Jets' Diary-Shuffle It All (Jets似非旭川ラーメン研究所)|旭川ラーメンブログ

旭川ラーメン、アクアリウム、B級グルメ、山登り、アウトドア、DIY、ギター、音楽、クルマ、ドライブ、雑記...etc たまに書きます。

 ⚠️価格・営業時間・禁煙情報などは訪問当時のものです。

十勝岳

登山道整備ボランティア in 上富良野岳〜上ホロカメットク山

今年度から大雪山国立公園パークボランティア(以下、PV)として活動させてもらえることになりました〜。
初仕事として参加したのは上富良野岳〜上ホロカメットク山の登山道整備(といっても、何度か参加している大雪山・山守隊の整備のような土木作業はありません)です。
翌週の十勝岳山開きに向け、登山道の危険箇所に張ってあるロープの交換や鉄ピンの交換作業を行います。

7:00
DSCN7929
先輩PVのみなさんと凌雲閣前出発!
DSCN7930
安政火口。
DSCN7932
ショウジョウバカマ。
DSCN7935
富良野岳様。
DSCN7940
D尾根に出て作業開始。真新しいロープを張っていきます。
誤ってロープの向こうに行くと安政火口の谷底へ滑落です。
DSCN7941
ピンと張れました。
DSCN7943
雪渓歩き。
皆さん経験や知識が豊富なので、黙〜って話を聞きながら歩いてるだけで面白いです
DSCN7948
咲き始めでみずみずしいキバナシャクナゲがあちこちで咲いていました。
DSCN7949
上富良野岳からの稜線にロープを張りながら、
DSCN7951
上ホロカメットク山。
稜線、かなり風が強いです。
てんくら見てこなかったですが、Cとかだったんですかねー?
日曜日ですが登山者は少ないです。
DSCN7953
上ホロ小屋からその先の大砲岩付近までロープを張っていくと、望岳台〜十勝岳側からロープを張ってきた別班と合流。
双方からのロープが繋がりました!!
DSCN7955
上ホロ小屋に戻ってお昼ご飯。
お腹すいた〜
いつもならお湯を沸かして山ラータイムですが、PV活動中はそんなのんびりしてられません。
おにぎり3個をもぐもぐと。
これにて作業完了!下山します!
DSCN7957
安政火口、ヌッカクシ富良野川を渡渉して登山道に戻るところ。
ここ、年々削れて険しくなってます。崩れやすく落石注意。1名ずつ登ります。

以上、初のPV活動でした!
いつもの気楽なソロ登山と違って、団体行動なんで写真も少ないですが、
ここは過去に何度も記事にしてるコースなんで、いいですよね?(笑)
解散後は凌雲閣でさっぱりと。

では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

藤原製麺【スープカリーキング監修スープカリーラーメン】in十勝岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

こんにちは山ラーおじさん、じぇっつです!
いつも「お散歩」とか「怪我明け様子見」とかで白銀荘〜十勝岳避難小屋のコースを楽しんでいますが、本日は白銀荘から十勝岳山頂を目指します!
今回も拙いYouTube動画を作りました。山行の様子は動画のほうが楽しめると思います。
本記事末尾からお楽しみ下さい!!

昨年は凌雲閣から上富良野岳〜上ホロカメットク山〜十勝岳でした。
白銀荘/望岳台側から十勝岳山頂に行くのは何年ぶりかです。
十勝岳MAP
本日のルート。
P60start
白銀荘前。
十勝岳の噴煙がいつもより多い気がします。
P6020006
出発〜!
望岳台スタートとは全然違う風景ですよね。
このコース大好きです。
P6020008
十勝岳爆発記念碑。
P6020014
エゾツガザクラ。
P6020016
P6020018
変化に富んだ道が楽しい。
P6020024
表大雪、旭岳が見えます。
P6020025
十勝岳の噴煙、やっぱり多い!
P6020027
白銀荘分岐。望岳台コースと合流です。
やっぱり望岳台から登る人が圧倒的に多いですねー
P6020031
いや〜、いい天気。
P6020032
天気が良く、ほぼ無風なので暑いです。
P6020034
避難小屋前の気温、11℃。
そうなの〜〜?体感温度はもっと高いです。
一休みして先に進みましょう。
P6020037
避難小屋から先が本番です。斜度もきつくなります。
P6020041
いや〜、天気良くて最高!導かれるように足もよく動きます。
白銀荘前出発から2時間ほどで、
P6020049
まずはスリバチ火口到着!
P6020050
美瑛岳どーーん!
やっぱりデカいですね!
P6020051
そして十勝岳どーーーん!
ここらで一休み。お茶にしましょう!
本日のお茶請けは、
P6020060
日糧製パン「ようかん やわらか あんぱん」
おお!これ結構美味いです!気に入りました
P6020063
では、先へ進みましょう。
こんな、どこかの惑星のような道を進みます。なだらかな登りになっているんですが、目から入ってくる平坦さと、足にかかる登りの負担の感覚に大きな差があって、妙に体力が削られます。
P6020066
だいぶ近づいてきました。
P6020079
山頂への急登に取り付きました。
P6020091
きつい登りですが、直登ではないですし、見た目通りに足に負担がくるので不思議と楽に登れます。
P6020092
お?山頂に近づいてきましたよ〜。
スタートから3時間10分ほどで、
P6020094
十勝岳山頂 2.077m、到着です!
P6020095
「光顔巍々(こうげんぎぎ)」
以前の記事に纏めていますが、浄土真宗の「讃仏偈」というお教の一説からで、
「光顔巍巍 威神無極 如是焔明 無与等者」
光顔巍巍として威神極まりなし。かくのごとき焔明、ともに等しきものなし。
と読み下すようですが、その意味は
「御姿まぶしく 徳かぎりなく その光明に 並ぶ者なき如来よ」
仏様のルックスを褒め讃える歌だそうです。
碑石の裏には、
P6020104
三角点を模した石。
十勝岳に三角点はありません。
P6020098
おお〜!富良野岳様も光顔巍巍!
では、富良野岳様を拝みながら、メインイベントにしましょうか!
IMG_3224
お湯を沸かします。
本日の山ラーは、
IMG_3219
藤原製麺スープカリーキング監修スープカリーラーメン!
IMG_3203
IMG_3222
スープはモデルAJ-203
IMG_3233
いただきます!🙏
カレーの良い香り〜。スパイシーでなかなか良い辛さがあります。
美味い!
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

さて、ゆっくり景色も楽しみましたし、下山するとしますか。
P6020109
登ってきた急斜面をサクサク下りて、
P6020117
振り返る。下りはあっという間ですな。
P6020119
P6020123
来た道をひたすら戻る。
P6020124
大雪渓。
毎年ソリ滑りするところです。
雪解けの早い今年ですが、まだ滑れましたかね〜。
P6020129
避難小屋下。
P6020132
ずっとこの感じの道なので飽きてきました(笑)
P6020137
P6020143
やっと花が。
カラフトイソツツジのつぼみですかね。
P6020145
白銀荘への泥流コースに入ると、コースに変化が出てくるので楽しいです。
P6020146
富良野川渡渉。
P6020149
下山〜〜ンヌ!!
P6020151
白銀荘でサッパリしていきましょう。
水風呂で足をアイシング、その後は露天風呂で緩んで
今日は天気も景色も最高でした〜。今年もいいシーズンになりそうな気がします。
次は大雪山国立公園パークボランティアの活動です。山ラーしませんし、そんなに写真パシャパシャ撮れないと思うんでブログにはしないと思いますが、しっかり働いてきます!
IMG_3242
お風呂上がりは白銀荘のソフトクリーム。
実は初の白銀荘ソフトです🍦
甘すぎずサッと喉を過ぎていきますが、牛乳感は結構ありますね〜。


では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

藤原製麺 雪の妖精シマエナガラーメン in 【十勝岳避難小屋】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

さあ、今年も始まりました!
山ラーおじさん じぇっつの大冒険!
P5030001
今年は雪解けが早いので、例年よりひと月ほど早いスタートになりました。
P5030003
いつもはソリを持って雪渓滑りでスタートするのですが、この日は爆風予報。時間が過ぎると激しさを増すようなのでサクッと避難小屋までお散歩しようと思います。
P5030007
リュックを新調しました〜。
前と同じオスプレーのケストレル38なんですが、前のより大きく感じます。
P5030008
旧ロゴ好きなので移植。
P5030009
今シーズンから導入の長靴で登る機会を増やそうと思ってます。
”大雪山山守隊”さんのお手伝いとか、昨年加入した、環境省の"大雪山パークボランティア"の活動では長靴のほうが使い勝手が良さそうなんですよねー。
しかも、足首固めた登山靴よりも長靴のほうが登山道に優しいのだとか。
実はちょっと憧れてたんですよー。長靴登山
あと、ヘルメットにも慣れるよう頸の筋肉鍛えておきましょ。
今日は長靴、ヘルメット、ノーストックで歩きます。
IMG_2158
気温は6℃ほど。
P5030014
いざ、出発!
P5030015
P5030016
天気はドンヨリだけど高曇りなんで眺望はあります
P5030019
表大雪・旭岳も!
P5030018
しっかし、雪がない。
P5030020
P5030021
雪渓ゾーンに。
オフシーズンで鈍った足腰にいい刺激がきますね〜。
P5030022
P5030023
避難小屋着。
P5030025
風が強くなってきました。
P5030027
山頂方向、毎年滑っている雪渓も小さい感じがします。
IMG_2162
ここまでの道で、長靴なかなかいいですねー。インソールを2種類重ねて調整してます。
P5030028
風が強いので小屋の中で休ませてもらいましょ。

おまたせいたしました!
本日のメインイベント、山ラーメンでございます。
今日のラーメンは、
IMG_2164
藤原製麺 雪の妖精シマエナガラーメン!
IMG_2168
グホッ!!!なんてめんこい
こんな目で見られたら、穢れた自分自身がイヤになってきますな。
IMG_2169
スープはモデルAH-328B。
記録を調べると、同社製の北海道二夜干しラーメン釧路醤油と同じモデルのスープです。
IMG_2179
出来ました!
具材はレンチンのアイヌネギと刻んだ長ネギです。
IMG_2183
いただきます
IMG_2184IMG_2190
うま〜〜い!
鶏ガラと鰹が効いてて旨旨です。
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

P5030034
下山します!下りはず〜っと雪渓を歩いて楽をしようと思います。
下り道でも長靴歩きで問題ないですね。
P5030036
下山〜〜〜ンヌ!
望岳台に着くと、更に風が強くなってきました。
上の方は爆風かもしれません。
P5030039
今年もお世話になります!白銀荘!
P5030040
お風呂上がりのコーヒーをば。
猫のした珈琲さんにも今年もお世話になります!
IMG_2193
香りの良いコーヒーを啜りながらのドライブがまたいいですよねー。

今シーズンの山ラーブログ&山ラーYouTubeをよろしくお願いします!
では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけねー



ブログランキング・にほんブログ村へ

山ラーおじさん じぇっつが全国放送のテレビ番組に!!【十勝岳 つちのこ】

どうも!山ラーおじさん じぇっつです。

大雪山/十勝岳連峰で登山を楽しんでは山ラーを啜って、拙いYouTube動画を作っている私じぇっつですが、なんと全国放送のテレビでそのYouTube動画が使われて、電話インタビューも受けたんですよ〜。
「テレ朝」ってのがアレなんですけどねー(笑)
その内容は、こちらのブログ記事→マルちゃんしょうゆ味ラーメン in 十勝岳(つちのこ探し動画)の時に撮影した、「十勝岳のつちのこ」に関する内容です。
放送されたのは3年も前のことなんですけどね
急に思い出したようにアップしてみました。
つちのこの正体と、小生のシブい(?)声をお楽しみください
2020(令和2)年6月28日放送「テレビ朝日サンデーステーション」

元になった動画はこちらです。
したっけね!

菊水 北海道醤油ラーメン in 快晴の【秋の富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

吾がホームマウンテン・富良野岳。
前回の富良野岳山行の記事
「楽しい登山をありがとうございました!また来年おじゃまします!」
などと書いてましたが、10月中旬になり積もった雪が一度解け、紅葉が遅いピークを迎えているとのことでまたまたお邪魔しました!

今回のコースです。
凌雲閣富良野岳MAP
十勝岳温泉凌雲閣前からスタート。いつものように上ホロ分岐から時計回りで三峰山〜富良野岳と巡って下山します。
時間に余裕があり、あまりに天気が良かったので三段山へおかわり登山しました。

朝5時ちょい前に凌雲閣前に到着。仮眠して朝ごはん🍙食べて。
PA150003
6:30ちょい前に出発!
PA150011
0℃。寒いわ〜。
仮眠でわりとよく眠れましたが、寒くて目覚めたんです。
PA150008
かといって厚着して歩くとすぐに汗をかいて、かえって冷えてしまうんですよねー。
PA150012
重ね着したり、薄着にしたりで快適温度に調整します。レイヤリングとか言うらしいですよ。

おおっ!😆
PA150015
モルゲン富良野岳!
おはようございます。またおじゃましました〜

サクサク登って300階段をクリアしたところ。
IMG_4755
パノラマ写真。
素晴らしい景色!素晴らしい青空!
PA150020
PA150023
上富良野岳山頂直下のお気に入りスポット。
PA150028
十勝岳に上ホロカメットク山。
PA150026
三峰山に富良野岳。
素晴らしい!
PA150027
ポコンと上富良野岳。ここからの急登を詰めれば辿り着きます。
PA150032
ちょこっと残雪。
PA150034
あと少し!続きを読む

国分グループ「霧島黒豚だし豚骨らーめん」in 【富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今回は小生のホーム・マウンテン「富良野岳」におじゃましました〜
今年2回目です。7月に登った時の記事は→こちら

凌雲閣ー上ホロー富良野岳
いつものように十勝岳温泉凌雲閣前の登山口から出発〜安政火口〜上ホロ分岐〜かみふらの岳 と進みます。
今回は上ホロカメットク山に寄り道。
かみふらの岳に戻り、三峰山富良野岳〜上ホロ分岐〜凌雲閣を時計回りに周遊しました。
約12.4キロのコースです。
「霧島黒豚だし豚骨らーめん」登場までしばし山歩きにお付き合いください。

IMG_3997
朝5:20。
駐車場の混雑を鑑みて早起きして来ましたが、駐車場は9割埋まってました。
小生の後からどんどんクルマがやってきて、あっという間に満杯。
駐車場にある公共トイレは落雷の影響でしばらく使用不能となっていましたが、この日までに仮復旧したそうで助かりました。

朝ごはんを食べたら眠くなってきたので、登山開始予定の時間まで仮眠するとしましょ

結構、爆睡できました!
運転席でぐっすり眠るのは営業マンの特技ですよね〜?
P9240008
6:40。
P9240010
雲海が美しいですが、山に上がってこなきゃいいですよね〜。
P9240011
十勝岳の大山神様に、無事の登山と楽しい登山をお願いして出発です!
P9240013
安政火口からお天道様ピカーーン!☀️
P9240015
寒いけど暑いですw
P9240017
安政火口から上ホロ分岐へ向かう登り。D尾根を回り込めば、
続きを読む

藤原製麺 旭川ラーメン 特一番 in 【美瑛富士】 (望岳台〜美瑛岳〜美瑛富士周遊登山)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

さて、今回は十勝岳登山口の望岳台から美瑛岳、美瑛富士と登ってきました!
山ラー特一番登場までしばらく一緒に山登りしましょう!
またまた拙いYou動画を作りましたので、そちらもぜひお楽しみください

今回のコースです。
望岳台ー美瑛岳ー美瑛富士MAP
望岳台〜雲ノ平分岐〜美瑛岳分岐〜美瑛岳〜美瑛富士分岐〜美瑛富士〜美瑛富士分岐〜美瑛岳分岐〜雲ノ平分岐〜望岳台を巡る、約15.4kmの山歩きです。
美瑛岳は2019(令和元)年08月22日以来、美瑛富士は今回が初登頂となります。

朝5:00。
P9160004
まもなく日の出時刻です。
画面中央が美瑛岳。左が美瑛富士です。
ウオーミングアップはじっくりゆっくり歩いていきましょ。
P9160007
富良野岳様がよく見えます。
50分ほどで、
P9160009
雲ノ平分岐。
9月の山の朝は寒いと思ってソフトシェル着てましたが、暑くて途中でTシャツだけになりました
この分岐、右に行けば避難小屋〜十勝岳です。
小生は美瑛岳に向かいますので左へ進みます。
P9160012
P9160015
ハイマツ帯を進みます。
P9160020
視界が開けて、
P9160026
美瑛岳/美瑛富士どーーん!
遠くに、
P9160025
旭岳どーーん!
P9160034
ミヤマアキノキリンソウ(コガネギク)
P9160037
エゾオヤマリンドウと一緒。
P9160038
雄大な裾野。「雲ノ平」です。
その向こうには十勝岳火山監視カメラ設置場所で有名な(?)白金模範牧場が見えます。
お!
P9160041
ハシゴ場です。
続きを読む

藤原製麺「俺のラーメンこうた 辛みそ」in 十勝岳避難小屋(白銀荘コース)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

毎度、あの有名なフレーズ
無理しない
 怪我しない
  明日も仕事!

をモットーに登山してますが、やっぱり怪我はするもんで〜
一昨年は尾てい骨をやって8月を棒に振りました。
今年は前回の三段山で右膝の内側側副靱帯を痛めてしまいまして約2ヶ月お休み。
人はなんでもないような場所で怪我をするもんですね〜。
花の最盛期を棒に振ったのは悔しくてなりませんが、毎週のように週末が悪天候だったので怪我人には気持ちの焦りがなくて楽でした

さあ、紅葉シーズンに向けて復活への様子見登山をしましょう!
そんなシチュエーションでいつもお世話になっているのはこのコース、
5e492a05
白銀荘から十勝岳避難小屋までのお散歩コースです。
この日は昼頃から雷雨になる予報。早朝に出発して早々に下山する予定です。
拙いYouTube動画も作りましたので、ぜひ下の方のリンクからご覧ください!

5:20 吹上温泉白銀荘前。
P8270005
連日の猛暑の影響は山の上にも及んでおり、山の朝の清々しい涼しさは何処へやら?モワっとしています。

長谷川零餘子(はせがわれいよし)の句碑
「鬼樺の 中の温泉に来ぬ 橇の旅」
P8270006
すっかり色褪せて文字が消えた横の看板には、
長谷川零餘子の句碑
建立 大正13年7月
碑文 鬼樺の 中の温泉に来ぬ 橇の旅
大正12年3月2日、零餘子は石田雨圃子とともに吹雪の中、
馬ソリで吹上温泉を訪れ、翌日この句を詠んだ。これを受けて門信寺の先代住職門上浄照師が当初吹上温泉玄関横に建立した。その後、昭和42年に改修され建立、現在の位置には平成8年に白銀荘周辺の広場に整備に合わせて移設された。
上富良野町教育委員会
と書かれていたそうです。
大東亜戦争終戦前に白銀荘が解体された頃から、この句碑は土砂に埋もれていたそうで、その後発見されて再建立となったようです。
石田雨圃子(いしだうぼし)さんとは、豊岡にある浄土真宗本願寺派・慶誠寺の住職だったそうです。豊岡の慶誠寺といえば、大晦日の除夜の鐘の時に花火を打ち上げたり、色々楽しそうなイベントを開いているお寺さんですよね?!

過去の山ラー記事でも書きましたが、この白銀荘から十勝岳に至る道には様々な歴史が残されていますね〜。
P8270007
右に行けば三段山、左に行けば十勝岳です。
P8270013
樹林帯。
P8270017
草木と土の香り、鳥のさえずり。
あ〜やっぱり山はいいですね〜。
風はなく蒸し暑いですがね。
P8270020
火山観測の小屋前には、
P8270023
十勝岳爆発祈念碑。
かつてこの石碑を守るように小屋が建てられていたとのこと。
P8270025
デカいキノコ。
P8270027
シラタマノキ。湿布のにおいがするそうです。
P8270031
富良野川上流部を渡渉します。
P8270036
エゾオヤマリンドウ。
P8270038
5:40、朝焼けです。
P8270040
九条武子の歌碑。
『たまゆらに けむりおさめて しずかなる
    山にかえれば 美るにしたしも』
昭和2年9月。旭川の旭山公園に赴いた際、遠くに噴煙を上げる十勝岳を望み、大爆発の話を聞いて詠んだ歌だそうです。

P8270055
P8270057
開けたところに出てきました。
上の地図の「泥流分岐」付近です。
P8270061
さらに進んで、望岳台コースとの合流、「白銀荘分岐」です。
P8270062
避難小屋まであと少し。
P8270064
マルバシモツケ。
初夏にはホワホワな白い花をつけています。
P8270065
ウラジロタデ。
P8270077
地味ですが、十勝岳の礫地にもまだまだ花がたくさん咲いています。
P8270079
十勝岳避難小屋、到着です!
ここまで急な登りはありませんが、脚は順調です!問題ありません。
P8270086
青空が出ています。富良野岳様も綺麗に見えていますね〜
相変わらず無風に近い状態で、気温も上昇してきています。

山ラーファンの皆様、大変お待たせいたしました!
本日のメインイベントです!
早速始めようと思ったのですが、望岳台から登ってきた30人以上の大型団体がちょっとコースアウトして次々と避難小屋に到着してくるではありませんか!

団体さんが出発して静かになったので始めましょう!
まだ7:00前なんで早い朝ラーですね。
今日の山ラーはこちらです!
IMG_3016
藤原製麺「俺のラーメンこうた 辛みそ」
IMG_3018
IMG_3022
札幌の東区本町にあるお店です。
IMG_3023
スープはAD398。

IMG_3030
出来ました!
例によってお湯は少なめ、具は長ネギのみです。
IMG_3035
良い辛さ、コクのあるスープ、美味い!
IMG_3044
美味〜〜い!!
これ、結構気に入りました!またどこかの山で戴きたいです!
札幌の店にもおじゃましてみたいですねぇ。

まだ7:30くらいなんですけど、下山するとしましょう。
P8270096
白銀荘分岐まで戻ってきました。
下界がよく見えますね〜
P8270100
P8270101
小生。
P8270104
この岩ゴロゴロの奥から、かわいい声で呼ばれました。
P8270110
あ!なっきー!
コンデジのズームではこれで限界(しかもトリミング)。
動画も撮れましたんで、後ほどYouTubeで。
P8270112
P8270124
下山〜〜〜ンヌ!
なっきー待ちとかで時間を潰しながら下ってきたんですが、白銀荘オープンまであと1時間もあります。
IMG_3047
下山ドリンク。
日差しが強くなってきてます。午後から大雨とは信じられません。
(実際に、すごい土砂降りになったそうです)

1時間待とうと思いましたが、暑くなってきたんで帰ります!
怪我明けの様子見お散歩登山、いや〜、やっぱり山歩きは楽しいですねー
山ラーおじさん、復活です!

では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけね。





にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ

藤原製麺 北海道二夜干しラーメン釧路醤油 in 【三段山(十勝岳連峰)】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

令和5年7月3日。
今年5回目の山ラー活動は十勝岳連峰・三段山におじゃましました。
十勝岳温泉〜三段山
今回のコースは十勝岳温泉凌雲閣前の登山口から三段山分岐を経て三段山を目指す「崖尾根コース」と呼ばれるルートで、比較的短時間で戻って来られる山行です。
三段山分岐からのコースは2009(平成21)年8月26日の大量落石事故の後、同9月に通行禁止になり、それから11年の歳月を経て、2020(令和2)年9月23日に開通となりました。

三段山登山は2020.9月と、2015.6月、登山初心者だった頃に初単独登山をした時に白銀荘側から2度、登った経験があります。

朝。
IMG_1155
IMG_1152
2週連続でここにやって来ました。
先週とはうって変わっての濃霧。しかしこれは想定内でした。たぶん時間が経っても晴空になることはないでしょう。
それでも今日は山に登りたかったんです。
なぜなら、
IMG_1322
キャメラを新調したんですよ〜〜〜
オレンジ色のが長年使ってきたニコン COOLPIX AW130。
暗い場所や接写に弱くて、苛立ちがありましたし、動画を撮ると(小生のYouTube動画をご覧になった方はお気付きかも知れませんが)、時々“パキッ”、“パキッ”っと画像や音声にノイズが入るんです。
そこで今回導入したのが、黒い筐体のキャメラ、
オリンパス Tough TG-6。
これ、ずっと欲しかったんですけど高くて〜。上川神社の舞台から飛び降りるつもりで購いました!
とにかく山で撮りたくて〜。
天候関係なしでやってきた次第です。
午後からさらに天気が悪くなりそうなので午前中の早いうちに下山可能な、そしていつも気になっていたルートを登ることにしました。

P7030003
前振りが大変長くなりましたが、出発です!
P7030007
いつものように十勝岳の大山神様に楽しい登山、安全な登山を祈念。
P7030012
行先はガスの中です。
風景には期待せず、お花たちに楽しませてもらいましょう。
P7030008
ハクサンチドリ。
おお〜、良く写ってますね〜。
P7030020
水滴も。
P7030022
シラタマノキ。まだ蕾ですね。
P7030024
三段山分岐。
P7030030
三段沼。
霧の中の沼というのも神秘的で良いですね。
P7030037
カラフトイソツツジ。
今回の山行ではこの花が随所で咲き誇っていました
P7030043
ゴゼンタチバナ。
P7030044
「立ち止まらないでください!」
いや〜、そう言われましてもですね〜💦
続きを読む

藤原製麺 北海道産甘海老だし味噌ラーメン in 【富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

令和5年6月25日。
今年4回目の山ラー活動は大好きな富良野岳におじゃましましたー。
十勝岳温泉〜富良野岳〜十勝岳温泉
前回と同じコースです。十勝岳温泉凌雲閣前を出発し、上ホロ分岐〜かみふらの岳へ。さらに三峰山を経て富良野岳山頂を踏破し、上ホロ分岐、凌雲閣へと周遊する時計回りコースです。
まあ、いつものコースです
先に富良野岳に行く反時計回りコースの人が多いと思うんですが、小生は時計回りコースが好きですね。
ただ、山行の前半はスカッと晴れてて、富良野岳に着く頃にはガスってるという経験を何度もしているので、時間的には反時計コースの方が良かったりするのかもしれませんね
今回も拙いYouTube動画を作ってみましたので、記事最下部からご覧いただけると鼻血が出るほど嬉しいです

朝5:15。
IMG_0793
おはようございます。
十勝岳温泉・凌雲閣前です。爽やかな青空が広がっています。
先々週、十勝岳登山で来たばかりの登山口に、またまたやってきました。
一日中こんな天気だと良いですが、天気予報によれば、風も穏やかなので暑くなりそうです。
なので少し多めに飲料水を用意しました。
早い時間から大勢集まってきて駐車場は一杯。既に坂道の路上駐車も発生しています。
DSCN7673
あれこれ準備して出発です!
入山届に記入して、
DSCN7674
登山口におわす十勝岳の大山神様に安全な登山、楽しい登山を祈念。
DSCN7676
三段山に後光が差しています。
DSCN7678
ウラジロナナカマドが瑞々しい。
DSCN7682
D尾根を回り込んで、
DSCN7685
富良野岳様ど〜〜〜ん!
すばらしい!ただただ、すばらしい!
DSCN7686
DSCN7688
先々週はしっかりと雪が積もっていましたが、かなり解けましたねー。
DSCN7690
雪渓登りって平坦なのですが、踏ん張りが効かないので意外と体力を削られます。
登山口で見かけた、力一杯大声で話し、力一杯大きな笑い声を上げるメンバー♀がいる団体さんをここで追い越しました。
こっちのコースに来たんですね〜。行く先々であのけたたましい大声を聞かされるのはキツいな〜

続きを読む

北海道二夜干しラーメン函館塩 in 【上ホロカメットク小屋】(上ホロカメットク山〜十勝岳)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今年2回目の山ラー活動は、
R050611十勝岳MAP
十勝岳温泉凌雲閣前からスタートし、上ホロ分岐〜かみふらの岳〜上ホロカメットク山〜十勝岳の往復約12キロのコースです。
途中にある上ホロ小屋は昨年秋に新築オープンしましたので見学がてらラーメンを戴くとしましょう!
YouTube動画も作りましたんで、この記事の一番下に掲載しておきますね。

朝6:30頃の凌雲閣前。
DSCN7338
素晴らしい天気
DSCN7339
わくわくしますな
DSCN7341
下界から上がってきそうな雲もありません。
入山届を記入して、その横にある階段を上がりますと。
DSCN7343
大山神様がおわします。
安全な登山、楽しい登山を祈念。
(畏れ多いので御神体は撮影していません)
DSCN7342
では、出発で〜す!
DSCN7346
朝から気温が高く、ほぼ無風なので結構暑いです。
安政火口を越え、D尾根にとりつく道には
DSCN7348
たくさんの残雪。
そして、D尾根を回り込めば〜、
DSCN7351
富良野岳様ど〜〜〜ん!
おお〜〜!素晴らしい!
凌雲閣のところからも富良野岳はどーんと見えますが、やはりこの角度ですよね〜
続きを読む

五十嵐製麺 旭川ラーメン 八海 in 十勝岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

令和5年(2023年)山ラー活動の始まりです!
シーズン最初の登山は、毎年恒例の十勝岳です。
十勝岳のつちのこ探しをしたのも懐かしいですなあ。
R030607十勝岳MAP
いつものコースです。今年も雪渓尻すべり動画を撮りました〜。
YouTube動画はこの記事の下の方に載せておきます。

DSCN7282
望岳台から。
午後から雨の予報なので、午前中でしっかり楽しもうと思います!
曇り空ですが山々はくっきりと見えます。よかった〜〜〜
風が強いという予報でしたが、それはもっと上の方かと想像してました。が、望岳台ですでになかなかの風が吹いています。
さあ!半年間待ちに待った山登りのスタートです!
DSCN7284
先日の北海道新聞に
出ていましたが、写真撮影目的で登山ルートを外れ、貴重な草花を踏み荒らしてしまう者がいるとのことでロープが張られていました。
かく言う小生も、三角点を探しに登山道から外れたことはありますが、もう少し上の観測設備に続く作業道を通ったので堪忍してつかあさい。
(もうしませんけぇ💦)
DSCN7285
残雪を纏った富良野岳。ここから見ても美しいですなぁ。
白銀荘分岐です。
DSCN7286
今回は白銀荘前から登る計画もあったんですが、便所の素晴らしさで望岳台にしましたw

それにしても、山開き前とはいえ登山者の姿が少ないです。天気予報の影響でしょうかー
DSCN7287
雲ノ平分岐。
奥に十勝岳避難小屋が見えます。
DSCN7289
下界を振り返る。
DSCN7292
避難小屋到着です!
DSCN7295
気温は14℃。風は強いですがそんなに寒くないです。
DSCN7293
これから向かう稜線。
ソリで滑る雪渓はしっかり残っていますね。
DSCN7298
避難小屋を発って雪渓を横切ります。ソリでこの辺まで降りてくる予定です。
DSCN7299
避難小屋を過ぎたここからが十勝岳登山の本番です。
斜度が増すのでどんどん高度を稼いでいきます。
続きを読む

藤原製麺 熊出没注意ラーメン塩篇 in かみふらの岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今回は、
十勝岳温泉かみふらの岳
十勝岳温泉凌雲閣前を出発し、かみふらの岳〜三峰山〜富良野岳へと縦走する予定でしたが、酷い暴風のため縦走を断念。かみふらの岳往復およそ6.8kmの山歩きです。

DSCN6829
朝5:30頃に到着したんですが登山口駐車場の“枠内”はすでに一杯。天気予報はすぐれないにもかかわらず、さすがは人気の紅葉富良野岳ですね。
朝ごはんを食べたり仮眠をとったりして6:30過ぎ頃スタートしました。
入山届けを記入、その横におわす大山神に登山の安全と天候回復を祈願。
DSCN6830
DSCN6831
ここは安政火口です。真っ白。
DSCN6832
ここは「富良野岳どーーーん」の場所です。(動画もあります)
DSCN6834
上ホロ分岐。
DSCN6835
DSCN6836
景色も花もないので黙々と登り続けます。
続きを読む

藤原製麺 旭川ラーメン 特一番 in 十勝岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

令和3年(2021年)山ラー活動の始まりです!
昨年の山ラー初めも
一昨年の山ラー初めもここ十勝岳でしたつちのこ探しの動画を撮ったり。
R030607十勝岳MAP
いつものコースです。今年も雪渓尻すべり動画を撮りました〜。

DSCN4833
望岳台です。
天候や良し!出発〜
DSCN4835
30分ほど歩くと白銀荘へ向かう分岐の看板があります。
DSCN4836
いんや〜〜、いい眺めですわ〜
DSCN4837
雲ノ平分岐。
その先に避難小屋が見えますね。左へ行くと美瑛岳です。
DSCN4838
十勝岳避難小屋。
あら〜。ドアの窓ガラスが割れちゃったんですね。
IMG_4558
こんなの見つけたんですよ〜。
確かに「あの味」がします!なので、ラムネと解っていても飲み込んではいけない感覚に苛まれますw
DSCN4840
先へ向かうとしましょう。
DSCN4843
前十勝コースは立入禁止。噴煙を上げている62-II 噴火口の際を通るルートなので、火山ガスであの世行きです。
DSCN4844
雪渓。
上からソリ滑りで降りてくるとここがゴールになります。
DSCN4845
本格的な上りが始まります。
新しい靴のかかとが当たって痛いです
冬場にスクワットで鍛えてたんで推進力は問題なさそうですが、なんせ足が痛くてスピードが上がりません
DSCN4847
痛いよ〜眺望が良いのが救いです。
DSCN4848
石ころが黒くなってきたら稜線までもう少し。
DSCN4850
十勝岳山頂が見えました。


風が物凄く強いです。そしてなんまら寒い!
DSCN4855
美瑛岳ど〜ん
DSCN4856
表大雪もきれいに見えます。
DSCN4858
十勝岳。

さてさて、お茶にしましょうかねぇ。
DSCN4866
今年もお世話になります、百年橋by梅屋!
おいちいけど、寒すぎて手がかじかむんですわ。
良い景色が惜しいけど撤退しましょ。

DSCN4867
さ、今年もここを滑り降りますよ〜。
去年より残雪多いですね。
雪が柔らかくてスピードが出過ぎないからのんびり気持ち良いですな〜。
DSCN4869
雪渓途切れた。
DSCN4871
再スタートして振り返る。


DSCN4879
一気に降りてきました〜。
ケツべっちょべちょですが、速乾性のズボン、速乾性のパンティー、速乾性の尻なのですぐに乾くことでしょう。

さあさあ、小屋に着いたので本日のメインイベントです!
今回の山ラーは、
IMG_4566
藤原製麺 旭川ラーメン 特一番
IMG_4568
IMG_4572
お湯は500ml沸かすとしましょう。
IMG_4574
キャン成したわ。
IMG_4570
店内風景。
すばらしい景色。
IMG_4577
うま〜〜〜
トッピングは刻みネギのみです。
美味い!堪らん!
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

さて、美味しい山ラータイムが終了しましたんで下山しますか。
下りや平坦な道では踵にダメージがこないのでラクです。
DSCN4884
そうそう、冒頭の地図にも記されてますけど、三角点があるんですよね〜。
通常の登山道からズレたところにあるようですが、探してみましょう!

作業道とおぼしき道の先で、キョロキョロ探すと観測設備そばにありました。
DSCN4888
三等三角点「温泉」標高=1017.1 m
「温泉」という名前。以前、大正15年の十勝岳爆発にまつわるお話を書きましたが、その中に"望岳台近くに「丸谷温泉」”があったとあります。この三角点の名称はその「丸谷温泉」に由来するものかもしれませんね。

DSCN4890
下山〜〜〜ンヌ!
痛い登山靴を脱いで、お風呂に向かいましょ。
IMG_4587
白銀荘。
IMG_4589
雪の結晶の研究で名高い中谷宇吉郎氏は白銀荘にも滞在していたんですね〜
晴天の露天風呂でじっくり温まったあとは、
IMG_4593
っか〜〜〜〜ぁ!
たまりませんな。

サッポロ一番みそラーメン in 十勝岳避難小屋

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

前回の旭岳でケツを痛めたのは意外と治りが遅く、8月は山ラーを食べられませんでした。
おそらく尾てい骨にヒビが入ったのでしょう。
1ヶ月ほど経ち痛みがかなりおさまったのでトレーニングがてらお散歩登山をしようと思います。
吹上温泉〜十勝岳避難小屋
お散歩なので手短に避難小屋でラーメンを戴いて帰ります。
昼過ぎに雨雲がかかるみたいなので長居は無用。
サッポロ一番みそラーメン登場までしばしお散歩にお付き合い下さい。

今回は吹上温泉「白銀荘」前の登山口から出発です。
DSCN3811
望岳台スタートでダイナミックな景観を楽しむのも良いのですが、小生はこの「泥流地帯コース」が大好きなんです。望岳台コースにはない変化に富んだ自然を楽しむことが出来ますよ。
DSCN3808
ちなみに、武漢肺炎ウイルス蔓延による緊急事態宣言の影響で、キャンプも車中泊も出来ません。

では参りましょう。
DSCN3812
まずは森の中を歩きます。
DSCN3818
二度見。
DSCN3815
十勝岳火山噴火警戒避難対策事業 吹上温泉観測局 北海道旭川建設管理部
振り返ると、
DSCN3813
十勝岳爆発記念碑
この碑や、この後に出てくる九条武子碑などについては以前詳しく調べましたので是非ご覧下さい。
歩き進みますと風景が変わりました。
DSCN3821
DSCN3819
シラタマノキ。
DSCN3819 2
あちこちで元気よく咲いて(なって?)いました。
DSCN3823
森林。暗い雲がかかっていますね。
DSCN3827
富良野川の源流部を渡渉します。
DSCN3830
またまた風景が変化。
DSCN3828
エゾオヤマリンドウ。
閉じてますね。晴天は期待出来ないか。。。
DSCN3833
またまた風景が一転しますと、
DSCN3836
九条武子碑。
『たまゆらに けむりおさめて しずかなる
    山にかえれば 美るにしたしも』

この先はハイマツのトンネルをくぐって、望岳台コースと合流します。


DSCN3841
荒涼としてまいりました。
DSCN3843
遠くに避難小屋が見えます。
DSCN3845
望岳台コースと合流!
とにかく人がいないです。

少し休んで進みます。
DSCN3847
雲ノ平分岐。
行く先はガスの中。

着きました〜
DSCN3849
十勝岳避難小屋です。
今日はここまで!
DSCN3850
下もガスです。

とりあえず石に腰掛けてお茶にしますか。
お茶請けはこれです。
IMG_1468
冷蔵庫にあった五勝手屋羊羹。
IMG_1467
羊羹の賞味期限の長さは凄いですね〜。天皇弥栄(すめらぎいやさか)
IMG_1472
IMG_1470
寒くなってきました。
外気温14℃ってところでしょうか。
小屋の中で休ませてもらいましょう。
IMG_1476
では、山ラーファンのみなさま、お待たせいたしました!
IMG_1477
うきうきわくわくラーメンタイム〜!今日はおしゃれなみそラーメン。
IMG_1473
なんと、セブンイレブンで55円!
レジ前のワゴンにあったので救出致しました。
IMG_1475
具材はいつもの「マルちゃん焼豚メンマ」と刻みネギ。
そういえば最近、お生玉子様を入れてませんね。次回あたり戴きましょうか。
IMG_1480
出来ました!出来ました〜!
IMG_1491
外のガスは晴れてましたが、今にも雨が振りそうな空気です。
しかしながら、やはり山ラーは温かくて美味しいですな
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

さて、雨に当たる前においとまいたしましょ。
DSCN3849
DSCN3850
避難小屋より上はガッスガスです。
ポツポツと降る雨に当たりながら泥流地帯へ戻ってきました。
DSCN3857
DSCN3858
日本庭園のような雰囲気がまた良いです。
DSCN3859
溶岩。

白銀荘前に戻ってきました。
雨は本降りに
DSCN3861
朝登った階段が修理のため取り壊されていました。
入山届を見るに、もしかして最後にこの階段を登ったのは小生かも知れません!

登山靴を脱いで泥を洗い落としたら、次なるお楽しみ
IMG_1492
温泉で温まりましょう
サウナーの聖地として名高い白銀荘ですが、武漢肺炎ウイルス蔓延による緊急事態宣言の影響でサウナは利用できません。
雨の中の露天風呂っていいですよね〜(屋根の下なら)。
山の中で会ったおじちゃんと再開したので、湯に浸かりながら山談義などして楽しくあたたまりました〜
IMG_1495
ぶひゃ〜〜〜
さて、帰りますか〜。

ケツを痛めてのリハビリ山散歩でしたが、ケツの具合は登山に影響ないくらい回復してきたようです。
紅葉の季節を楽しむべく、山ラー活動再開します!!

では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しない
 怪我しない
  明日も仕事!

前回怪我しちゃったけど...

したっけね。
研究所入口
価格・営業時間・禁煙情報などは訪問当時のものです。


jetsdiary_youtube
"じぇっつチャンネル"
チャンネル登録&いいねボタンよろしく!
Profile

じぇっつ

札幌市生れ。
平成18年〜旭川市在住。
血液型Asus4。
似非旭川ラーメン研究家。
ハチノジフグとアカハライモリが好きな山登りをするアクアリスト。
自称“山ラーおじさん”
jets.es135@gmail.com

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
Archives
記事検索
Categories
カムイミンタラ〜旭岳
旭岳ライブ映像
旭岳ライブ映像
ロープウェイ姿見駅より
美瑛の丘と十勝岳連峰
ランキング・ネットワーク


ブログランキング・にほんブログ村へ