰です。
振り返れば、
P5120080
十勝岳連峰!
左に目をやれば、
P5120082
表大雪!
P5120086
次なるピーク、沖里河山へ向かいましょう。
P5120088
最後の登り。ロープが貼ってありますが、これ要るのかな〜〜。
P5120089
沖里河山(802m)
立派な展望台に整備されています。
P5120092
P5120093
P5120094
深川の皆さ〜ん、じぇっつでーーす!🖖
P5120096
歩いてきた峰々。
ここで山ラーを戴く予定だったのですが、予報通り風がかなり強くなってきました。
P5120099
すぐ下に駐車場が見えます。そこまで下れば風は落ち着きますかね?
P5120101
下ります。
ウワサ通り、本当にすぐそこです。

さあ!始めましょう!
本日戴きますのは、
IMG_2435
藤原製麺 行者ニンニクパウダー入りスタミナラーメン!
これに、道すがら摘んできたホンモノを水洗いして投入しようって魂胆です。
IMG_2437
どんだけスタミナつけたいのかねー

が、準備していると次第にこの駐車場にもかなりの強風が吹き付けてきました
これはやばい!バーナー使えません。
残念ですが山ラーは中止です。予備の🍙おにぎりを食べて下山するとしましょう。
IMG_2439
これは後日の山ラーで戴くとしましょう。
P5120106
ここからは砂利道の林道歩きです。
P5120109
長い。
P5120112
飽きてきた〜
約1時間の林道歩きの末、
P5120114
下山〜〜〜ンヌ!

いや〜、低山ながら急登/直登の多いコース。シーズン初めで全ての登山筋が鈍った身体にイイ刺激を与えてくれる山でした。
しかし、山ラーを堪能できなかったのは残念です。今回の山ラー計画は次の機会に持ち越しです。
どこかの山で、アイヌネギ臭いおじさんがいたら、それは"山ラーおじさん じぇっつ"かもしれませんよ?

では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけねー



ブログランキング・にほんブログ村へ

藤原製麺 雪の妖精シマエナガラーメン in 【十勝岳避難小屋】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

さあ、今年も始まりました!
山ラーおじさん じぇっつの大冒険!
P5030001
今年は雪解けが早いので、例年よりひと月ほど早いスタートになりました。
P5030003
いつもはソリを持って雪渓滑りでスタートするのですが、この日は爆風予報。時間が過ぎると激しさを増すようなのでサクッと避難小屋までお散歩しようと思います。
P5030007
リュックを新調しました〜。
前と同じオスプレーのケストレル38なんですが、前のより大きく感じます。
P5030008
旧ロゴ好きなので移植。
P5030009
今シーズンから導入の長靴で登る機会を増やそうと思ってます。
”大雪山山守隊”さんのお手伝いとか、昨年加入した、環境省の"大雪山パークボランティア"の活動では長靴のほうが使い勝手が良さそうなんですよねー。
しかも、足首固めた登山靴よりも長靴のほうが登山道に優しいのだとか。
実はちょっと憧れてたんですよー。長靴登山
あと、ヘルメットにも慣れるよう頸の筋肉鍛えておきましょ。
今日は長靴、ヘルメット、ノーストックで歩きます。
IMG_2158
気温は6℃ほど。
P5030014
いざ、出発!
P5030015
P5030016
天気はドンヨリだけど高曇りなんで眺望はあります
P5030019
表大雪・旭岳も!
P5030018
しっかし、雪がない。
P5030020
P5030021
雪渓ゾーンに。
オフシーズンで鈍った足腰にいい刺激がきますね〜。
P5030022
P5030023
避難小屋着。
P5030025
風が強くなってきました。
P5030027
山頂方向、毎年滑っている雪渓も小さい感じがします。
IMG_2162
ここまでの道で、長靴なかなかいいですねー。インソールを2種類重ねて調整してます。
P5030028
風が強いので小屋の中で休ませてもらいましょ。

おまたせいたしました!
本日のメインイベント、山ラーメンでございます。
今日のラーメンは、
IMG_2164
藤原製麺 雪の妖精シマエナガラーメン!
IMG_2168
グホッ!!!なんてめんこい
こんな目で見られたら、穢れた自分自身がイヤになってきますな。
IMG_2169
スープはモデルAH-328B。
記録を調べると、同社製の北海道二夜干しラーメン釧路醤油と同じモデルのスープです。
IMG_2179
出来ました!
具材はレンチンのアイヌネギと刻んだ長ネギです。
IMG_2183
いただきます
IMG_2184IMG_2190
うま〜〜い!
鶏ガラと鰹が効いてて旨旨です。
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

P5030034
下山します!下りはず〜っと雪渓を歩いて楽をしようと思います。
下り道でも長靴歩きで問題ないですね。
P5030036
下山〜〜〜ンヌ!
望岳台に着くと、更に風が強くなってきました。
上の方は爆風かもしれません。
P5030039
今年もお世話になります!白銀荘!
P5030040
お風呂上がりのコーヒーをば。
猫のした珈琲さんにも今年もお世話になります!
IMG_2193
香りの良いコーヒーを啜りながらのドライブがまたいいですよねー。

今シーズンの山ラーブログ&山ラーYouTubeをよろしくお願いします!
では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけねー



ブログランキング・にほんブログ村へ

山ラーおじさん じぇっつが全国放送のテレビ番組に!!【十勝岳 つちのこ】

どうも!山ラーおじさん じぇっつです。

大雪山/十勝岳連峰で登山を楽しんでは山ラーを啜って、拙いYouTube動画を作っている私じぇっつですが、なんと全国放送のテレビでそのYouTube動画が使われて、電話インタビューも受けたんですよ〜。
「テレ朝」ってのがアレなんですけどねー(笑)
その内容は、こちらのブログ記事→マルちゃんしょうゆ味ラーメン in 十勝岳(つちのこ探し動画)の時に撮影した、「十勝岳のつちのこ」に関する内容です。
放送されたのは3年も前のことなんですけどね
急に思い出したようにアップしてみました。
つちのこの正体と、小生のシブい(?)声をお楽しみください
2020(令和2)年6月28日放送「テレビ朝日サンデーステーション」

元になった動画はこちらです。
したっけね!

令和5年 山ラー活動を振り返る。

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

夏山でしか山ラー🍜をしない私じぇっつの令和5年シーズン山行は10/29をもって終了しました。
11月に入ってあと1回登る予定だったのですが、色々あって珍しく朝起きられず断念。良い天気だったのに勿体なかったな〜

今シーズンに向けて、昨シーズン終了後は週2回のジョギングを続けていたんです。5キロ程度なんですけどね その成果か、今シーズンの登山はグイグイ登れましたね〜。
ところが7月初旬の山行で右膝の内側側副靱帯を痛めてしまい、花の季節真っ只中の7週間の登山休止となってしまいました
とても悔しい思いをしましたが、その期間はなぜか週末悪天候になる事が多かったので、良いのか悪いのか下界からくっきり快晴な大雪山を眺めて悶々とすることはさほどありませんでした
それでも数えてみると昨年に迫る15回の山行。カメラを新しくしましたし、拙いYouTube動画もせっせと作ったもんです。

そんな令和5年シーズンを振り返ってみます。(誰得記事・笑)
※日付は山行した日です。

◾️5/28 五十嵐製麺 旭川ラーメン 八海 in 十勝岳

山ラーシーズン開始は、毎年恒例の十勝岳中腹からの雪渓尻すべりです。


◾️6/11 北海道二夜干しラーメン函館塩 in 【上ホロカメットク小屋】(上ホロカメットク山〜十勝岳)

望岳台から登るより、こっちからの方が好きです。


◾️6/18 藤原製麺 北海道産甘海老だし味噌ラーメン in【利尻山】

ガスが晴れず無念の山行でしたが、また登りにくる目標が出来ました。
関連記事
利尻島 ラーメン【TSUKI CAFE(月カフェ)】塩篇
利尻島 ホタテフライカレー【グランスポット】


◾️6/25 藤原製麺 北海道産甘海老だし味噌ラーメン in【富良野岳】

富良野岳を象徴するようなハクサンイチゲが綺麗でした〜。


◾️7/3 藤原製麺 北海道二夜干しラーメン釧路醤油 in【三段山(十勝岳連峰)】
新しいカメラ導入で喜び勇んで来ましたが、下山途中で膝靱帯やっちゃいました


◾️7/28 (番外編)登山用カメラ 【オリンパスTG-6】に偏光フィルター(PLフィルター)を取り付けてみた
IMG_2161
見た目も写りも良くなりました〜


◾️8/27 藤原製麺「俺のラーメンこうた 辛みそ」in 十勝岳避難小屋(白銀荘コース)
怪我明けの様子見登山。何かにつけて“様子見”といえばこのコースなんですよー。
なっきーにも会えましたし、幸先良い復活登山となりました。


◾️9/3 藤原製麺「本場北海道らーめん 旭川醤油」in 白雲岳避難小屋(ヤシネット運びボランティア)緑岳・小泉岳
「大雪山・山守隊」さんが“近自然工法”による登山道整備に使用するヤシネットを白雲小屋まで運びました。
天気最高!シーズン中に復活できて本当に良かったと実感する山行でした。


◾️9/10 大雪山・山守隊「たまには山に恩返し in 愛山渓」
DSCN7889
ブログ記事にはしませんでしたが、大雪山・山守隊さん主催の「たまには山に恩返し in 愛山渓」。
愛山渓〜沼の平〜当麻乗越に至る道の、ぬかるみの道に木道を敷設する作業に微力ながら参加いたしました。
登山者がぬかるみを避けて登山道脇の法面に踏み込むため植生が傷んでしまう。
それを防ぐための木道敷設。登山者が歩きやすくするための木道ではない、ということを山守隊さんに教えてもらいました。


◾️9/16 藤原製麺 旭川ラーメン 特一番 in 【美瑛富士】 (望岳台〜美瑛岳〜美瑛富士周遊登山)
怪我した足ですが、今年はとにかくグイグイ登れるんです。冬場のトレーニングのおかげですかね。美瑛岳山頂直下の急登もなんのその。


◾️9/22 0合目から黒岳100年記念登山!【ロープウェイ/リフト不使用】藤原製麺「いそのかづお札幌ブラック」in大雪山黒岳!
ふもとの登山口は「0合目」だと気づいたのは少し後のことだった(笑)
黒岳の100年を感じながらの山行。「節目」を存分に味わった気分になりました。


◾️9/24 国分グループ「霧島黒豚だし豚骨らーめん」in 【富良野岳】
P9240101
P9240091
例年であれば紅葉ピーク真っ只の頃ですが、今年はまだまだ深緑の凌雲閣〜富良野岳でした。


◾️10/2 菊水 北海道旨塩ラーメン in 暴風の【白雲山/天望山(然別湖)】
晴れているけど暴風吹き荒れて時々雨が降る。そんな山行でした。それでも景色の素晴らしさはは間違いない白雲山ですね。


◾️10/9 【ロープウェイなし旭岳】藤原製麺 みそラーメンのよし乃本店 in【大雪山・旭岳】
降雪した旭岳で紅葉が楽しめる!と見込んで向かった0合目からの登山。この日は全国ネットの反日ワイドショーで特集が組まれるほど大勢の観光客で賑わったそうです。


◾️10/15 菊水 北海道醤油ラーメン in 快晴の【秋の富良野岳】
IMG_4777
遅れてきた紅葉。凌雲閣裏もようやく鮮やかに色づきました。
久しぶり!何年振り?に晴れ渡った富良野岳山頂!。本文中にもありますように、ビートたけしのポルシェ理論もいいですがやはり晴れ渡った富良野岳山頂は素晴らしい!


◾️10/29 幌加内町 【三頭山】で「山頭火」本店のまかないラーメン
はじめておじゃましました。幌加内町・三頭山。フカフカの落ち葉の道は良かったですが、ヌルっと滑りやすい急登やトラバース路は怖かったです。
特徴的で大きな山頂標識はこの翌週頃、木っ端微塵に砕け散ったようです。落雷でしょうか?


11月の1週目、もう一回登って今シーズンの山ラー活動を締めくくろうと思いましたが、これにて終了と相成りました。
来年は登山を始めて10年の節目なんですが、新たな活動が始まることになっています。
それとは別に、登ったことのない山、憧れのあの山にもチャレンジしてみたいですね〜

では皆様、来シーズンも山ラー活動をお楽しみに!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 ケガしな〜い
  明日も仕事!


したっけね。



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ

幌加内町 【三頭山】で「山頭火」本店のまかないラーメン

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

10月末。大雪山・十勝岳連峰は冬山になり、尚且つ登山口まで夏タイヤのクルマで行くのも困難になっているかと思われるので、低めな山におじゃましましょう!

今回は、幌加内町・三頭山へ向かいます。
昨年の10月下旬に登りたかったのですが、悪天候のため見合わせ。そのままシーズンオフと相成りました。
今回も懲りずに拙いYou動画を作りましたので、ぜひご笑覧ください!

IMG_5121
幌加内町、道の駅「森と湖の里ほろかない」からスタートします。
曇り空ですが、昼頃から晴れるという天気予報。期待しましょう!
PA290001
登山口のところにも駐車スペースがあるようですが、そう何台も停められないみたいです。
PA290004
国道沿いの登山口標識。
PA290006
PA290008
PA290009
ここが政和登山口。入林届が置いてあります。
判りやすい案内はありませんが、右は通行止め標識とゲートがあるので、この画像向かって左側が登山ルートのようです。

PA290011
少し進むと行き止まりのような場所に着き、登山案内図がありますが、どこが入山口なのか目印のピンクテープすらないので悩みます。
PA290012
どうやら、右手のヌルヌルズルズルの土手を登っていくのが正解のようです。
判りづら〜〜っ
PA290015
あ、こっちで正解だったんだな、と思う道に出ました。
ところが、
PA290017
すぐに分かれ道が。
木にはピンクテープとブルーテープが巻いてあります。
右の方を見ると、
PA290018
ピンクテープの道標があります。
何か変な感じもしますが、右に進みましょう。
すると、
PA290020
あれ??
入林届のとこ(通行止めの先)に戻されたぞ
なんだこのトラップ!人を遭難させたいのかね??
続きを読む

菊水 北海道醤油ラーメン in 快晴の【秋の富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

吾がホームマウンテン・富良野岳。
前回の富良野岳山行の記事
「楽しい登山をありがとうございました!また来年おじゃまします!」
などと書いてましたが、10月中旬になり積もった雪が一度解け、紅葉が遅いピークを迎えているとのことでまたまたお邪魔しました!

今回のコースです。
凌雲閣富良野岳MAP
十勝岳温泉凌雲閣前からスタート。いつものように上ホロ分岐から時計回りで三峰山〜富良野岳と巡って下山します。
時間に余裕があり、あまりに天気が良かったので三段山へおかわり登山しました。

朝5時ちょい前に凌雲閣前に到着。仮眠して朝ごはん🍙食べて。
PA150003
6:30ちょい前に出発!
PA150011
0℃。寒いわ〜。
仮眠でわりとよく眠れましたが、寒くて目覚めたんです。
PA150008
かといって厚着して歩くとすぐに汗をかいて、かえって冷えてしまうんですよねー。
PA150012
重ね着したり、薄着にしたりで快適温度に調整します。レイヤリングとか言うらしいですよ。

おおっ!😆
PA150015
モルゲン富良野岳!
おはようございます。またおじゃましました〜

サクサク登って300階段をクリアしたところ。
IMG_4755
パノラマ写真。
素晴らしい景色!素晴らしい青空!
PA150020
PA150023
上富良野岳山頂直下のお気に入りスポット。
PA150028
十勝岳に上ホロカメットク山。
PA150026
三峰山に富良野岳。
素晴らしい!
PA150027
ポコンと上富良野岳。ここからの急登を詰めれば辿り着きます。
PA150032
ちょこっと残雪。
PA150034
あと少し!続きを読む

【ロープウェイなし旭岳】藤原製麺 みそラーメンのよし乃本店 in【大雪山・旭岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

10月4日朝、大雪山の主峰・旭岳の初冠雪が確認されました。
実際にはその前日に降雪があったのですが、旭川の地方気象台(旭川市宮前)から観測できた日が「初冠雪」となるんですってー。
それから数日のうちにどんどん積もり、上の方はすっかり冬山になったそうです。
10/8には旭岳〜間宮岳間で外国人軽装者が凍死していたとのニュースもありました。
秋口の2,000m峰とはいえ、大雪山を侮ってはいけませんねぇ。

雪と紅葉の旭岳を堪能したいのですが、小生は冬山登山のスキルがありません。
なので、山頂は目指さず裾合平〜中岳温泉の往復で山ラーを楽しみましょう!
しかしながらロープウェイで上がって〜では登山として全然物足りないんですよ〜。
そこで、以前から気になっていた、ロープウェイ山麓駅横にある「旭岳登山口」から登ってみようと思います。
旭岳一合目〜中岳温泉MAP
またまた「ロープウェイに乗らず登ってみたシリーズ」です。
またまた拙いYouTube動画を作ってみましたので、ぜひご笑覧ください!

朝6:00。非常に寒いです!
PA090001
ロープウェイ駅横。
始発が8:00とあって、この時間は人が少なく静かです。ビジターセンター前の駐車場はガラガラでしたが時間が経てばあっという間に満車になってクルマの行列ができることでしょう。
PA090004
ロープウェイ駅とビジターセンターの間を流れる勇駒別川(ゆこまんべつがわ)
寒いので、若干けあらしみたいになってます。
PA090005
出発!
PA090008
木道が二手に分かれています。旭岳に行くには右。「天女ヶ原湿原登山道」というそうです。
PA090014
石ゴロゴロ。この先の四合目までにこういう感じの道が何度もあります。
PA090017
第一天女ヶ原。
新しい木道が敷設されています。以前の木道はかなり荒廃していたのだとか。
木道表面が白いですが、霜です。これのせいで前後左右に足が滑るので慎重に歩きます。
PA090019
あ!旭岳。この先しばらく旭岳は見えません。
PA090022
標高1,215m。
PA090023
第二天女ヶ原。朝日が当たっています。
PA090025
PA090028
白い葉がきれいですねー。
PA090030
凍れてるエゾノツガザクラでしょうか?
PA090031
赤い三つ葉は、霜がおりたチングルマの葉。

第二天女ヶ原までは平坦な湿原地帯でしたが、その先は登りがきつくなります。
おかげで高度が上がるので景色も開けます。
PA090033
十勝岳連峰!
PA090037
三合目(1,417m)
PA090038
森林限界に出そうです。
PA090044
PA090046
づどーん!と直線の階段場に出ました。
そして、ふと右側を見ると、、、

続きを読む

菊水 北海道旨塩ラーメン in 暴風の【白雲山/天望山(然別湖)】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

道東・鹿追町/上士幌町に跨る然別湖(しかりべつこ)。標高約800mで、北海道の湖では一番高いところにある湖だそうです。その湖畔にそびえる白雲山/天望山に登ってきました。
昨年10月にもおじゃまして、今回で2度目です。
前回行きそびれた「岩石山」も登りたいと思います!
昨年の白雲山/天望山の記事は→こちら。天気が良くてのどかな秋の登山でした。てくてくさんにも会えましたし。
またまた拙いYouTube動画を作ってみましたので、ぜひご笑覧くださいませ

早起きして旭川を出発。やっと三国峠まで辿り着きました。
IMG_4157
ここからがまた長〜いんですよね。
IMG_4164
然別湖畔到着。3時間半くらいかかりました。
遠かった〜!眠かった〜!

今回ルートです。
白雲山MAP
湖畔の登山口からスタート〜士幌側(岩石山)の分岐〜岩石山〜分岐に戻る〜白雲岳天望山東雲湖〜湖畔〜登山口を歩く、約9.5kmの山行です。
IMG_0396
この日の天気予報、旭川・上川地方は雨+強風。当初、銀仙台から赤岳に登る計画をしていましたが悪天候なので断念してこちら白雲山に計画変更しました。
ここ十勝地方の天気予報は晴。ただし然別湖は大雪山に近いのでちょっと雨の心配があります。そして登山者御用達の“てんくら”登山指数は「C」。15〜18mの強風で「登山に向いていない」予報です。

まあ、何はともあれここまで来ました。
PA020001
登ります!
PA020005
PA020007
湖畔から急登スタートです。
すぐに高度が上がって、
PA020011
然別湖チラッ。
PA020007
笹に囲まれた稜線に出ました。
然別湖の方からの強風で木々が轟々と唸っています。
PA020021
雰囲気が変わって岩ゴツゴツの道。
PA020023
士幌側登山口への分岐です。岩石山へ行くにはここを士幌側へ下ります。去年はここをスルーしてしまったんですよー。
PA020025
激下り。
PA020026
あの岩石まみれが岩石山だな?
PA020029
岩石!
時より激突してくる強風の塊に煽られます。
PA020034
岩石磊々!
PA020035
岩石山(1,088m)到着です!
向こうに虹が見えますね🌈
それもそのはず。強風に加えてミスト状の雨が降ってきました☔️
PA020038
立っているのもやっとの強風に雨です。長居は無用ですが虹が綺麗ですね🌈
PA020042
十勝平原。
PA020046
強風に煽られながらの岩場下りの怖いこと怖いこと。
PA020051
ようやっと岩山から帰還。
雨雲は晴れましたが、なんか疲れましたw
PA020053
激下りしてきたんで、戻りは激登りです。
PA020055
分岐に戻ってきました。
PA020056
白雲山を目指します。10分くらいて着きます。
PA020057
足場の悪い岩ゴロゴロ道で、今日のこの暴風は手強い!風で身体が煽られます。バランス崩してコケたら頭がスイカ割り状態になりますよ。
雨で濡れていないだけ良かったですが、この山はヘルメット装備が推奨と言えそうです。
(持ってくれば良かったなー)
おっかない思いをして、
PA020058
白雲山(1,186m)到着です。
誰もいません。そもそも入山している人も少ないらしく、ここまでに2組にしか会っていません。
まあ、この天気ですし、平日ですし。

ここでお茶にする予定だったんですが、とんでもない!
身体を預けられる岩を探して写真撮影。PA020064
東ヌプカウシニプリ。なっきー天国らしいです。
PA020065
岩石山方面、十勝平原。
PA020066
岩石山。
PA020069
然別湖。
もっと景色を楽しみたいですが、この烈風はヤバいです。
PA020071
先へ進みます。
白雲山からのこの下り、結構な斜度があります。濡れた岩に滑りやすい土。崖下に向かって流れる笹の根の毛並み(?) 。滑落注意で、岩も多いのでやはりヘルメット推奨ですね。易しい山ではありません。
PA020076
白雲山と天望山の鞍部まで標高で230mほど下ってきました。
ここから然別湖の湖岸へエスケープすることも可能です。
風は少し落ち着いているので、ようやく休憩出来そうです。
PA020078
お菓子、というかパンですね。
PA020080
ここら辺の地域のものを選んでみました。
小さい岩に腰掛けてパンをかじってたら、やっと落ち着いてきた感じです。
そういえば、ここってクマがよく出るとか、どこかで見聞きしました。
鞍部ですし〜。

天望山に向かいます。
PA020085
PA020086
天望山の登りって、アキレス腱やふくらはぎの筋肉がピンピンに伸びらさる直登だらけなんです。
PA020088
PA020089
伸びらさる〜〜ぅ。
ここをクリアすれば、
PA020091
天望山(1173.9m)山頂です。
PA020092
三等三角点「沼ノ上」標高=1173.86 m
風が落ち着いているのでお茶にしましょう。
PA020098
コーヒー大福。
なかなか美味い
ですが、お茶を楽しんでいるとまたまたミスト状の雨が
今日、雨雲に追いかけられてる?
PA020101
天望山をあとにします。
PA020105
ここからの下りは今まで以上に野趣溢れる道です。濡れた土が危険危険。白雲山下り同様、ヘルメット推奨です。
PA020108
狭い登山道を抜け、広場に出ました。
PA020112
北海道三大秘湖・東雲湖(しののめこ)です。
雌阿寒岳オンネトー、支笏湖そばのオコタンペ湖、そして東雲湖。中でも東雲湖は最も到達が難しい秘湖とされているそうで、流れ込む川がないのもあり、近い将来に渇水し消滅する可能性があるのだとか。
ここにも人はいません!
山ラーファンの皆様、大変お待たせしました!
実施が危ぶまれる天候でしたが、青空だし風が落ち着いているのでここらで
IMG_4172
菊水 北海道旨塩ラーメンの登場です!
IMG_4174
三菱食品(株)と(株)菊水の共同開発製品だそうです。
パッケージにある「もっとNippon!」シリーズは三菱食品で展開しているようで、乾物を中心にさまざまな食品が出ていますが、ラーメンは北海道の味噌・塩・醤油の3品だけのようです(令和5年10月現在)。
IMG_4176
IMG_4179
出来ました!美味しそ〜う!
IMG_4182
東雲湖に乾杯
と、食べ始めたら、、、
ぽつぽつと雨が。。。
まじか〜。
急いで啜ります。ネコ舌じゃなくてよかった〜。
強風や雨に当たって冷えた身体に染み渡ります
いつものようにお湯少なめで作りましたが、結構あっさり味でした。
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

そういえば、ここ東雲湖もクマ出没注意ポイントでした。
たった一人で美味そうな匂い出してましたわ:(;゙゚'ω゚'):
PA020118
食べ終えると、雨が本降りになってきました。
雨とクマから逃げるように立ち去ります。
PA020127
湖岸の樹林帯を早足で進みます。
樹々の下なので少しは雨を防げていると思います。
PA020129
白雲山/天望山の鞍部から来る道との分岐。東雲湖から40分くらいです。
雨は止んだようです。
PA020133
岸辺まで下りてみました。
PLフィルターのおかげで水の中が見えます。
PA020134
強風も止んだようです。
PA020138
何か きめぇ。
PA020142
木洩れ日。
天候が回復したところで、
PA020145
下山〜〜〜ンヌ!
PA020146
湖底線路。
「千と千尋の神隠し」の1シーンと似ているスポットとして有名らしいですが(小生、その映画観てないのでよく解りません)、釣りボートを湖に下ろす作業用レールです。

すっかり冷えてしまった身体を、
IMG_4192
こちらで温めましょう!!
然別湖温泉 ホテル風水です。
日帰り入浴は1,000円。オリジナル湯タオルを貰えます。
あ〜〜あったまる〜。
爺さんみたいに声が出そうですわ〜。
露天風呂からは、
PA020160
天望山(左)と白雲山(右)が見えます。
(写真はホテルの外で撮ったものです)
こう見ると、白雲山からがっつり下って、パンを食べた鞍部から天望山にがっつり登って、左裾野の裏側の東雲湖にがっつり下ったんだな〜。と実感が湧きます。
そんなこと考えながら浸かる露天風呂は最高です。
IMG_4188
風呂上がりの下山ドリンク。

暴風に煽られ、雨雲に追いかけられ、分かっちゃいたけど大変な天候の中でしたが、無事下りてみれば楽しい登山でしたー。
てんくら「C」は伊達じゃなかったですね。

では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しない
 怪我しない
  明日も仕事!


したっけね。




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
研究所入口
価格・営業時間・禁煙情報などは訪問当時のものです。


jetsdiary_youtube
"じぇっつチャンネル"
チャンネル登録&いいねボタンよろしく!
Profile

じぇっつ

札幌市生れ。
平成18年〜旭川市在住。
血液型Asus4。
似非旭川ラーメン研究家。
ハチノジフグとアカハライモリが好きな山登りをするアクアリスト。
自称“山ラーおじさん”
jets.es135@gmail.com

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
Archives
記事検索
Categories
カムイミンタラ〜旭岳
旭岳ライブ映像
旭岳ライブ映像
ロープウェイ姿見駅より
美瑛の丘と十勝岳連峰
ランキング・ネットワーク


ブログランキング・にほんブログ村へ