Jets' Diary-Shuffle It All (Jets似非旭川ラーメン研究所)|旭川ラーメンブログ

旭川ラーメン、アクアリウム、B級グルメ、山登り、アウトドア、DIY、ギター、音楽、クルマ、ドライブ、雑記...etc たまに書きます。

 ⚠️価格・営業時間・禁煙情報などは訪問当時のものです。

インスタント/カップラーメン

藤原製麺しじみラーメンしお味【大雪山・黒岳〜白雲岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

こんにちは山ラーおじさん、じぇっつです!
P6160001
層雲峡・黒岳ロープウェイ駅にやってまいりました。
山開き前とはいえ、日曜日なのにずいぶん人が少ないです。てんくら(天気予報を元に「登山指数」を発表しているサイト"てんきとくらす")「C」だからでしょうか?
R060616地図
今回は大雪山・黒岳から白雲岳を目指します。移動距離約17.2km。
白雲岳から望む、裏旭(旭岳の裏側)ゼブラを楽しもうと思います!
例によって拙いYouTube動画も作りましたので、よりリアルな山行記録をぜひお楽しみください!
(本記事末尾にあります)
P6160004
7分ほどで五合目黒岳駅に。
小生の足だと登山口からここまで1時間20分ほどかかるんで、この速度はありがたい!
P6160005
P6160006
リフトに乗り換え。15分ほどで、
P6160019
黒岳七合目登山口に到着。
P6160018
気温は20℃ほど。暖かい!
登り始めたら暑くなるでしょう。
P6160021
登山道は雪渓が多く残ってます。
P6160023
八合目。
P6160030
九合目。
まねき岩が見えてきました。
それにしても、ここまで無風で暑い!予想通りの暑さです。
P6160036
雪渓トラバース。誤って左側に滑り落ちると、
P6160037
あんなところまで落ちます。
P6160038
まねき岩と目線が合えば山頂はもうすぐで。
P6160039
ショウジョウバカマ。
雪解け間もなく咲く花ですね。
P6160041
エゾノハクサンイチゲ。キリッとした美しさ。
ブログだと早いです、カムイミンタラどーーーん!
P6160048
黒岳(1784m)到着です!
山頂に出るな否や強風!
涼しい〜〜!というか登りの汗が冷えて寒〜〜い!
続きを読む

藤原製麺【スープカリーキング監修スープカリーラーメン】in十勝岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

こんにちは山ラーおじさん、じぇっつです!
いつも「お散歩」とか「怪我明け様子見」とかで白銀荘〜十勝岳避難小屋のコースを楽しんでいますが、本日は白銀荘から十勝岳山頂を目指します!
今回も拙いYouTube動画を作りました。山行の様子は動画のほうが楽しめると思います。
本記事末尾からお楽しみ下さい!!

昨年は凌雲閣から上富良野岳〜上ホロカメットク山〜十勝岳でした。
白銀荘/望岳台側から十勝岳山頂に行くのは何年ぶりかです。
十勝岳MAP
本日のルート。
P60start
白銀荘前。
十勝岳の噴煙がいつもより多い気がします。
P6020006
出発〜!
望岳台スタートとは全然違う風景ですよね。
このコース大好きです。
P6020008
十勝岳爆発記念碑。
P6020014
エゾツガザクラ。
P6020016
P6020018
変化に富んだ道が楽しい。
P6020024
表大雪、旭岳が見えます。
P6020025
十勝岳の噴煙、やっぱり多い!
P6020027
白銀荘分岐。望岳台コースと合流です。
やっぱり望岳台から登る人が圧倒的に多いですねー
P6020031
いや〜、いい天気。
P6020032
天気が良く、ほぼ無風なので暑いです。
P6020034
避難小屋前の気温、11℃。
そうなの〜〜?体感温度はもっと高いです。
一休みして先に進みましょう。
P6020037
避難小屋から先が本番です。斜度もきつくなります。
P6020041
いや〜、天気良くて最高!導かれるように足もよく動きます。
白銀荘前出発から2時間ほどで、
P6020049
まずはスリバチ火口到着!
P6020050
美瑛岳どーーん!
やっぱりデカいですね!
P6020051
そして十勝岳どーーーん!
ここらで一休み。お茶にしましょう!
本日のお茶請けは、
P6020060
日糧製パン「ようかん やわらか あんぱん」
おお!これ結構美味いです!気に入りました
P6020063
では、先へ進みましょう。
こんな、どこかの惑星のような道を進みます。なだらかな登りになっているんですが、目から入ってくる平坦さと、足にかかる登りの負担の感覚に大きな差があって、妙に体力が削られます。
P6020066
だいぶ近づいてきました。
P6020079
山頂への急登に取り付きました。
P6020091
きつい登りですが、直登ではないですし、見た目通りに足に負担がくるので不思議と楽に登れます。
P6020092
お?山頂に近づいてきましたよ〜。
スタートから3時間10分ほどで、
P6020094
十勝岳山頂 2.077m、到着です!
P6020095
「光顔巍々(こうげんぎぎ)」
以前の記事に纏めていますが、浄土真宗の「讃仏偈」というお教の一説からで、
「光顔巍巍 威神無極 如是焔明 無与等者」
光顔巍巍として威神極まりなし。かくのごとき焔明、ともに等しきものなし。
と読み下すようですが、その意味は
「御姿まぶしく 徳かぎりなく その光明に 並ぶ者なき如来よ」
仏様のルックスを褒め讃える歌だそうです。
碑石の裏には、
P6020104
三角点を模した石。
十勝岳に三角点はありません。
P6020098
おお〜!富良野岳様も光顔巍巍!
では、富良野岳様を拝みながら、メインイベントにしましょうか!
IMG_3224
お湯を沸かします。
本日の山ラーは、
IMG_3219
藤原製麺スープカリーキング監修スープカリーラーメン!
IMG_3203
IMG_3222
スープはモデルAJ-203
IMG_3233
いただきます!🙏
カレーの良い香り〜。スパイシーでなかなか良い辛さがあります。
美味い!
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

さて、ゆっくり景色も楽しみましたし、下山するとしますか。
P6020109
登ってきた急斜面をサクサク下りて、
P6020117
振り返る。下りはあっという間ですな。
P6020119
P6020123
来た道をひたすら戻る。
P6020124
大雪渓。
毎年ソリ滑りするところです。
雪解けの早い今年ですが、まだ滑れましたかね〜。
P6020129
避難小屋下。
P6020132
ずっとこの感じの道なので飽きてきました(笑)
P6020137
P6020143
やっと花が。
カラフトイソツツジのつぼみですかね。
P6020145
白銀荘への泥流コースに入ると、コースに変化が出てくるので楽しいです。
P6020146
富良野川渡渉。
P6020149
下山〜〜ンヌ!!
P6020151
白銀荘でサッパリしていきましょう。
水風呂で足をアイシング、その後は露天風呂で緩んで
今日は天気も景色も最高でした〜。今年もいいシーズンになりそうな気がします。
次は大雪山国立公園パークボランティアの活動です。山ラーしませんし、そんなに写真パシャパシャ撮れないと思うんでブログにはしないと思いますが、しっかり働いてきます!
IMG_3242
お風呂上がりは白銀荘のソフトクリーム。
実は初の白銀荘ソフトです🍦
甘すぎずサッと喉を過ぎていきますが、牛乳感は結構ありますね〜。


では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

藤原製麺 行者ニンニクパウダー入りスタミナラーメン in 深川市【音江連山】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

前回の「雪の妖精シマエナガラーメン in 【十勝岳避難小屋】」は、軽〜いお散歩でしたから、ちゃんと登るのは今シーズン初となります。
その時同様に、山間部の風速が20メートル以上の強風予報でしたので、低山を楽しむことにしました!
今回お邪魔しますのは、旭川の隣町・深川市に広がる、
音江連山MAP
音江連山です。
かつて「鳩乃湯温泉」があったという登山口から登り、剣山〜音江山〜無名山〜沖里河山を巡る、約11.5kmの登山です。低山ですが距離はなかなかですねー。

P5120002
路肩など利用する駐車スペース。余裕あります。
P5120003
横を流れる待合川。
P5120006
音江連山登山コース入口。
おじゃまいたしま〜す!
P5120007
曇り空ですが、なかなか気温高いです。
P5120009
瑞々しいエゾノシュウキンカ。
P5120013
ニリンソウ。
アシリパさんが、「肉の味を何倍にもする」と言っていた草です。
P5120014
お〜っと!序盤から急登が出現しました。画像の印象以上に急登感がありますよ。
P5120016
エゾエンゴサク。
花々が急登の登坂を応援してくれているかのよう。
P5120021
つかの間の緩い道。
P5120022
視界が開けると、
P5120023
剣山 529m。
P5120024
この上がピークなのかも知れません。
いやあ、暑いです!長袖シャツ脱衣!
P5120025
では、進みましょう。
P5120027
音江山の分岐へ向かう道。
P5120032
みんな大好きな草が生えている急登を登り切ると、
P5120034
分岐です。
P5120036
音江山。進みましょう!
P5120038
この道端にも、みんな大好きな草が生えています。細いですけどね。
P5120042
タチスミレという子らしいです。
P5120044
笹刈りされていて歩きやすい
P5120045
標識はありませんが、音江山(795.4m)山頂です!
一等三角点「入霧月峰」
お隣のピーク「イルムケップ」の当て字ですね。隣の山と名前がズレている、三角点あるある現象です。
P5120048
深川の皆さ〜ん、じぇっつでーーす!✌️
P5120051
ここらでお茶にしましょう。
お茶請けはいつもの「旭川バターどら焼」です。
あーー、梅屋の百年橋食べたいな〜

道すがら、みんな大好きな草の太めのを数本採りながら、
P5120062
分岐に戻ってきました。
P5120063
これから登るピークたち。
P5120069
ザゼンソウ。
P5120074
無名山への激登りが見えます。
P5120075
みんな大好きな草の道。
太めのを数本戴きましょう。あとでラーメンに入れる分だけ。

激登りを詰めると、
P5120077
無名山という名のピーク(805m)
国土地理院地図では804mとあります。
この音江連山では最高峰です。
振り返れば、
P5120080
十勝岳連峰!
左に目をやれば、
P5120082
表大雪!
P5120086
次なるピーク、沖里河山へ向かいましょう。
P5120088
最後の登り。ロープが貼ってありますが、これ要るのかな〜〜。
P5120089
沖里河山(802m)
立派な展望台に整備されています。
P5120092
P5120093
P5120094
深川の皆さ〜ん、じぇっつでーーす!🖖
P5120096
歩いてきた峰々。
ここで山ラーを戴く予定だったのですが、予報通り風がかなり強くなってきました。
P5120099
すぐ下に駐車場が見えます。そこまで下れば風は落ち着きますかね?
P5120101
下ります。
ウワサ通り、本当にすぐそこです。

さあ!始めましょう!
本日戴きますのは、
IMG_2435
藤原製麺 行者ニンニクパウダー入りスタミナラーメン!
これに、道すがら摘んできたホンモノを水洗いして投入しようって魂胆です。
IMG_2437
どんだけスタミナつけたいのかねー

が、準備していると次第にこの駐車場にもかなりの強風が吹き付けてきました
これはやばい!バーナー使えません。
残念ですが山ラーは中止です。予備の🍙おにぎりを食べて下山するとしましょう。
IMG_2439
これは後日の山ラーで戴くとしましょう。
P5120106
ここからは砂利道の林道歩きです。
P5120109
長い。
P5120112
飽きてきた〜
約1時間の林道歩きの末、
P5120114
下山〜〜〜ンヌ!

いや〜、低山ながら急登/直登の多いコース。シーズン初めで全ての登山筋が鈍った身体にイイ刺激を与えてくれる山でした。
しかし、山ラーを堪能できなかったのは残念です。今回の山ラー計画は次の機会に持ち越しです。
どこかの山で、アイヌネギ臭いおじさんがいたら、それは"山ラーおじさん じぇっつ"かもしれませんよ?

では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけねー



ブログランキング・にほんブログ村へ

藤原製麺 雪の妖精シマエナガラーメン in 【十勝岳避難小屋】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

さあ、今年も始まりました!
山ラーおじさん じぇっつの大冒険!
P5030001
今年は雪解けが早いので、例年よりひと月ほど早いスタートになりました。
P5030003
いつもはソリを持って雪渓滑りでスタートするのですが、この日は爆風予報。時間が過ぎると激しさを増すようなのでサクッと避難小屋までお散歩しようと思います。
P5030007
リュックを新調しました〜。
前と同じオスプレーのケストレル38なんですが、前のより大きく感じます。
P5030008
旧ロゴ好きなので移植。
P5030009
今シーズンから導入の長靴で登る機会を増やそうと思ってます。
”大雪山山守隊”さんのお手伝いとか、昨年加入した、環境省の"大雪山パークボランティア"の活動では長靴のほうが使い勝手が良さそうなんですよねー。
しかも、足首固めた登山靴よりも長靴のほうが登山道に優しいのだとか。
実はちょっと憧れてたんですよー。長靴登山
あと、ヘルメットにも慣れるよう頸の筋肉鍛えておきましょ。
今日は長靴、ヘルメット、ノーストックで歩きます。
IMG_2158
気温は6℃ほど。
P5030014
いざ、出発!
P5030015
P5030016
天気はドンヨリだけど高曇りなんで眺望はあります
P5030019
表大雪・旭岳も!
P5030018
しっかし、雪がない。
P5030020
P5030021
雪渓ゾーンに。
オフシーズンで鈍った足腰にいい刺激がきますね〜。
P5030022
P5030023
避難小屋着。
P5030025
風が強くなってきました。
P5030027
山頂方向、毎年滑っている雪渓も小さい感じがします。
IMG_2162
ここまでの道で、長靴なかなかいいですねー。インソールを2種類重ねて調整してます。
P5030028
風が強いので小屋の中で休ませてもらいましょ。

おまたせいたしました!
本日のメインイベント、山ラーメンでございます。
今日のラーメンは、
IMG_2164
藤原製麺 雪の妖精シマエナガラーメン!
IMG_2168
グホッ!!!なんてめんこい
こんな目で見られたら、穢れた自分自身がイヤになってきますな。
IMG_2169
スープはモデルAH-328B。
記録を調べると、同社製の北海道二夜干しラーメン釧路醤油と同じモデルのスープです。
IMG_2179
出来ました!
具材はレンチンのアイヌネギと刻んだ長ネギです。
IMG_2183
いただきます
IMG_2184IMG_2190
うま〜〜い!
鶏ガラと鰹が効いてて旨旨です。
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

P5030034
下山します!下りはず〜っと雪渓を歩いて楽をしようと思います。
下り道でも長靴歩きで問題ないですね。
P5030036
下山〜〜〜ンヌ!
望岳台に着くと、更に風が強くなってきました。
上の方は爆風かもしれません。
P5030039
今年もお世話になります!白銀荘!
P5030040
お風呂上がりのコーヒーをば。
猫のした珈琲さんにも今年もお世話になります!
IMG_2193
香りの良いコーヒーを啜りながらのドライブがまたいいですよねー。

今シーズンの山ラーブログ&山ラーYouTubeをよろしくお願いします!
では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけねー



ブログランキング・にほんブログ村へ

セコマ(セイコーマート)【旭川醤油ラーメン】

北海道が誇るコンビニ、セコマから今年1月8日に発売されたPB商品、
IMG_8234
旭川醤油ラーメン!
IMG_8378
245円(税別)
セコマのPBにしては高価格な高級路線。
IMG_8379
IMG_8390
IMG_8409
製造者:ヤマダイ株式会社。
カップラーメンで有名な「ニュータッチ」ブランドを展開している会社です。
IMG_8402
IMG_8415
後入れ液体スープはNo.28。
IMG_8424
かやくはNo.99。
IMG_8430
ノンフライ麺。
熱湯を注いで4分。
IMG_8434
出来ました!
醤油の香り良い清湯スープ。
実はコレを戴くのは2回目なのです。前回はお湯を規定量(内側の線まで)入れて作ったのですが、薄味すぎて物足りませんでした
なので今回はお湯少なめ(かやくがどうにかお湯に浸る程度)で作りました。
お湯少なめが吉です!前回と全然違います「豚骨と魚介のWスープ」のバランスよく、啜らさります
IMG_8445
つるっと、もちっと細麺。
この麺には旭川っぽさはないですねー。
しかしながら、こればまた食べたいカップ麺です!いつまで販売してくれるのでしょうかね?
ごちそうさまでした!



ブログランキング・にほんブログ村へ

菊水 北海道醤油ラーメン in 快晴の【秋の富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

吾がホームマウンテン・富良野岳。
前回の富良野岳山行の記事
「楽しい登山をありがとうございました!また来年おじゃまします!」
などと書いてましたが、10月中旬になり積もった雪が一度解け、紅葉が遅いピークを迎えているとのことでまたまたお邪魔しました!

今回のコースです。
凌雲閣富良野岳MAP
十勝岳温泉凌雲閣前からスタート。いつものように上ホロ分岐から時計回りで三峰山〜富良野岳と巡って下山します。
時間に余裕があり、あまりに天気が良かったので三段山へおかわり登山しました。

朝5時ちょい前に凌雲閣前に到着。仮眠して朝ごはん🍙食べて。
PA150003
6:30ちょい前に出発!
PA150011
0℃。寒いわ〜。
仮眠でわりとよく眠れましたが、寒くて目覚めたんです。
PA150008
かといって厚着して歩くとすぐに汗をかいて、かえって冷えてしまうんですよねー。
PA150012
重ね着したり、薄着にしたりで快適温度に調整します。レイヤリングとか言うらしいですよ。

おおっ!😆
PA150015
モルゲン富良野岳!
おはようございます。またおじゃましました〜

サクサク登って300階段をクリアしたところ。
IMG_4755
パノラマ写真。
素晴らしい景色!素晴らしい青空!
PA150020
PA150023
上富良野岳山頂直下のお気に入りスポット。
PA150028
十勝岳に上ホロカメットク山。
PA150026
三峰山に富良野岳。
素晴らしい!
PA150027
ポコンと上富良野岳。ここからの急登を詰めれば辿り着きます。
PA150032
ちょこっと残雪。
PA150034
あと少し!続きを読む

菊水 北海道旨塩ラーメン in 暴風の【白雲山/天望山(然別湖)】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

道東・鹿追町/上士幌町に跨る然別湖(しかりべつこ)。標高約800mで、北海道の湖では一番高いところにある湖だそうです。その湖畔にそびえる白雲山/天望山に登ってきました。
昨年10月にもおじゃまして、今回で2度目です。
前回行きそびれた「岩石山」も登りたいと思います!
昨年の白雲山/天望山の記事は→こちら。天気が良くてのどかな秋の登山でした。てくてくさんにも会えましたし。
またまた拙いYouTube動画を作ってみましたので、ぜひご笑覧くださいませ

早起きして旭川を出発。やっと三国峠まで辿り着きました。
IMG_4157
ここからがまた長〜いんですよね。
IMG_4164
然別湖畔到着。3時間半くらいかかりました。
遠かった〜!眠かった〜!

今回ルートです。
白雲山MAP
湖畔の登山口からスタート〜士幌側(岩石山)の分岐〜岩石山〜分岐に戻る〜白雲岳天望山東雲湖〜湖畔〜登山口を歩く、約9.5kmの山行です。
IMG_0396
この日の天気予報、旭川・上川地方は雨+強風。当初、銀仙台から赤岳に登る計画をしていましたが悪天候なので断念してこちら白雲山に計画変更しました。
ここ十勝地方の天気予報は晴。ただし然別湖は大雪山に近いのでちょっと雨の心配があります。そして登山者御用達の“てんくら”登山指数は「C」。15〜18mの強風で「登山に向いていない」予報です。

まあ、何はともあれここまで来ました。
PA020001
登ります!
PA020005
PA020007
湖畔から急登スタートです。
すぐに高度が上がって、
PA020011
然別湖チラッ。
PA020007
笹に囲まれた稜線に出ました。
然別湖の方からの強風で木々が轟々と唸っています。
PA020021
雰囲気が変わって岩ゴツゴツの道。
PA020023
士幌側登山口への分岐です。岩石山へ行くにはここを士幌側へ下ります。去年はここをスルーしてしまったんですよー。
PA020025
激下り。
PA020026
あの岩石まみれが岩石山だな?
PA020029
岩石!
時より激突してくる強風の塊に煽られます。
PA020034
岩石磊々!
PA020035
岩石山(1,088m)到着です!
向こうに虹が見えますね🌈
それもそのはず。強風に加えてミスト状の雨が降ってきました☔️
PA020038
立っているのもやっとの強風に雨です。長居は無用ですが虹が綺麗ですね🌈
PA020042
十勝平原。
PA020046
強風に煽られながらの岩場下りの怖いこと怖いこと。
PA020051
ようやっと岩山から帰還。
雨雲は晴れましたが、なんか疲れましたw
PA020053
激下りしてきたんで、戻りは激登りです。
PA020055
分岐に戻ってきました。
PA020056
白雲山を目指します。10分くらいて着きます。
PA020057
足場の悪い岩ゴロゴロ道で、今日のこの暴風は手強い!風で身体が煽られます。バランス崩してコケたら頭がスイカ割り状態になりますよ。
雨で濡れていないだけ良かったですが、この山はヘルメット装備が推奨と言えそうです。
(持ってくれば良かったなー)
おっかない思いをして、
PA020058
白雲山(1,186m)到着です。
誰もいません。そもそも入山している人も少ないらしく、ここまでに2組にしか会っていません。
まあ、この天気ですし、平日ですし。

ここでお茶にする予定だったんですが、とんでもない!
身体を預けられる岩を探して写真撮影。PA020064
東ヌプカウシニプリ。なっきー天国らしいです。
PA020065
岩石山方面、十勝平原。
PA020066
岩石山。
PA020069
然別湖。
もっと景色を楽しみたいですが、この烈風はヤバいです。
PA020071
先へ進みます。
白雲山からのこの下り、結構な斜度があります。濡れた岩に滑りやすい土。崖下に向かって流れる笹の根の毛並み(?) 。滑落注意で、岩も多いのでやはりヘルメット推奨ですね。易しい山ではありません。
PA020076
白雲山と天望山の鞍部まで標高で230mほど下ってきました。
ここから然別湖の湖岸へエスケープすることも可能です。
風は少し落ち着いているので、ようやく休憩出来そうです。
PA020078
お菓子、というかパンですね。
PA020080
ここら辺の地域のものを選んでみました。
小さい岩に腰掛けてパンをかじってたら、やっと落ち着いてきた感じです。
そういえば、ここってクマがよく出るとか、どこかで見聞きしました。
鞍部ですし〜。

天望山に向かいます。
PA020085
PA020086
天望山の登りって、アキレス腱やふくらはぎの筋肉がピンピンに伸びらさる直登だらけなんです。
PA020088
PA020089
伸びらさる〜〜ぅ。
ここをクリアすれば、
PA020091
天望山(1173.9m)山頂です。
PA020092
三等三角点「沼ノ上」標高=1173.86 m
風が落ち着いているのでお茶にしましょう。
PA020098
コーヒー大福。
なかなか美味い
ですが、お茶を楽しんでいるとまたまたミスト状の雨が
今日、雨雲に追いかけられてる?
PA020101
天望山をあとにします。
PA020105
ここからの下りは今まで以上に野趣溢れる道です。濡れた土が危険危険。白雲山下り同様、ヘルメット推奨です。
PA020108
狭い登山道を抜け、広場に出ました。
PA020112
北海道三大秘湖・東雲湖(しののめこ)です。
雌阿寒岳オンネトー、支笏湖そばのオコタンペ湖、そして東雲湖。中でも東雲湖は最も到達が難しい秘湖とされているそうで、流れ込む川がないのもあり、近い将来に渇水し消滅する可能性があるのだとか。
ここにも人はいません!
山ラーファンの皆様、大変お待たせしました!
実施が危ぶまれる天候でしたが、青空だし風が落ち着いているのでここらで
IMG_4172
菊水 北海道旨塩ラーメンの登場です!
IMG_4174
三菱食品(株)と(株)菊水の共同開発製品だそうです。
パッケージにある「もっとNippon!」シリーズは三菱食品で展開しているようで、乾物を中心にさまざまな食品が出ていますが、ラーメンは北海道の味噌・塩・醤油の3品だけのようです(令和5年10月現在)。
IMG_4176
IMG_4179
出来ました!美味しそ〜う!
IMG_4182
東雲湖に乾杯
と、食べ始めたら、、、
ぽつぽつと雨が。。。
まじか〜。
急いで啜ります。ネコ舌じゃなくてよかった〜。
強風や雨に当たって冷えた身体に染み渡ります
いつものようにお湯少なめで作りましたが、結構あっさり味でした。
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

そういえば、ここ東雲湖もクマ出没注意ポイントでした。
たった一人で美味そうな匂い出してましたわ:(;゙゚'ω゚'):
PA020118
食べ終えると、雨が本降りになってきました。
雨とクマから逃げるように立ち去ります。
PA020127
湖岸の樹林帯を早足で進みます。
樹々の下なので少しは雨を防げていると思います。
PA020129
白雲山/天望山の鞍部から来る道との分岐。東雲湖から40分くらいです。
雨は止んだようです。
PA020133
岸辺まで下りてみました。
PLフィルターのおかげで水の中が見えます。
PA020134
強風も止んだようです。
PA020138
何か きめぇ。
PA020142
木洩れ日。
天候が回復したところで、
PA020145
下山〜〜〜ンヌ!
PA020146
湖底線路。
「千と千尋の神隠し」の1シーンと似ているスポットとして有名らしいですが(小生、その映画観てないのでよく解りません)、釣りボートを湖に下ろす作業用レールです。

すっかり冷えてしまった身体を、
IMG_4192
こちらで温めましょう!!
然別湖温泉 ホテル風水です。
日帰り入浴は1,000円。オリジナル湯タオルを貰えます。
あ〜〜あったまる〜。
爺さんみたいに声が出そうですわ〜。
露天風呂からは、
PA020160
天望山(左)と白雲山(右)が見えます。
(写真はホテルの外で撮ったものです)
こう見ると、白雲山からがっつり下って、パンを食べた鞍部から天望山にがっつり登って、左裾野の裏側の東雲湖にがっつり下ったんだな〜。と実感が湧きます。
そんなこと考えながら浸かる露天風呂は最高です。
IMG_4188
風呂上がりの下山ドリンク。

暴風に煽られ、雨雲に追いかけられ、分かっちゃいたけど大変な天候の中でしたが、無事下りてみれば楽しい登山でしたー。
てんくら「C」は伊達じゃなかったですね。

では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しない
 怪我しない
  明日も仕事!


したっけね。




にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ

国分グループ「霧島黒豚だし豚骨らーめん」in 【富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今回は小生のホーム・マウンテン「富良野岳」におじゃましました〜
今年2回目です。7月に登った時の記事は→こちら

凌雲閣ー上ホロー富良野岳
いつものように十勝岳温泉凌雲閣前の登山口から出発〜安政火口〜上ホロ分岐〜かみふらの岳 と進みます。
今回は上ホロカメットク山に寄り道。
かみふらの岳に戻り、三峰山富良野岳〜上ホロ分岐〜凌雲閣を時計回りに周遊しました。
約12.4キロのコースです。
「霧島黒豚だし豚骨らーめん」登場までしばし山歩きにお付き合いください。

IMG_3997
朝5:20。
駐車場の混雑を鑑みて早起きして来ましたが、駐車場は9割埋まってました。
小生の後からどんどんクルマがやってきて、あっという間に満杯。
駐車場にある公共トイレは落雷の影響でしばらく使用不能となっていましたが、この日までに仮復旧したそうで助かりました。

朝ごはんを食べたら眠くなってきたので、登山開始予定の時間まで仮眠するとしましょ

結構、爆睡できました!
運転席でぐっすり眠るのは営業マンの特技ですよね〜?
P9240008
6:40。
P9240010
雲海が美しいですが、山に上がってこなきゃいいですよね〜。
P9240011
十勝岳の大山神様に、無事の登山と楽しい登山をお願いして出発です!
P9240013
安政火口からお天道様ピカーーン!☀️
P9240015
寒いけど暑いですw
P9240017
安政火口から上ホロ分岐へ向かう登り。D尾根を回り込めば、
続きを読む

0合目から黒岳100年記念登山!【ロープウェイ/リフト不使用】藤原製麺「いそのかづお札幌ブラック」in大雪山黒岳!

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

いつものそんな言葉よりも、この偉大な名言をご紹介いたします。
富士山に登って、山岳の高さを語れ。
  大雪山に登って、山岳の大いさを語れ。
大正10年、文人・大町桂月が紀行文「層雲峡より大雪山へ」にこう記しました。
層雲峡ビジターセンターのWEBサイトによれば、桂月は、黒岳沢を遡行して稜線に上がって黒岳に登り、御鉢平を周回、北鎮、北海、白雲、旭岳を踏んで、松山温泉(現在の天人峡温泉)に下山する3泊4日の大縦走を行ったそうです。登山道などない時代に、凄いですよね!
ちなみに、大町桂月は「層雲峡」「羽衣の滝」の名付け親でもあるそうです。

この大町桂月の言葉により大雪山の知名度が高まり、大正12(1932)年、層雲峡から旭岳への登山道開削と黒岳石室の建設が始まりました。
今年、令和5(2023)年は「黒岳100年」の記念すべき年なのです。
そんなワケで、黒岳100年を肌と脚で感じるべくロープウェイ/リフトを使わず、0合目(登山口)から黒岳山頂を目指そうと思います!
まぁ、小生も物好きなもんですなw
今回も拙いYouTube動画を作ってみましたので、ぜひ最下部のリンクからご覧ください!

0合目登山口から登山は一昨年10月に7合目まで登って、北海道最高地点ラーメンを戴きました〜
その時の記事は→こちら
北海道ラーメン標高や、「探偵!ナイトスクープin黒岳」の話などの逸話もお楽しみ下さい。

黒岳1合目〜
黒岳登山口から山頂までの標高差は1,294mだそうです。
P9220004
6:20。ロープウェイ駅へ急ぐ登山者を尻目に、黒岳沢の橋を渡って、
P9220007
P9220008
大雪山層雲峡神社にお参り。
100mほど歩くと、
P9220011_2
登山口。
あれ?以前はもっと立派な看板でしたが、随分とチープなものになりましたね。
では、スタートしましょう!
P9220012
一歩目から急登です。まだ寝起きに近い身体なのでじっくりと息が切れないように歩いていきましょ。
P9220017
高度がズンズン上がっていくのが急登の面白いところ。
30分ほどで急登は落ち着き、稜線へと向かいます。
P9220024
丸っこい大きな岩に足場が掘られています。100年の歴史の中で、誰かが削ったんでしょうね〜。
P9220027
稜線に出ました!非常に歩きやすいですが意外に斜度はあります。
P9220029
一昨年も同じ場所から撮影してました、屏風岳(1,792.7m)
P9220030
5合目駅が見ました。
P9220032
黒岳駅。1合目から1時間20分。
トイレを借りて、屋上展望台に向かいます。
P9220042
あ〜良い天気
P9220043
ニセイカウシュッペ山方面。今年は登山口へ続く道が工事のため通行止めでした。
P9220046
大雪山黒岳資料館。
P9220049
なるほどう!
P9220051
リニューアルされたようで、ガラスケースに収められた岩石や猿のこしかけは撤去されていました。
続きを読む

藤原製麺「俺のラーメンこうた 辛みそ」in 十勝岳避難小屋(白銀荘コース)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

毎度、あの有名なフレーズ
無理しない
 怪我しない
  明日も仕事!

をモットーに登山してますが、やっぱり怪我はするもんで〜
一昨年は尾てい骨をやって8月を棒に振りました。
今年は前回の三段山で右膝の内側側副靱帯を痛めてしまいまして約2ヶ月お休み。
人はなんでもないような場所で怪我をするもんですね〜。
花の最盛期を棒に振ったのは悔しくてなりませんが、毎週のように週末が悪天候だったので怪我人には気持ちの焦りがなくて楽でした

さあ、紅葉シーズンに向けて復活への様子見登山をしましょう!
そんなシチュエーションでいつもお世話になっているのはこのコース、
5e492a05
白銀荘から十勝岳避難小屋までのお散歩コースです。
この日は昼頃から雷雨になる予報。早朝に出発して早々に下山する予定です。
拙いYouTube動画も作りましたので、ぜひ下の方のリンクからご覧ください!

5:20 吹上温泉白銀荘前。
P8270005
連日の猛暑の影響は山の上にも及んでおり、山の朝の清々しい涼しさは何処へやら?モワっとしています。

長谷川零餘子(はせがわれいよし)の句碑
「鬼樺の 中の温泉に来ぬ 橇の旅」
P8270006
すっかり色褪せて文字が消えた横の看板には、
長谷川零餘子の句碑
建立 大正13年7月
碑文 鬼樺の 中の温泉に来ぬ 橇の旅
大正12年3月2日、零餘子は石田雨圃子とともに吹雪の中、
馬ソリで吹上温泉を訪れ、翌日この句を詠んだ。これを受けて門信寺の先代住職門上浄照師が当初吹上温泉玄関横に建立した。その後、昭和42年に改修され建立、現在の位置には平成8年に白銀荘周辺の広場に整備に合わせて移設された。
上富良野町教育委員会
と書かれていたそうです。
大東亜戦争終戦前に白銀荘が解体された頃から、この句碑は土砂に埋もれていたそうで、その後発見されて再建立となったようです。
石田雨圃子(いしだうぼし)さんとは、豊岡にある浄土真宗本願寺派・慶誠寺の住職だったそうです。豊岡の慶誠寺といえば、大晦日の除夜の鐘の時に花火を打ち上げたり、色々楽しそうなイベントを開いているお寺さんですよね?!

過去の山ラー記事でも書きましたが、この白銀荘から十勝岳に至る道には様々な歴史が残されていますね〜。
P8270007
右に行けば三段山、左に行けば十勝岳です。
P8270013
樹林帯。
P8270017
草木と土の香り、鳥のさえずり。
あ〜やっぱり山はいいですね〜。
風はなく蒸し暑いですがね。
P8270020
火山観測の小屋前には、
P8270023
十勝岳爆発祈念碑。
かつてこの石碑を守るように小屋が建てられていたとのこと。
P8270025
デカいキノコ。
P8270027
シラタマノキ。湿布のにおいがするそうです。
P8270031
富良野川上流部を渡渉します。
P8270036
エゾオヤマリンドウ。
P8270038
5:40、朝焼けです。
P8270040
九条武子の歌碑。
『たまゆらに けむりおさめて しずかなる
    山にかえれば 美るにしたしも』
昭和2年9月。旭川の旭山公園に赴いた際、遠くに噴煙を上げる十勝岳を望み、大爆発の話を聞いて詠んだ歌だそうです。

P8270055
P8270057
開けたところに出てきました。
上の地図の「泥流分岐」付近です。
P8270061
さらに進んで、望岳台コースとの合流、「白銀荘分岐」です。
P8270062
避難小屋まであと少し。
P8270064
マルバシモツケ。
初夏にはホワホワな白い花をつけています。
P8270065
ウラジロタデ。
P8270077
地味ですが、十勝岳の礫地にもまだまだ花がたくさん咲いています。
P8270079
十勝岳避難小屋、到着です!
ここまで急な登りはありませんが、脚は順調です!問題ありません。
P8270086
青空が出ています。富良野岳様も綺麗に見えていますね〜
相変わらず無風に近い状態で、気温も上昇してきています。

山ラーファンの皆様、大変お待たせいたしました!
本日のメインイベントです!
早速始めようと思ったのですが、望岳台から登ってきた30人以上の大型団体がちょっとコースアウトして次々と避難小屋に到着してくるではありませんか!

団体さんが出発して静かになったので始めましょう!
まだ7:00前なんで早い朝ラーですね。
今日の山ラーはこちらです!
IMG_3016
藤原製麺「俺のラーメンこうた 辛みそ」
IMG_3018
IMG_3022
札幌の東区本町にあるお店です。
IMG_3023
スープはAD398。

IMG_3030
出来ました!
例によってお湯は少なめ、具は長ネギのみです。
IMG_3035
良い辛さ、コクのあるスープ、美味い!
IMG_3044
美味〜〜い!!
これ、結構気に入りました!またどこかの山で戴きたいです!
札幌の店にもおじゃましてみたいですねぇ。

まだ7:30くらいなんですけど、下山するとしましょう。
P8270096
白銀荘分岐まで戻ってきました。
下界がよく見えますね〜
P8270100
P8270101
小生。
P8270104
この岩ゴロゴロの奥から、かわいい声で呼ばれました。
P8270110
あ!なっきー!
コンデジのズームではこれで限界(しかもトリミング)。
動画も撮れましたんで、後ほどYouTubeで。
P8270112
P8270124
下山〜〜〜ンヌ!
なっきー待ちとかで時間を潰しながら下ってきたんですが、白銀荘オープンまであと1時間もあります。
IMG_3047
下山ドリンク。
日差しが強くなってきてます。午後から大雨とは信じられません。
(実際に、すごい土砂降りになったそうです)

1時間待とうと思いましたが、暑くなってきたんで帰ります!
怪我明けの様子見お散歩登山、いや〜、やっぱり山歩きは楽しいですねー
山ラーおじさん、復活です!

では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけね。





にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ

藤原製麺 北海道二夜干しラーメン釧路醤油 in 【三段山(十勝岳連峰)】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

令和5年7月3日。
今年5回目の山ラー活動は十勝岳連峰・三段山におじゃましました。
十勝岳温泉〜三段山
今回のコースは十勝岳温泉凌雲閣前の登山口から三段山分岐を経て三段山を目指す「崖尾根コース」と呼ばれるルートで、比較的短時間で戻って来られる山行です。
三段山分岐からのコースは2009(平成21)年8月26日の大量落石事故の後、同9月に通行禁止になり、それから11年の歳月を経て、2020(令和2)年9月23日に開通となりました。

三段山登山は2020.9月と、2015.6月、登山初心者だった頃に初単独登山をした時に白銀荘側から2度、登った経験があります。

朝。
IMG_1155
IMG_1152
2週連続でここにやって来ました。
先週とはうって変わっての濃霧。しかしこれは想定内でした。たぶん時間が経っても晴空になることはないでしょう。
それでも今日は山に登りたかったんです。
なぜなら、
IMG_1322
キャメラを新調したんですよ〜〜〜
オレンジ色のが長年使ってきたニコン COOLPIX AW130。
暗い場所や接写に弱くて、苛立ちがありましたし、動画を撮ると(小生のYouTube動画をご覧になった方はお気付きかも知れませんが)、時々“パキッ”、“パキッ”っと画像や音声にノイズが入るんです。
そこで今回導入したのが、黒い筐体のキャメラ、
オリンパス Tough TG-6。
これ、ずっと欲しかったんですけど高くて〜。上川神社の舞台から飛び降りるつもりで購いました!
とにかく山で撮りたくて〜。
天候関係なしでやってきた次第です。
午後からさらに天気が悪くなりそうなので午前中の早いうちに下山可能な、そしていつも気になっていたルートを登ることにしました。

P7030003
前振りが大変長くなりましたが、出発です!
P7030007
いつものように十勝岳の大山神様に楽しい登山、安全な登山を祈念。
P7030012
行先はガスの中です。
風景には期待せず、お花たちに楽しませてもらいましょう。
P7030008
ハクサンチドリ。
おお〜、良く写ってますね〜。
P7030020
水滴も。
P7030022
シラタマノキ。まだ蕾ですね。
P7030024
三段山分岐。
P7030030
三段沼。
霧の中の沼というのも神秘的で良いですね。
P7030037
カラフトイソツツジ。
今回の山行ではこの花が随所で咲き誇っていました
P7030043
ゴゼンタチバナ。
P7030044
「立ち止まらないでください!」
いや〜、そう言われましてもですね〜💦
続きを読む

藤原製麺 北海道産甘海老だし味噌ラーメン in 【富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

令和5年6月25日。
今年4回目の山ラー活動は大好きな富良野岳におじゃましましたー。
十勝岳温泉〜富良野岳〜十勝岳温泉
前回と同じコースです。十勝岳温泉凌雲閣前を出発し、上ホロ分岐〜かみふらの岳へ。さらに三峰山を経て富良野岳山頂を踏破し、上ホロ分岐、凌雲閣へと周遊する時計回りコースです。
まあ、いつものコースです
先に富良野岳に行く反時計回りコースの人が多いと思うんですが、小生は時計回りコースが好きですね。
ただ、山行の前半はスカッと晴れてて、富良野岳に着く頃にはガスってるという経験を何度もしているので、時間的には反時計コースの方が良かったりするのかもしれませんね
今回も拙いYouTube動画を作ってみましたので、記事最下部からご覧いただけると鼻血が出るほど嬉しいです

朝5:15。
IMG_0793
おはようございます。
十勝岳温泉・凌雲閣前です。爽やかな青空が広がっています。
先々週、十勝岳登山で来たばかりの登山口に、またまたやってきました。
一日中こんな天気だと良いですが、天気予報によれば、風も穏やかなので暑くなりそうです。
なので少し多めに飲料水を用意しました。
早い時間から大勢集まってきて駐車場は一杯。既に坂道の路上駐車も発生しています。
DSCN7673
あれこれ準備して出発です!
入山届に記入して、
DSCN7674
登山口におわす十勝岳の大山神様に安全な登山、楽しい登山を祈念。
DSCN7676
三段山に後光が差しています。
DSCN7678
ウラジロナナカマドが瑞々しい。
DSCN7682
D尾根を回り込んで、
DSCN7685
富良野岳様ど〜〜〜ん!
すばらしい!ただただ、すばらしい!
DSCN7686
DSCN7688
先々週はしっかりと雪が積もっていましたが、かなり解けましたねー。
DSCN7690
雪渓登りって平坦なのですが、踏ん張りが効かないので意外と体力を削られます。
登山口で見かけた、力一杯大声で話し、力一杯大きな笑い声を上げるメンバー♀がいる団体さんをここで追い越しました。
こっちのコースに来たんですね〜。行く先々であのけたたましい大声を聞かされるのはキツいな〜

続きを読む

北海道二夜干しラーメン函館塩 in 【上ホロカメットク小屋】(上ホロカメットク山〜十勝岳)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今年2回目の山ラー活動は、
R050611十勝岳MAP
十勝岳温泉凌雲閣前からスタートし、上ホロ分岐〜かみふらの岳〜上ホロカメットク山〜十勝岳の往復約12キロのコースです。
途中にある上ホロ小屋は昨年秋に新築オープンしましたので見学がてらラーメンを戴くとしましょう!
YouTube動画も作りましたんで、この記事の一番下に掲載しておきますね。

朝6:30頃の凌雲閣前。
DSCN7338
素晴らしい天気
DSCN7339
わくわくしますな
DSCN7341
下界から上がってきそうな雲もありません。
入山届を記入して、その横にある階段を上がりますと。
DSCN7343
大山神様がおわします。
安全な登山、楽しい登山を祈念。
(畏れ多いので御神体は撮影していません)
DSCN7342
では、出発で〜す!
DSCN7346
朝から気温が高く、ほぼ無風なので結構暑いです。
安政火口を越え、D尾根にとりつく道には
DSCN7348
たくさんの残雪。
そして、D尾根を回り込めば〜、
DSCN7351
富良野岳様ど〜〜〜ん!
おお〜〜!素晴らしい!
凌雲閣のところからも富良野岳はどーんと見えますが、やはりこの角度ですよね〜
続きを読む

エースコック 味の大王「元祖カレーラーメン」in 室蘭岳(鷲別岳)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

10月に入り旭川周辺の大雪・十勝岳連峰からは初冠雪の便りが。
雪のない暖かい山に登りたいなと思っておじゃましたのは、
室蘭岳MAP
室蘭岳です。
正式名称は「鷲別岳」で、江戸幕府が決めた名称だそうです。
登山口から西尾根コースで室蘭岳山頂へ向かい、尾根を歩いて奥カムイヌプリ〜カムイヌプリを目指します。帰りは分岐から水元沢コースに入り下山という、およそ12.7kmのコースを歩きます。

登山口。
DSCN7051
室蘭「だんパラスキー場」のレジャー施設で広いキャンプ場もあります。
DSCN7050
では、出発!
10分ほど歩くと、
DSCN7054
白鳥ヒュッテ。
昭和24年築造で老朽化がすすむも市民団体が大切に維持しているとのこと。
DSCN7055
浄化されている水。ひと口戴いて喉を潤しました。
DSCN7053
入山届記入。
白鳥ヒュッテ左側の道から入ります。(右側から入ると南尾根コース)
まず下りから始まる登山。下った先には
DSCN7059
沢がありました。ペトトル川の上流域です。
DSCN7060
きれいに笹刈りされていて歩きやすいですが急勾配が続きます。
急坂のおかげで高度はぐんぐん上がって
続きを読む

藤原製麺 北海道恐竜拉麺 in 平山/比麻良山/文三岳(北大雪)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今回は北大雪の平山/比麻良山/比麻奈山/文三岳を歩きます!約13kmの山行。
平山MAP
ひらやまひまなやまひまらやま
昨年9月下旬に登った時は、天候回復待ちでスタートが1時間以上遅れたこともあり文三岳を諦めたのですが、今回は是非行ってみたいです。
「藤原製麺 北海道恐竜拉麺」登場までしばし山登りにお付き合いください。
それと、今回も懲りずに拙い動画を作ってみました〜。記事の最後に貼り付けておきますので是非ともご笑覧を。

DSCN6917
では、出発するとしましょう。
DSCN6918
紅葉は終盤のようですが綺麗ですね〜
現在地は雲の中にいるような感じです。進んだ先は晴れるでしょうか〜?
DSCN6919
沢を渡る橋が骨組みだけになっています。足場板はいずこへ??
DSCN6920
DSCN6926
短い急登と短い緩登の繰り返しが続きます。
DSCN6930
冷涼の滝。
DSCN6931
石ごろごろの上り坂も長いです。苔で滑りやすいので下山時は要注意ですね。

おや?
DSCN6932
青空になりそうな?!
DSCN6936
スカイブルー!
やりました!最高に嬉しいです!
登りはまだ続きますが、俄然元気が出てきますねー。
DSCN6943
青空に吸い込まれるようにガツガツ進みます。
DSCN6949
稜線まであと少し。
続きを読む
研究所入口
価格・営業時間・禁煙情報などは訪問当時のものです。


jetsdiary_youtube
"じぇっつチャンネル"
チャンネル登録&いいねボタンよろしく!
Profile

じぇっつ

札幌市生れ。
平成18年〜旭川市在住。
血液型Asus4。
似非旭川ラーメン研究家。
ハチノジフグとアカハライモリが好きな山登りをするアクアリスト。
自称“山ラーおじさん”
jets.es135@gmail.com

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
Archives
記事検索
Categories
カムイミンタラ〜旭岳
旭岳ライブ映像
旭岳ライブ映像
ロープウェイ姿見駅より
美瑛の丘と十勝岳連峰
ランキング・ネットワーク


ブログランキング・にほんブログ村へ