Jets' Diary-Shuffle It All (Jets似非旭川ラーメン研究所)|旭川ラーメンブログ

旭川ラーメン、アクアリウム、B級グルメ、山登り、アウトドア、DIY、ギター、音楽、クルマ、ドライブ、雑記...etc たまに書きます。

 ⚠️価格・営業時間・禁煙情報などは訪問当時のものです。

大雪山

令和6年 ニセイカウシュッペ山へ向かう町道通行止め解除の情報(^▽^)

ニセイカウシュッペ山の登山道への道について最新情報です。

上川町のホームページによりますと、国道333号線からニセイカウシュッペ山に向かう"町道チカリベツ線"が、令和6年8月10日(土)早朝、開通する予定だそうです。
工事の進捗状況により、開通予定が変更となる可能性があるそうですが、今年は紅葉のニセイカウシュッペ山を楽しむことが出来そうですね。
観光道路情報-_-北海道上川町



2023.6.5の記事

ニセイカウシュッペ山の登山道への道について最新情報です。
351473949_143709735379629_481528629497214323_n
このお触れ書きによると、来年のシーズンには通行可能となるようです。


2023.4.7の記事

日本三百名山、
IMG_5735
ニセイカウシュッペ山。
山行記事は、
マルちゃん 焼そばやきっぺ in ニセイカウシュッペ山→こちら
マルちゃん いつもよりちょっとパンチある一杯 鬼旨辛麺 in ニセイカウシュッペ山→こちら

北大雪の登山で人気の山ですが、、、
大雪山国立公園連絡協議会のサイトによりますと、令和5年5月22日から令和8年11月30日までニセイカウシュッペ山へ向かう町道通行止めとなるとのことです。→その記事
f6076320
e31acf39
リンクされている上川町のページを見ますと、
小水力発電事業に伴う水圧管埋設工事のため、下記のとおり町道チカリベツ線において通行止めとなります。
 ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。
○通行止めの期間(予定)
 令和5年5月22日から令和8年11月30日まで
○場所
上川町字中越 町道チカリベツ線(起点から字中越261番地先)
とあります。
ニセイカウシュッペ通行止め
この林道を通れないとなると、夏のニセイカウシュッペ山は令和9年シーズンまで登れないということになります
(どうしてもあの山頂に立ちたいという人は、比麻奈山〜アンギラスを経て登頂するしかないですね)
長〜い工期ですよねー(エスコンフィールドより長い?)😮、令和9年っていつ?!
ともかく、安全第一、無事故の工事を祈念いたします。

令和9年にまたあの山頂に行けるのを楽しみにして、動画と写真をどうぞ!


33caa7fc
e506e325
24bf2066
したっけね。

山ラーおじさん じぇっつが全国放送のテレビ番組に!!【十勝岳 つちのこ】

どうも!山ラーおじさん じぇっつです。

大雪山/十勝岳連峰で登山を楽しんでは山ラーを啜って、拙いYouTube動画を作っている私じぇっつですが、なんと全国放送のテレビでそのYouTube動画が使われて、電話インタビューも受けたんですよ〜。
「テレ朝」ってのがアレなんですけどねー(笑)
その内容は、こちらのブログ記事→マルちゃんしょうゆ味ラーメン in 十勝岳(つちのこ探し動画)の時に撮影した、「十勝岳のつちのこ」に関する内容です。
放送されたのは3年も前のことなんですけどね
急に思い出したようにアップしてみました。
つちのこの正体と、小生のシブい(?)声をお楽しみください
2020(令和2)年6月28日放送「テレビ朝日サンデーステーション」

元になった動画はこちらです。
したっけね!

【ロープウェイなし旭岳】藤原製麺 みそラーメンのよし乃本店 in【大雪山・旭岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

10月4日朝、大雪山の主峰・旭岳の初冠雪が確認されました。
実際にはその前日に降雪があったのですが、旭川の地方気象台(旭川市宮前)から観測できた日が「初冠雪」となるんですってー。
それから数日のうちにどんどん積もり、上の方はすっかり冬山になったそうです。
10/8には旭岳〜間宮岳間で外国人軽装者が凍死していたとのニュースもありました。
秋口の2,000m峰とはいえ、大雪山を侮ってはいけませんねぇ。

雪と紅葉の旭岳を堪能したいのですが、小生は冬山登山のスキルがありません。
なので、山頂は目指さず裾合平〜中岳温泉の往復で山ラーを楽しみましょう!
しかしながらロープウェイで上がって〜では登山として全然物足りないんですよ〜。
そこで、以前から気になっていた、ロープウェイ山麓駅横にある「旭岳登山口」から登ってみようと思います。
旭岳一合目〜中岳温泉MAP
またまた「ロープウェイに乗らず登ってみたシリーズ」です。
またまた拙いYouTube動画を作ってみましたので、ぜひご笑覧ください!

朝6:00。非常に寒いです!
PA090001
ロープウェイ駅横。
始発が8:00とあって、この時間は人が少なく静かです。ビジターセンター前の駐車場はガラガラでしたが時間が経てばあっという間に満車になってクルマの行列ができることでしょう。
PA090004
ロープウェイ駅とビジターセンターの間を流れる勇駒別川(ゆこまんべつがわ)
寒いので、若干けあらしみたいになってます。
PA090005
出発!
PA090008
木道が二手に分かれています。旭岳に行くには右。「天女ヶ原湿原登山道」というそうです。
PA090014
石ゴロゴロ。この先の四合目までにこういう感じの道が何度もあります。
PA090017
第一天女ヶ原。
新しい木道が敷設されています。以前の木道はかなり荒廃していたのだとか。
木道表面が白いですが、霜です。これのせいで前後左右に足が滑るので慎重に歩きます。
PA090019
あ!旭岳。この先しばらく旭岳は見えません。
PA090022
標高1,215m。
PA090023
第二天女ヶ原。朝日が当たっています。
PA090025
PA090028
白い葉がきれいですねー。
PA090030
凍れてるエゾノツガザクラでしょうか?
PA090031
赤い三つ葉は、霜がおりたチングルマの葉。

第二天女ヶ原までは平坦な湿原地帯でしたが、その先は登りがきつくなります。
おかげで高度が上がるので景色も開けます。
PA090033
十勝岳連峰!
PA090037
三合目(1,417m)
PA090038
森林限界に出そうです。
PA090044
PA090046
づどーん!と直線の階段場に出ました。
そして、ふと右側を見ると、、、

続きを読む

国分グループ「霧島黒豚だし豚骨らーめん」in 【富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今回は小生のホーム・マウンテン「富良野岳」におじゃましました〜
今年2回目です。7月に登った時の記事は→こちら

凌雲閣ー上ホロー富良野岳
いつものように十勝岳温泉凌雲閣前の登山口から出発〜安政火口〜上ホロ分岐〜かみふらの岳 と進みます。
今回は上ホロカメットク山に寄り道。
かみふらの岳に戻り、三峰山富良野岳〜上ホロ分岐〜凌雲閣を時計回りに周遊しました。
約12.4キロのコースです。
「霧島黒豚だし豚骨らーめん」登場までしばし山歩きにお付き合いください。

IMG_3997
朝5:20。
駐車場の混雑を鑑みて早起きして来ましたが、駐車場は9割埋まってました。
小生の後からどんどんクルマがやってきて、あっという間に満杯。
駐車場にある公共トイレは落雷の影響でしばらく使用不能となっていましたが、この日までに仮復旧したそうで助かりました。

朝ごはんを食べたら眠くなってきたので、登山開始予定の時間まで仮眠するとしましょ

結構、爆睡できました!
運転席でぐっすり眠るのは営業マンの特技ですよね〜?
P9240008
6:40。
P9240010
雲海が美しいですが、山に上がってこなきゃいいですよね〜。
P9240011
十勝岳の大山神様に、無事の登山と楽しい登山をお願いして出発です!
P9240013
安政火口からお天道様ピカーーン!☀️
P9240015
寒いけど暑いですw
P9240017
安政火口から上ホロ分岐へ向かう登り。D尾根を回り込めば、
続きを読む

0合目から黒岳100年記念登山!【ロープウェイ/リフト不使用】藤原製麺「いそのかづお札幌ブラック」in大雪山黒岳!

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

いつものそんな言葉よりも、この偉大な名言をご紹介いたします。
富士山に登って、山岳の高さを語れ。
  大雪山に登って、山岳の大いさを語れ。
大正10年、文人・大町桂月が紀行文「層雲峡より大雪山へ」にこう記しました。
層雲峡ビジターセンターのWEBサイトによれば、桂月は、黒岳沢を遡行して稜線に上がって黒岳に登り、御鉢平を周回、北鎮、北海、白雲、旭岳を踏んで、松山温泉(現在の天人峡温泉)に下山する3泊4日の大縦走を行ったそうです。登山道などない時代に、凄いですよね!
ちなみに、大町桂月は「層雲峡」「羽衣の滝」の名付け親でもあるそうです。

この大町桂月の言葉により大雪山の知名度が高まり、大正12(1932)年、層雲峡から旭岳への登山道開削と黒岳石室の建設が始まりました。
今年、令和5(2023)年は「黒岳100年」の記念すべき年なのです。
そんなワケで、黒岳100年を肌と脚で感じるべくロープウェイ/リフトを使わず、0合目(登山口)から黒岳山頂を目指そうと思います!
まぁ、小生も物好きなもんですなw
今回も拙いYouTube動画を作ってみましたので、ぜひ最下部のリンクからご覧ください!

0合目登山口から登山は一昨年10月に7合目まで登って、北海道最高地点ラーメンを戴きました〜
その時の記事は→こちら
北海道ラーメン標高や、「探偵!ナイトスクープin黒岳」の話などの逸話もお楽しみ下さい。

黒岳1合目〜
黒岳登山口から山頂までの標高差は1,294mだそうです。
P9220004
6:20。ロープウェイ駅へ急ぐ登山者を尻目に、黒岳沢の橋を渡って、
P9220007
P9220008
大雪山層雲峡神社にお参り。
100mほど歩くと、
P9220011_2
登山口。
あれ?以前はもっと立派な看板でしたが、随分とチープなものになりましたね。
では、スタートしましょう!
P9220012
一歩目から急登です。まだ寝起きに近い身体なのでじっくりと息が切れないように歩いていきましょ。
P9220017
高度がズンズン上がっていくのが急登の面白いところ。
30分ほどで急登は落ち着き、稜線へと向かいます。
P9220024
丸っこい大きな岩に足場が掘られています。100年の歴史の中で、誰かが削ったんでしょうね〜。
P9220027
稜線に出ました!非常に歩きやすいですが意外に斜度はあります。
P9220029
一昨年も同じ場所から撮影してました、屏風岳(1,792.7m)
P9220030
5合目駅が見ました。
P9220032
黒岳駅。1合目から1時間20分。
トイレを借りて、屋上展望台に向かいます。
P9220042
あ〜良い天気
P9220043
ニセイカウシュッペ山方面。今年は登山口へ続く道が工事のため通行止めでした。
P9220046
大雪山黒岳資料館。
P9220049
なるほどう!
P9220051
リニューアルされたようで、ガラスケースに収められた岩石や猿のこしかけは撤去されていました。
続きを読む

藤原製麺「本場北海道らーめん 旭川醤油」in 白雲岳避難小屋(ヤシネット運びボランティア)緑岳・小泉岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

P9030126
緑岳登山口・高原温泉にあるヒグマ情報センターです。
朝から快晴☀️すばらしい山行になりそうな予感。

本日はこれをお預かりして、ちょっとした歩荷をしたいと思います!
IMG_3250
ヤシネット。
IMG_3253
去年も白雲小屋まで担ぎ上げたんですが、その時の記事は→こちら
ヤシネットは、荒廃した登山道を大雪山・山守隊さんが「近自然工法」で修復するのに使用されます。
微力ながら大雪山の登山道保全修復のお役に立てたらと〜。
大雪高原温泉〜MAP
高原温泉を出発し、緑岳〜板垣新道〜白雲岳避難小屋(ヤシネット納品)〜白雲岳分岐〜小泉岳〜緑岳〜高原温泉と巡る、およそ12.6kmの山行です!
今回も拙いYouTube動画を作ってみましたので、本記事最下部からぜひご覧ください!

IMG_3255
リュックにヤシネット5枚(約3.5kg)括り付けて出発です!
P9030128
昭和大帝行幸啓記念碑。
P9030130
こちらで入山届を記入。
P9030132
はじまりました!天気が良すぎて朝から暑いです!
P9030134
温泉の蒸気が更に暑くさせてくれます。
ここからの登山は初っ端から急登です。慌てずじっくりと足の筋肉と心肺機能を目覚めさせていきます。
P9030136
頭上が拓けてきました。
出発から30分ほどで、
P9030138
見晴台。
P9030139
高根ヶ原が見晴らせます!
P9030142
見晴台までの急登をクリアすれば、あと少しで、
続きを読む

旭川ラーメン 層雲峡温泉【登山軒】みそ篇

大雪山の山歩きを楽しんだ後、に浸かりさっぱりしてニヤニヤしていたら、この建物が目に入りました。



IMG_7744
熊ッ子チェーン・登山軒です。
正油篇は→こちら
塩篇は→こちら
ああ〜空腹と誘惑に勝てません。
IMG_7747
お邪魔しましょう!
店内ちょうど空いている時間でした。
まずはメニュー表を確認してみましょう。
IMG_7759
IMG_7757
では、戴きましょう!
IMG_7765
野菜ラーメン(みそ) 1,000円
あっさり系、ダシで食わす旭川らしいみそラーメンです。これこれ
身体に染み渡りますね〜。
長ネギどっさり。たっぷりシャキシャキ野菜炒めは少々ごま油が効いていますがみそラーメンならば許容範囲です。
IMG_7777
山でもラーメン啜ったんですが、お腹が空いてたのであっと言う間に完食
美味かったーー
山ラーおじさんJetsにとって層雲峡にある旭川熊系・登山軒はどうしても立ち寄りたくなる存在なんですよねー。

Jets的ラーメン評価「A-」でお願いします!
ごちそうさまでした!

「ラーメンハウス登山軒」
上川町層雲峡温泉街
営業時間 10:00〜22:00
店内禁煙



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ

マルちゃん「ZUBAAAN!(ズバーン)背脂濃厚醤油」in 大雪山・比布岳(黒岳〜北鎮岳〜比布岳)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今回は、
黒岳〜比布岳MAP
大雪山・黒岳から北鎮岳を経て比布岳を登頂する往復ルートです。
今年8月にもこのルートでの山ラーにトライしましたがガスと爆風で断念しました。
9月に入り何の不安もなさそうな天気予報と、例年より早い紅葉情報に背中を押されて再トライしてみたいと思います!
動画はこの記事のずーっと下の方で是非ともご覧ください。

DSCN6492
層雲峡・黒岳ロープウェイ山麓駅からの景色。
朝5:30頃には大行列が出来て、6:00の始発前に5:50発の臨時便が増発されました。
小生の何人か前で5:50便は満員となり、定刻どおり6:00発に乗車しました。
5合目駅下車。とある個室に籠り最後の仕上げをしてリフト駅へ向かいます。
DSCN6494
素晴らしい標語。
先日、大雪山・山守隊の登山道整備ボランティアに参加してから、足跡をつけて良い場所も今まで以上に気にするようになってます。
DSCN6496
それにしても良い天気☀️下山までずっとこんな天気であることを祈りましょう!
DSCN6498
リフトを降りて振り返るとこんな景色。
大所帯のツアーが出発準備しているので、急いで入山しました。
DSCN6499
入山届けを記入してスタートです!
続きを読む

藤原製麺「熊出没注意ラーメン醤油味」in白雲岳避難小屋(大雪山・高原温泉〜緑岳〜) ヤシネット土嚢荷揚げボランティア

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

本日は
R040829緑岳MAP
大雪山高原温泉から緑岳を経て白雲岳避難小屋へ行ってラーメンを啜ろうと思います。
DSCN6217
ヒグマ情報センター。
DSCN6218
ここにヤシネットの土嚢が積んであります。
DSCN6221
今回のもうひとつの目的がこれです。
荒れ果てた登山道整備に使用するヤシネットを白雲岳避難小屋まで届けます!
ヒグマ情報センターの方に声をかけると準備をお世話してくれました。
3枚で1.5kgほどらしいので10枚はいけるだろうと思いましたが、
DSCN6222
リュックに固定できたのは5枚だけでした。案外かさばるんですね〜。

では、出発です!
続きを読む

藤原製麺「熊出没注意ラーメン味噌味」in黒岳石室(大雪山・黒岳〜北鎮岳〜比布岳)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

先日、愛山系温泉から永山岳〜比布岳と歩きましたが、比布岳の先、鋸岳〜北鎮岳のルートを繋ぎたくて今回の山行を計画しました。北鎮岳は2年前のちょうど今頃におじゃましています。
まずは地図でルートを見てみましょう!
黒岳〜比布岳MAP
層雲峡からロープウェイ、リフトを乗り継いで黒岳7合目からスタートし、黒岳山頂〜雲ノ平〜北鎮岳〜鋸岳〜比布岳を目指す往復ルートです。

DSCN6024
黒岳ロープウェイ、始発に乗り込みます(6:00)
DSCN6033
リフトに乗り継いで7合目に到着。
いい天気ニセイカウシュッペ山も綺麗に見えます。
DSCN6034
では、こちらで入山届を記入して出発です!
DSCN6038
山頂まで約1時間。
DSCN6041
9合目標識。マネキ岩が見えてきました。
DSCN6044
このマネキ岩を見下ろすとこまで登ったら山頂はもうすぐです。
続きを読む

令和4年 山の日【大雪山】永山岳〜比布岳〜当麻岳〜沼ノ平

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

ですが今回は冒頭で申し上げます。
用意していた「熊出没注意ラーメン味噌味」ですが、爆風やら時間の関係やらで戴くことが叶いませんでした。またの山ラーで戴くことにします!

朝5:00頃。
DSCN5802
愛山渓温泉に到着しました。
国道39号線、愛山渓ドライブイン脇を入る道の行き着く先です。
DSCN5803
トイレあり。入山前の総仕上げも心配ありません。
DSCN5804
入山届を記入したら、
DSCN5805
出発です!

今回は初めておじゃまするコースです。
愛山溪温泉
愛山渓温泉「愛山渓倶楽部」前の登山口をスタートし、永山岳〜安足間岳〜比布岳〜安足間岳〜当麻岳〜当麻乗越〜沼ノ平〜愛山渓温泉を巡る、約15キロの道のりです。
DSCN5806
お、おう...
DSCN5808
まずは永山岳へ4時間ほどの登り。
がんばりましょう!!
DSCN5810
樹林帯。苔の生えた丸石が多いので下山時は注意ですね。
DSCN5811
橋が見えてきました。
鉄橋は壊れてしまって、
DSCN5812
頑丈そうな木の橋が架かっています。
DSCN5813
DSCN5816
三十三曲分岐。ここからつづら折りの急騰が始まります。
※沢沿いのコースは通行止めになっています。
続きを読む

旭川製麺「ら〜麺処 優鳳」in 白雲岳避難小屋(大雪山)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今シーズン初のテント泊登山!
白雲岳避難小屋キャンプ指定地で"旭川製麺「ら〜麺処 優鳳」"を戴くべく、テント、寝袋、マット、おビールなどなど詰め込んだ重いリュックを背負って頑張りましょう!
今回はかなり頑張って【YouTube動画】を作ってみたので、後半のリンクから是非ご笑覧ください!!

1日目のコースです。
赤岳登山口〜白雲岳避難小屋
銀泉台から赤岳を登頂し、白雲岳分岐を経て白雲岳避難小屋へ向かいます。

朝6:00前。
DSCN5360
層雲峡温泉、層雲峡バスターミナル。
DSCN5358
エゾシカファミリーのお見送りサービス付き。
1日1往復のみの銀泉台行きバスに乗り込みます。
早起きして眠いのでカーブが多いガタガタ道でもよく眠れました。
1時間ほどで銀泉台に到着です!
入山届を記入し出すもの出して、登山靴をしっかり履いたら出発です。
DSCN5366
赤岳登山口。
早速お花登場。
DSCN5367
エゾウメバチソウ。
ウォーミングアップはゆっくりと。テント泊装備は重いですが昨年リュックを新調してからは随分楽になりました〜。
DSCN5368
見晴台。
DSCN5369
見晴らせません。
DSCN5371
歩きやす!!
一昨年くらいからNPO法人かむいさんがこのルートを整備されていますよね。
ありがたいことです。
DSCN5372
残雪わずか。
例年この時期はもっと残雪がある印象ですが、今年はこの程度でした。
続きを読む

マルちゃん いつもよりちょっとパンチある一杯 鬼旨辛麺 in ニセイカウシュッペ山

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今回は昨年9月に絶景を堪能した日本三百名山・ニセイカウシュッペ山で山ラーしてみましょ。
「マルちゃん いつもよりちょっとパンチある一杯 鬼旨辛麺」登場までしばし登山にお付き合いください。

今回のコースです。
ニセイカウシュッペ山マップ
登山口⇔山頂のピストン。寄り道なしです。

ニセイカウシュッペ山登山口へのアクセスが分かりにくいとのウワサがありますので、昨年同様の案内をば。
登山口にトイレはないので上川町市街を出る前に済ませましょう。
旭川から国道39号線を進み、上川町市街を更に層雲峡方面へ向かうと「お食事処さつき」があります。もう少し進み、紋別・遠軽方面、国道273/333へ左折します。
旭川紋別自動車道の高架を2回くぐったあたりで右手に、
IMG_5934
旭川/上川町方面から来ると見えない看板が現れます。
砂利道の林道は整備されていているので安心して進めます。
IMG_5935
IMG_5937
ゲートが現れました。
IMG_5938
鍵はかかっていないですが、この棒を引き抜いて開けます。
ゲート内にクルマを移動させたらゲートを閉めて鉄の棒を刺しこみます。
IMG_5939
登山口に着きました!
先に到着してたクルマは1台だけでした。
天気が良いです。日差しが強くて暑い!麦茶600mlの他、水2リットルを用意したんで大丈夫でしょう。

では、身支度を済ませて出発しましょう!
DSCN4988
入山届を記入して行ってきま〜す!
続きを読む

寒干し らーめん山頭火 旭川とんこつ塩 in 白雲岳避難小屋(大雪山)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

去年は叶わなかったテン泊登山。昨年建て替えられた白雲岳避難小屋のテン場で向かいましょう!
いつものように"山ラー"登場までしばし山登りにお付き合い下さい。

1日目のコース。
202107大雪高原温泉〜白雲岳避難小屋
大雪高原温泉から緑岳を登り、白雲岳避難小屋に向かいます。
DSCN3342
天気良し
DSCN3344
こちらの事務所で入山届け記入。
それにしても朝から暑いでございます。
DSCN3346
このコースは、
DSCN3347
いきなり急登から始まるんですよね〜。心臓バクバクです。
30分ほど頑張ったら、
DSCN3348
見晴台に到着。
DSCN3350
高根ヶ原を見晴らせます。
清々しい!
DSCN3353
見晴台からは斜度が緩やかになり、少し頑張れば
DSCN3356
この景色!
雪渓が多く残り、花畑には花の姿はありません。
DSCN3358
今年の大雪山は残雪が多いのだとか。
DSCN3360
パノラマ。
DSCN3364
雪解け水で道は沢になっていますが、大枚はたいて高価な防水登山靴履いてるワケですから、気にせずバシャバシャ歩いて行きます。
いい靴履いて、変に脇にそれて植物の株を踏み荒らすなど本末転倒ですよね。
DSCN3368
緑岳に近づいてきています。
DSCN3371
背の低い樹林帯に入ると、ようやくお花たちの姿が目立ってきます。
DSCN3373
樹林帯を抜けると緑岳登坂の核心部になります。
リュックをおろしてひと休み。
DSCN3375
高根ヶ原から気持ちいい風が吹いてきました。
DSCN3378
あれに見えるは大雪山の奥座敷・トムラウシ!
いつか行ってみたいな〜。

さあ、登りますか!
続きを読む

藤原製麺 旭川らぅめん青葉 しょうゆ味 in 白雲岳避難小屋(大雪山)

何故、山に登るのかって?
そこでラーメンを啜るためさ!

そんなワケで夏季限定、山ラー活動報告でございます。
今回は、毎年恒例の「銀泉台〜白雲岳避難小屋」ルートを利用した1泊山行で戴いた、
「藤原製麺 旭川らぅめん青葉 しょうゆ味」のお話しをお届けします。
毎度ですが、青葉登場までしばらく登山にお付き合い下さい。

今回のルートです。
赤岳登山口〜白雲岳避難小屋
いつもなら銀泉台〜白雲岳避難小屋、翌日に黒岳から下山、というルートなのですが、今回は諸事情あって急遽 銀泉台へ戻る山行となりました。

では、
DSCN1396
銀泉台から出発です。
青空が出ていて穏やかな天気。
ただし、てんくらではの強風予報を出しているので油断禁物です。
DSCN1398
良い眺め。
DSCN1402
花の最盛期は過ぎてしまっています。
それでも、
DSCN1408
ウコンウツギ
DSCN1411
エゾコザクラなどはキレイに咲いています。
DSCN1412
第一雪渓
涼しい風が吹き抜けます。
DSCN1418
奥の平
DSCN1421
チングルマさんが咲いてます。
DSCN1425
DSCN1426
コマクサ平
DSCN1431
見づらいですがコマクサが点々と咲いています。
コマクサ平を歩く動画を撮ったんですが、カメラの持ち方が悪く指先が終始映り込んでしまってたのでボツ!
そうそう、この日の誕生花はちょうどコマクサでした。花言葉は「高嶺の花」

緩い下りのハイマツ帯を歩きます。
途中に咲いていた
DSCN1432
なんていう花?(笑)
図鑑を見るに、チシマノキンバイソウでしょうか。

そしてついに現れました!赤岳登山最大の難関
DSCN1434
第三雪渓。
もう雪は解けてしまっていますが。
標高差120mを一気に登ります。

千里の道も一歩から。
DSCN1446
DSCN1443
歩いてきた道が遙か下に。高度感が凄い場所です。

DSCN1453
第三雪渓を上がると風が強くなってきました。
しばし休憩。行動食を摂って次なる難関へ向かいます。

DSCN1457
第四雪渓。
第三ほど急坂ではないですが標高差80mほどあります。

第四雪渓を登り切った景色
DSCN1463
雄大。
ここまでくれば赤岳山頂はすぐそこです。

DSCN1470
シンボリックな岩が良い雰囲気出してますが、実は赤岳山頂はここではないのだとか...
更に風が強くなってきました。先を急ぎましょう。

小泉岳へ向かう風衝地
DSCN1476
振り返れば
DSCN1479
ガンダーラ。
とにかくもの凄い爆風です。歩いていても時々身体がグラつくほどです。

トレッキングポールが煽られて真横に流れるほどの強風。
これはヤバい。
DSCN1486
そんなワケで、緑岳へ寄り道するプランは中止に。
吹きっさらしの緑岳は更に爆風が凄そうですから。
奥に見えているのは北海道で3番目に高い白雲岳。

早めに小屋に着いてマッタリしますか〜

DSCN1490
手前:烏帽子岳。奥:黒岳。
こう見るとよく似たフォルムの山ですよね。

お、
DSCN1493
白雲岳避難小屋が見えてきました。
この赤い建物が近づいてくるとホッとします。

DSCN1496
緑岳。行きたかったな〜。
標高2019m。今年登っておくべきですよね?

DSCN1500
小屋周辺はいつも花が豊富ですな。

避難小屋到着。寄り道しなかったので凄い早く着きました。13時前でしょうか。

遠くから見えてましたけど、
DSCN1502
DSCN1503
テントが一張りも設営されていません。

なんと、
DSCN1504
小屋周辺に2頭のクマが出没しているので、テント泊は自粛してもらっているとの事
どうりで一張りもないはずです。

この強風なので(夜にはもっと酷くなる予報)、今回はテント泊はやめて小屋に泊まる予定でした。
で、小屋は既に大賑わい。我々3人パーティは運良く好ポジションを確保出来ました。

このあと続々と登山客が訪れ、ついに小屋は満杯に。やむなく次々とテントが張られていきました。
中にはツェルトも!!
夜中に爆風とクマに襲われないよう祈るばかりです。

着替えをして寝床を作ったら、あとは何にも縛られることのない贅沢な時間。
ゴロっと横になって居眠りしたり、毎回持ってくるモンベルの会報誌「OUTWARD」を読んだり。
これを穏やかな空の下、テントの中で出来たら最高なんですがね〜。

おまたせしました!ラーの時間です。
ようやく山のディナータイムがやってきました。まだ17:00前です。
目の前のモノに目がくらんで写真撮り忘れましたが、水場の雪渓水で冷やしたサッポロ・クラシックをゴクゴクと
か〜〜〜〜! 美味い!
重い荷物にプラス500mlした重量分の幸せ。

それでは調理開始です。
IMG_9477
藤原製麺 旭川らぅめん青葉 しょうゆ味
IMG_9479
熟成乾燥麺にスープ一袋。それに真空パックの焼豚を載せましょう。
なんと、水600ml使うと書いてます。
しかし山ラーはお湯少なめで作るのが鉄則。(飲みきれる量のスープでなければなりません)
今回は300mlの雪渓水を沸かしました。スープの素を半分だけ使うなんて事はしません。
全部 inしますw

出来ました〜〜〜!
IMG_9480
もちろん味濃いめ。このくらい濃い方が旭川ラーメンっぽいでしょうね。
魚介風味が強く出ていて美味い!この濃さが脚の筋組織に沁み渡るようです。
IMG_9492
良い加減に茹であがりました。
この焼豚が濃いスープに良く合います。
少量のスープに浸したまま2枚ほど残して、焼酎のアテにしました。

大雪山で啜る青葉、美味かったです!
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

避難小屋の消灯時間は20時。それまでは ぼんやり灯りをともして静かに焼酎をやります。
小さいペットボトルに入れてきた黒霧島です。
雪渓水で割ったり(濾過済み)、お湯にして割ったり。
美味いわ〜。

では、眠るとします。時々もの凄い風の音がします。
おやすみなさい

そして、朝がきた!
DSCN1516
おはよう白雲岳!
DSCN1522
おはようトムラウシ山!
風は残っていますが良い天気です。

シロウトのコンデジ撮影なのでお見苦しいですがお許しを。

冒頭にも書きましたが、急遽 銀泉台に下りることになったのでのんびりした山の朝を過ごします。
ゆっくりと朝食と身支度を済ませて白雲小屋を後にします。
DSCN1525
また来年!!(今年もう一回来ようかな)

白雲小屋分岐まで上がるとまた強風が吹いてきました。
昨日よりは少しマシですが。

DSCN1549
この花、好きです!
クモマユキノシタ
すごく小さく可憐な花です。

第三雪渓を下りる頃から雨が降ってきました。
DSCN1556
DSCN1557
おお〜!初めて実像を見ました!
ギンザンマシコ。
きれいな鳥ですね〜!興奮しました。

DSCN1559
コマクサ平は大粒のぬるい雨。
レインウェアのフードを叩く音が心地良いです。
雷雲ならそんな悠長なことは言ってられないのでしょうけど。

DSCN1563
日本庭園のような風景を下ると、
DSCN1565
奥の平。
銀泉台までもうすぐですね。

第一花園付近にて
DSCN1569
リスっち。
いと めんこし。
この辺まで来るとすっかり晴れて、風も収まって非常に穏やかな雰囲気になりました。

DSCN1572
ゴールです。
と言っても、銀泉台まではもうちょっと歩くのですが。
DSCN1578
銀泉台から層雲峡まではバスで戻ります。
バスの時間までかなりあるので、靴やゲイターの泥を洗い落としたり遅めの昼食を摂ったりして過ごしました。

やはり大雪山は雄大で素晴らしいですね〜。
で、どうにかして年内に緑岳登頂したいです。早速計画中!

では皆様、ご安全に!





にほんブログ村 グルメブログ 北海道ラーメン食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
研究所入口
価格・営業時間・禁煙情報などは訪問当時のものです。


jetsdiary_youtube
"じぇっつチャンネル"
チャンネル登録&いいねボタンよろしく!
Profile

じぇっつ

札幌市生れ。
平成18年〜旭川市在住。
血液型Asus4。
似非旭川ラーメン研究家。
ハチノジフグとアカハライモリが好きな山登りをするアクアリスト。
自称“山ラーおじさん”
jets.es135@gmail.com

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
Archives
記事検索
Categories
カムイミンタラ〜旭岳
旭岳ライブ映像
旭岳ライブ映像
ロープウェイ姿見駅より
美瑛の丘と十勝岳連峰
ランキング・ネットワーク


ブログランキング・にほんブログ村へ