Jets' Diary-Shuffle It All (Jets似非旭川ラーメン研究所)|旭川ラーメンブログ

旭川ラーメン、アクアリウム、B級グルメ、山登り、アウトドア、DIY、ギター、音楽、クルマ、ドライブ、雑記...etc たまに書きます。

 ⚠️価格・営業時間・禁煙情報などは訪問当時のものです。

富良野岳

登山道整備ボランティア in 上富良野岳〜上ホロカメットク山

今年度から大雪山国立公園パークボランティア(以下、PV)として活動させてもらえることになりました〜。
初仕事として参加したのは上富良野岳〜上ホロカメットク山の登山道整備(といっても、何度か参加している大雪山・山守隊の整備のような土木作業はありません)です。
翌週の十勝岳山開きに向け、登山道の危険箇所に張ってあるロープの交換や鉄ピンの交換作業を行います。

7:00
DSCN7929
先輩PVのみなさんと凌雲閣前出発!
DSCN7930
安政火口。
DSCN7932
ショウジョウバカマ。
DSCN7935
富良野岳様。
DSCN7940
D尾根に出て作業開始。真新しいロープを張っていきます。
誤ってロープの向こうに行くと安政火口の谷底へ滑落です。
DSCN7941
ピンと張れました。
DSCN7943
雪渓歩き。
皆さん経験や知識が豊富なので、黙〜って話を聞きながら歩いてるだけで面白いです
DSCN7948
咲き始めでみずみずしいキバナシャクナゲがあちこちで咲いていました。
DSCN7949
上富良野岳からの稜線にロープを張りながら、
DSCN7951
上ホロカメットク山。
稜線、かなり風が強いです。
てんくら見てこなかったですが、Cとかだったんですかねー?
日曜日ですが登山者は少ないです。
DSCN7953
上ホロ小屋からその先の大砲岩付近までロープを張っていくと、望岳台〜十勝岳側からロープを張ってきた別班と合流。
双方からのロープが繋がりました!!
DSCN7955
上ホロ小屋に戻ってお昼ご飯。
お腹すいた〜
いつもならお湯を沸かして山ラータイムですが、PV活動中はそんなのんびりしてられません。
おにぎり3個をもぐもぐと。
これにて作業完了!下山します!
DSCN7957
安政火口、ヌッカクシ富良野川を渡渉して登山道に戻るところ。
ここ、年々削れて険しくなってます。崩れやすく落石注意。1名ずつ登ります。

以上、初のPV活動でした!
いつもの気楽なソロ登山と違って、団体行動なんで写真も少ないですが、
ここは過去に何度も記事にしてるコースなんで、いいですよね?(笑)
解散後は凌雲閣でさっぱりと。

では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

藤原製麺【スープカリーキング監修スープカリーラーメン】in十勝岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

こんにちは山ラーおじさん、じぇっつです!
いつも「お散歩」とか「怪我明け様子見」とかで白銀荘〜十勝岳避難小屋のコースを楽しんでいますが、本日は白銀荘から十勝岳山頂を目指します!
今回も拙いYouTube動画を作りました。山行の様子は動画のほうが楽しめると思います。
本記事末尾からお楽しみ下さい!!

昨年は凌雲閣から上富良野岳〜上ホロカメットク山〜十勝岳でした。
白銀荘/望岳台側から十勝岳山頂に行くのは何年ぶりかです。
十勝岳MAP
本日のルート。
P60start
白銀荘前。
十勝岳の噴煙がいつもより多い気がします。
P6020006
出発〜!
望岳台スタートとは全然違う風景ですよね。
このコース大好きです。
P6020008
十勝岳爆発記念碑。
P6020014
エゾツガザクラ。
P6020016
P6020018
変化に富んだ道が楽しい。
P6020024
表大雪、旭岳が見えます。
P6020025
十勝岳の噴煙、やっぱり多い!
P6020027
白銀荘分岐。望岳台コースと合流です。
やっぱり望岳台から登る人が圧倒的に多いですねー
P6020031
いや〜、いい天気。
P6020032
天気が良く、ほぼ無風なので暑いです。
P6020034
避難小屋前の気温、11℃。
そうなの〜〜?体感温度はもっと高いです。
一休みして先に進みましょう。
P6020037
避難小屋から先が本番です。斜度もきつくなります。
P6020041
いや〜、天気良くて最高!導かれるように足もよく動きます。
白銀荘前出発から2時間ほどで、
P6020049
まずはスリバチ火口到着!
P6020050
美瑛岳どーーん!
やっぱりデカいですね!
P6020051
そして十勝岳どーーーん!
ここらで一休み。お茶にしましょう!
本日のお茶請けは、
P6020060
日糧製パン「ようかん やわらか あんぱん」
おお!これ結構美味いです!気に入りました
P6020063
では、先へ進みましょう。
こんな、どこかの惑星のような道を進みます。なだらかな登りになっているんですが、目から入ってくる平坦さと、足にかかる登りの負担の感覚に大きな差があって、妙に体力が削られます。
P6020066
だいぶ近づいてきました。
P6020079
山頂への急登に取り付きました。
P6020091
きつい登りですが、直登ではないですし、見た目通りに足に負担がくるので不思議と楽に登れます。
P6020092
お?山頂に近づいてきましたよ〜。
スタートから3時間10分ほどで、
P6020094
十勝岳山頂 2.077m、到着です!
P6020095
「光顔巍々(こうげんぎぎ)」
以前の記事に纏めていますが、浄土真宗の「讃仏偈」というお教の一説からで、
「光顔巍巍 威神無極 如是焔明 無与等者」
光顔巍巍として威神極まりなし。かくのごとき焔明、ともに等しきものなし。
と読み下すようですが、その意味は
「御姿まぶしく 徳かぎりなく その光明に 並ぶ者なき如来よ」
仏様のルックスを褒め讃える歌だそうです。
碑石の裏には、
P6020104
三角点を模した石。
十勝岳に三角点はありません。
P6020098
おお〜!富良野岳様も光顔巍巍!
では、富良野岳様を拝みながら、メインイベントにしましょうか!
IMG_3224
お湯を沸かします。
本日の山ラーは、
IMG_3219
藤原製麺スープカリーキング監修スープカリーラーメン!
IMG_3203
IMG_3222
スープはモデルAJ-203
IMG_3233
いただきます!🙏
カレーの良い香り〜。スパイシーでなかなか良い辛さがあります。
美味い!
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

さて、ゆっくり景色も楽しみましたし、下山するとしますか。
P6020109
登ってきた急斜面をサクサク下りて、
P6020117
振り返る。下りはあっという間ですな。
P6020119
P6020123
来た道をひたすら戻る。
P6020124
大雪渓。
毎年ソリ滑りするところです。
雪解けの早い今年ですが、まだ滑れましたかね〜。
P6020129
避難小屋下。
P6020132
ずっとこの感じの道なので飽きてきました(笑)
P6020137
P6020143
やっと花が。
カラフトイソツツジのつぼみですかね。
P6020145
白銀荘への泥流コースに入ると、コースに変化が出てくるので楽しいです。
P6020146
富良野川渡渉。
P6020149
下山〜〜ンヌ!!
P6020151
白銀荘でサッパリしていきましょう。
水風呂で足をアイシング、その後は露天風呂で緩んで
今日は天気も景色も最高でした〜。今年もいいシーズンになりそうな気がします。
次は大雪山国立公園パークボランティアの活動です。山ラーしませんし、そんなに写真パシャパシャ撮れないと思うんでブログにはしないと思いますが、しっかり働いてきます!
IMG_3242
お風呂上がりは白銀荘のソフトクリーム。
実は初の白銀荘ソフトです🍦
甘すぎずサッと喉を過ぎていきますが、牛乳感は結構ありますね〜。


では皆様、ご安全に!
最後にあの有名なフレーズのご唱和を。
無理しな〜い
 怪我しな〜い
  明日も仕事!!


したっけね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

菊水 北海道醤油ラーメン in 快晴の【秋の富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

吾がホームマウンテン・富良野岳。
前回の富良野岳山行の記事
「楽しい登山をありがとうございました!また来年おじゃまします!」
などと書いてましたが、10月中旬になり積もった雪が一度解け、紅葉が遅いピークを迎えているとのことでまたまたお邪魔しました!

今回のコースです。
凌雲閣富良野岳MAP
十勝岳温泉凌雲閣前からスタート。いつものように上ホロ分岐から時計回りで三峰山〜富良野岳と巡って下山します。
時間に余裕があり、あまりに天気が良かったので三段山へおかわり登山しました。

朝5時ちょい前に凌雲閣前に到着。仮眠して朝ごはん🍙食べて。
PA150003
6:30ちょい前に出発!
PA150011
0℃。寒いわ〜。
仮眠でわりとよく眠れましたが、寒くて目覚めたんです。
PA150008
かといって厚着して歩くとすぐに汗をかいて、かえって冷えてしまうんですよねー。
PA150012
重ね着したり、薄着にしたりで快適温度に調整します。レイヤリングとか言うらしいですよ。

おおっ!😆
PA150015
モルゲン富良野岳!
おはようございます。またおじゃましました〜

サクサク登って300階段をクリアしたところ。
IMG_4755
パノラマ写真。
素晴らしい景色!素晴らしい青空!
PA150020
PA150023
上富良野岳山頂直下のお気に入りスポット。
PA150028
十勝岳に上ホロカメットク山。
PA150026
三峰山に富良野岳。
素晴らしい!
PA150027
ポコンと上富良野岳。ここからの急登を詰めれば辿り着きます。
PA150032
ちょこっと残雪。
PA150034
あと少し!続きを読む

国分グループ「霧島黒豚だし豚骨らーめん」in 【富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今回は小生のホーム・マウンテン「富良野岳」におじゃましました〜
今年2回目です。7月に登った時の記事は→こちら

凌雲閣ー上ホロー富良野岳
いつものように十勝岳温泉凌雲閣前の登山口から出発〜安政火口〜上ホロ分岐〜かみふらの岳 と進みます。
今回は上ホロカメットク山に寄り道。
かみふらの岳に戻り、三峰山富良野岳〜上ホロ分岐〜凌雲閣を時計回りに周遊しました。
約12.4キロのコースです。
「霧島黒豚だし豚骨らーめん」登場までしばし山歩きにお付き合いください。

IMG_3997
朝5:20。
駐車場の混雑を鑑みて早起きして来ましたが、駐車場は9割埋まってました。
小生の後からどんどんクルマがやってきて、あっという間に満杯。
駐車場にある公共トイレは落雷の影響でしばらく使用不能となっていましたが、この日までに仮復旧したそうで助かりました。

朝ごはんを食べたら眠くなってきたので、登山開始予定の時間まで仮眠するとしましょ

結構、爆睡できました!
運転席でぐっすり眠るのは営業マンの特技ですよね〜?
P9240008
6:40。
P9240010
雲海が美しいですが、山に上がってこなきゃいいですよね〜。
P9240011
十勝岳の大山神様に、無事の登山と楽しい登山をお願いして出発です!
P9240013
安政火口からお天道様ピカーーン!☀️
P9240015
寒いけど暑いですw
P9240017
安政火口から上ホロ分岐へ向かう登り。D尾根を回り込めば、
続きを読む

藤原製麺 北海道産甘海老だし味噌ラーメン in 【富良野岳】

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

令和5年6月25日。
今年4回目の山ラー活動は大好きな富良野岳におじゃましましたー。
十勝岳温泉〜富良野岳〜十勝岳温泉
前回と同じコースです。十勝岳温泉凌雲閣前を出発し、上ホロ分岐〜かみふらの岳へ。さらに三峰山を経て富良野岳山頂を踏破し、上ホロ分岐、凌雲閣へと周遊する時計回りコースです。
まあ、いつものコースです
先に富良野岳に行く反時計回りコースの人が多いと思うんですが、小生は時計回りコースが好きですね。
ただ、山行の前半はスカッと晴れてて、富良野岳に着く頃にはガスってるという経験を何度もしているので、時間的には反時計コースの方が良かったりするのかもしれませんね
今回も拙いYouTube動画を作ってみましたので、記事最下部からご覧いただけると鼻血が出るほど嬉しいです

朝5:15。
IMG_0793
おはようございます。
十勝岳温泉・凌雲閣前です。爽やかな青空が広がっています。
先々週、十勝岳登山で来たばかりの登山口に、またまたやってきました。
一日中こんな天気だと良いですが、天気予報によれば、風も穏やかなので暑くなりそうです。
なので少し多めに飲料水を用意しました。
早い時間から大勢集まってきて駐車場は一杯。既に坂道の路上駐車も発生しています。
DSCN7673
あれこれ準備して出発です!
入山届に記入して、
DSCN7674
登山口におわす十勝岳の大山神様に安全な登山、楽しい登山を祈念。
DSCN7676
三段山に後光が差しています。
DSCN7678
ウラジロナナカマドが瑞々しい。
DSCN7682
D尾根を回り込んで、
DSCN7685
富良野岳様ど〜〜〜ん!
すばらしい!ただただ、すばらしい!
DSCN7686
DSCN7688
先々週はしっかりと雪が積もっていましたが、かなり解けましたねー。
DSCN7690
雪渓登りって平坦なのですが、踏ん張りが効かないので意外と体力を削られます。
登山口で見かけた、力一杯大声で話し、力一杯大きな笑い声を上げるメンバー♀がいる団体さんをここで追い越しました。
こっちのコースに来たんですね〜。行く先々であのけたたましい大声を聞かされるのはキツいな〜

続きを読む

北海道二夜干しラーメン函館塩 in 【上ホロカメットク小屋】(上ホロカメットク山〜十勝岳)

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今年2回目の山ラー活動は、
R050611十勝岳MAP
十勝岳温泉凌雲閣前からスタートし、上ホロ分岐〜かみふらの岳〜上ホロカメットク山〜十勝岳の往復約12キロのコースです。
途中にある上ホロ小屋は昨年秋に新築オープンしましたので見学がてらラーメンを戴くとしましょう!
YouTube動画も作りましたんで、この記事の一番下に掲載しておきますね。

朝6:30頃の凌雲閣前。
DSCN7338
素晴らしい天気
DSCN7339
わくわくしますな
DSCN7341
下界から上がってきそうな雲もありません。
入山届を記入して、その横にある階段を上がりますと。
DSCN7343
大山神様がおわします。
安全な登山、楽しい登山を祈念。
(畏れ多いので御神体は撮影していません)
DSCN7342
では、出発で〜す!
DSCN7346
朝から気温が高く、ほぼ無風なので結構暑いです。
安政火口を越え、D尾根にとりつく道には
DSCN7348
たくさんの残雪。
そして、D尾根を回り込めば〜、
DSCN7351
富良野岳様ど〜〜〜ん!
おお〜〜!素晴らしい!
凌雲閣のところからも富良野岳はどーんと見えますが、やはりこの角度ですよね〜
続きを読む

藤原製麺 熊出没注意ラーメン塩篇 in かみふらの岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今回は、
十勝岳温泉かみふらの岳
十勝岳温泉凌雲閣前を出発し、かみふらの岳〜三峰山〜富良野岳へと縦走する予定でしたが、酷い暴風のため縦走を断念。かみふらの岳往復およそ6.8kmの山歩きです。

DSCN6829
朝5:30頃に到着したんですが登山口駐車場の“枠内”はすでに一杯。天気予報はすぐれないにもかかわらず、さすがは人気の紅葉富良野岳ですね。
朝ごはんを食べたり仮眠をとったりして6:30過ぎ頃スタートしました。
入山届けを記入、その横におわす大山神に登山の安全と天候回復を祈願。
DSCN6830
DSCN6831
ここは安政火口です。真っ白。
DSCN6832
ここは「富良野岳どーーーん」の場所です。(動画もあります)
DSCN6834
上ホロ分岐。
DSCN6835
DSCN6836
景色も花もないので黙々と登り続けます。
続きを読む

北海道二夜干しラーメン旭川醤油 in "花盛りの"富良野岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今年4回目の山ラー活動はまたまた大好きな富良野岳におじゃましましたー。
実は前週末に花盛りの富良野岳におじゃまする予定が、仕事の急な予定で断念。
SNSで皆さんが花々の写真をUPしているのを指を咥えて眺めていました...
そして3連休!天気は良くない予報ですが土曜の午前中は良さそう!ってなワケで早起きして向かいました〜。
例年海の日連休は大雪山の方に行ってるんで、富良野岳の花々がどんな感じか非常に楽しみです

十勝岳温泉〜富良野岳〜十勝岳温泉
前回と同じコースです。十勝岳温泉凌雲閣前を出発し、上ホロ分岐〜かみふらの岳へ。さらに三峰山を経て富良野岳山頂を踏破し、上ホロ分岐、凌雲閣へと周遊する時計回りコースです。

青空広がる登山口。
DSCN5116
朝5:30頃に到着しましたが駐車場はほぼ満車。坂の路上駐車がそうとう下まで連なることになりそうです。
DSCN5115
上ホロ小屋再建工事の看板。
DSCN5117
入山届を記入し、登山口におわす大山神様に安全で楽しい登山を祈願して出発です!!

ゆっくりめに歩いてウォーミングアップ。
DSCN5119
30分弱で安政火口到着。
DSCN5120
良き青空。
DSCN5121
この青空が続きますように...

富良野岳どーーーん!の道を歩く動画です。
(テロップ入れる技術を習得しました)

DSCN5127
山頂は雲ではっきり見えないですが、
DSCN5125
富良野盆地はくっきりと。
富良野岳様にも今日の楽しく安全な登山を祈願して先へ進みます。
続きを読む

藤原製麺 旭川らぅめん 青葉 in 富良野岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今年2回目の山ラー活動は大好きな富良野岳におじゃましましたー
十勝岳温泉〜富良野岳〜十勝岳温泉
今回のコースです。十勝岳温泉凌雲閣前を出発し、上ホロ分岐〜かみふらの岳へ。さらに三峰山を経て富良野岳山頂を踏破し、上ホロ分岐、凌雲閣へと周遊する時計回りコースです。

DSCN4896
凌雲閣前。
悪天候になるという天気予報は前日夜に好転し、青空が見えています。
天気予報の影響なのか駐車場は例年に比べかなりガラガラ。
DSCN4897
入山届に記入し、
DSCN4898
登山口に御座す大山神様に楽しく無事な登山を祈願して出発です!
※御神体は畏れ多いので撮影していません。

安政火口までのウォーミングアップ路を歩き、D尾根を回り込んだら、
DSCN4902
富良野岳様どーーーーん!
おお〜〜素晴らしい!神々しい!
昨年撮影した富良野岳どーーーん!の動画は→こちら
青空で風は穏やか。いい山行になりそうです。
続きを読む

藤原製麺 みそラーメンのよし乃本店 in 富良野岳

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

大雪山/十勝岳連峰の夏山シーズンは最終盤。山歩きと紅葉を楽しみたいと思います。
登山口の凌雲閣前駐車場は6時には駐車場が混み始め、凌雲閣のテラスはカメラを構えた紅葉ファンで既に賑わっています。
クルマの温度計では2℃と、結構寒いです。
今回のコースです。
十勝岳温泉〜富良野岳
入山届けに記入し、いつものように大山神に登山の安全を祈祷して出発です。
DSCN2946
爽やかな朝。
重ね着をして、イヤウォーマー巻いて防寒はバッチリです。リュックの中にはフリースもダウンベストも入っています👍
DSCN2949
安政火口。天気がいいです。
D尾根を回り込むと、どど〜んと
DSCN2951
見えるはずの富良野岳様は霞の奥に。
時間が経てば晴れていくことでしょう。
DSCN2953
上ホロ分岐。
DSCN2959
益々晴れてきました。
防寒をしっかりしてきたので暑くなってきました。一枚ずつ脱いで調整。
DSCN2962
DSCN2968
ばーーーーん!富良野岳様です。
DSCN2969
遠くには空に浮かぶように見える大雪山が👏
DSCN2976
富良野岳分岐 到着。
相変わらず天気が良く、開けた場所に出ても風がなく穏やか。
IMG_9969
おやつタイム。
いつもの「百年橋/梅屋」。これ大好きです。
DSCN2983
じゃあ、行きますか。
DSCN2985
素晴らしい青空。
DSCN2989
十勝岳と大雪。雄大!壮大!
噴煙が凄いですね。
カッコいい山は登りが急なもんです。最後の急登を登ると、
DSCN3001
富良野岳山頂(1,912米)
素晴らしい眺望!今年7月に来た時はガスガスで「また来なさい」とのお告げがあった気がしたのはこういう事だったんですね〜😊
富良野岳山頂は腰掛けて休むのに丁度良い岩がないんです。しかも登頂者で賑わい始めたのでちょっと移動しましょう。
DSCN3005
原始が原方面に少し下りたところに素敵な休憩スポットがあります。
賑わう山頂をよそに静寂につつまれた空間。
DSCN3010
眼下には雲海。
最高です!😆
じゃあ、やりますか!
IMG_9976
藤原製麺 みそラーメンのよし乃本店
IMG_9977
この娘、"よし乃ちゃん"って名前じゃないんですって〜。本店の公式見解が以前「ライナー」に出ていました。
なんかショックですw
IMG_9979
麺のゆで汁とスープが共通のタイプ。
IMG_9986
出来ました!
見て下さい!
IMG_9991
今回はモヤシを炒めて持って来ました。しかもちゃんとヒゲ根をもいで炒めました〜
モヤシと麺を一緒に箸上げってのが よし乃らしいですよね。
富良野岳山頂に、
IMG_9992
うま〜い!
大雲海に、
IMG_9997
うま〜い!
やはりよし乃にはモヤシが合いますな〜
Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

なんだかんだでこの場所に1時間も滞在していました。
とても幸せな1時間でした〜

名残惜しいですが、下山しましょう。
山頂の賑わいを見届けて、
DSCN3017
DSCN3027
下りも絶景。
DSCN3030
十勝岳が冬景色。それにしても噴煙が高いですね。
そんな冬景色に反して歩いている道は温かすぎ。最終的に長袖シャツ1枚にペラいジャケット1枚に。
Tシャツに腕カバーの夏スタイルでも良いくらいかも。

上ホロ分岐を越え、D尾根のカーブ手前で
DSCN3036
この姿の富良野岳様とはお別れです。
今日は最高の山行をありがとうございました!また来年おじゃまします!

DSCN3040
安政火口まで戻って来ました。
毎年の事ながらこの時期はここから観光客の方々と多くすれ違います。
登山の格好をしていると、かつて登山をしていたとおぼしき大先輩から話しかけられることもしばしば。
DSCN3041
先日の三段山篇の翌日に開通した、ルートの入口です。
笹に覆われていたところがキレイに開けました。
せっかくなんで、ちょっとお邪魔してみましょ。
DSCN3044
入ってすぐ「三段の沼」があります。
長年通行止めになっていたルートで、見たくても見られなかった沼です。
水は澄んでいて美しいです。

DSCN3045
下山〜〜〜〜ンヌ!
無事の下山を大山神に報告し、入山届けに下山時刻を記入。
それにしてもクルマが多いこと多いこと。
坂道にも多くの路上駐車があります。
多くの人の目当ては、
DSCN3051
IMG_0011
この紅葉の景色。
ここ凌雲閣のテラスから見るのが一番華やかですな。

で、
IMG_0013
ここで、
IMG_0018
コレ。
ぷは〜〜〜😆
白銀荘の大混雑ぶりが凄いです。
貴重品ロッカーも脱衣カゴも空きなし(俺はタイミング良くどちらもすぐ使えました)。
風呂も混んでいて、露天風呂のぬるめの「のんびりの湯」は芋洗い状態。
ささっと湯浴みして退散しました。

天気に恵まれ、美味い山ラーにも恵まれ、最高の山行でした。
今シーズンの標高の高い山はこれにて終了ですかねー。
登ってみたい低山が一座あるので、それで今シーズンの山ラー納めになりそうです。

では、皆様ご安全に!



にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ

サッポロ一番塩ラーメン in 十勝岳

毎度おなじみ、山ラーシリーズです。

なぜ山に登るのか、って?
そこでラーメンを啜るためさ!

今回は紅葉の十勝岳温泉から登りました。
十勝岳温泉(凌雲閣)〜かみふらの岳〜上ホロカメットク山〜十勝岳〜(往復)
このルートで行く十勝岳は初めてです。
十勝岳温泉〜十勝岳
「サッポロ一番塩ラーメン」登場までしばらく山登りにお付き合い下さい。

早起きして十勝岳温泉凌雲閣前の駐車場に到着。
DSCN2090
紅葉すごい!
早朝の清々しい空気が美味いです。

身支度を済ませて出発しましょう。
ここからのスタートは今年2度目
DSCN2105
入林届を記入。
いつもの通り、登山口におわす山の神様に 楽しい山行と無事の登山を祈願。

安政火口までの道、
DSCN2109
工事入ってたんですよね。平成28年の台風/大雨で土砂が流れて道が荒れて、埋設ケーブル管が露出しまってたんですが、ご覧の通り非常に歩きやすい道になっています。
歩きやすいので、
DSCN2110
ついついよそ見してしまいます。
安政火口に着く頃にはウォーミングアップ完了。ここからが山登りです。
尾根を回り込んで、いつものカーブを曲がると、

DSCN2124
富良野岳どーーーーーーん!
その姿に、「おお〜!」と声が出ました。

上ホロ分岐から上ホロカメットク山へ向かいます。
DSCN2127
好天に恵まれてます。

出ました!!D尾根名物(?)
DSCN2134
実は700くらいある(?)と評判の300階段!
大変なんですけど、高度が一気に上がって景色が変わるので面白みがありますよ。
DSCN2136
こんな感じで。
さっきまで見上げていた化物岩(左の岩肌)が、もう眼下にあります。

DSCN2140
八ツ手岩。厳つい。
先っぽに人が立っているように見えますよね〜。
見方によってはリオデジャネイロのキリスト像、あるいは見方によっては...

DSCN2141
先月歩いた三峰山。

DSCN2143
ここ、お気に入りの場所なんです。
花の季節は寄せ植えみたいに花が咲いていて、バックは空。
DSCN2146
富良野岳も、
DSCN2145
十勝岳も、
DSCN2148
上ホロカメットク山も、
良く見える場所なんですよ〜。
そんな景色を見ながら、
DSCN2147
PMJ。お茶にしましょう。
いつもの「百年橋/梅屋」は売ってなかったんです。さては、増税前に買い占められたか??w

しばし景色を楽しんだら、もうひとつ急登をクリアします。
DSCN2151
かみふらの岳、到着。
ここに来れば、やはり強風。安定の強風です。
すぐにお隣の峰に向かいましょう。
DSCN2153
不思議な改行でお馴染みの(?)
DSCN2154
上ホロカメ
  ットク山
1,920メートル。富良野岳よりちょっと高いです。
かみふらの岳の強風がウソのように穏やか。

ちょっと休んで先に進みます。
DSCN2159
眼下に上ホロ小屋が見えます。ここの下り、まあまあ険しい箇所があるんですよね。ガレ場で足元不安定ですし。
大荷物の時は山頂を避けて通る道があるんで、そっちが安全でしょうねー。
DSCN2162
十勝川の源流域。
大河の始まりはこんな場所です。

DSCN2163
上ホロ小屋到着。
DSCN2166
傷みが激しい箇所も。
それにしても、登山口からここまでに会った人は僅か2名。
非常に静かな山行です。
DSCN2167
小屋の横にはトイレとテント場があります。詰めれば8張りくらい設営できるでしょうか。

では、進みましょう。
DSCN2169
DSCN2171
ここから先は緑が少ない、火山の尾根歩き。
強風とまではいきませんが、風が出てきました。
DSCN2173
大砲岩。
かつて、ここから三段山へ向かうコースがあったそうですが現在は通行禁止。
見るからに歩いちゃダメな感じの尾根です。

十勝岳への尾根を進みます。

非常に歩きやすいです。
歩きやすい場所は動画撮影チャンス!
白い大地を歩いていると、脳内にドラクエ2の「果てしなき世界」が流れてきます

DSCN2182
DSCN2184
十勝岳のトンガリが近づいてきました。それにしても、遙か遙か高いとこにあるように見えます。たどり着けるのか疑わしくなるくらいw


狭い馬の背のような道を撮ってみました。
う〜、怖い怖い
ちょっと寂しいので熊鈴を鳴らしてみましたが、余計に寂しげになりましたw

DSCN2187
果てしなく広がる黒い岩と枯れ草の絨毯。
DSCN2190
この黒い溶岩石が現れると“十勝岳感”が出てきますね。
コースには ず〜〜〜〜〜〜っとロープが這わせてくれてますんで、離れないように進みましょう。

DSCN2197
やっと到着!
登山口から4時間弱、十勝岳山頂です!
結局、上ホロ小屋からも誰とも会いませんでした。十勝岳山頂は望岳台方面からと思われる方々が数名。

十勝岳山頂は実は結構久しぶりなんです。今年の6/30は低温+濃霧+爆風で、肩まできて引き返しましたしね〜。

DSCN2199
「光顔巍々」の碑。
詳しく調べた記事は→こちら
山頂標識の下にある三角点より高いところにありますよね。
合掌、礼拝。

DSCN2201
美瑛岳に向かう方面。シワシワ。

陽が陰ったら少し寒いですが、陽が差せば温かい。風は少々強いですが岩陰に入れば影響なし。
それでは始めましょう!
IMG_0652
サッポロ一番塩ラーメン!
「みそ派 塩派 大論争キャンペーン実施中!」禿しくどうでもいい!w

IMG_0654
出来ました
付属の白ゴマに刻みネギ、そしてお生玉子様。
IMG_0664
店内の風景。雄大です。
IMG_0657
美味い!温まる〜
麺の茹で加減、うまいこと出来ました。

Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

居心地が良くて1時間も山頂に滞在しました。

来た道を戻ります。
DSCN2208
やはり下りはあっという間。
DSCN2211
DSCN2212
富良野岳山頂、人影が見えますね。
お〜〜
DSCN2223
ガスの塊が上ホロカメットクに。
DSCN2224
火口内、カラフル。
物質や冷える速度の差とかでこうなるんでしょうかね〜?

かみふらの岳を経て
DSCN2234
お気に入りスポットに戻ってきました。
DSCN2239
緑色が眼に優しい。

上ホロ分岐を経て、あのカーブの手前。
DSCN2243
陽光に照らされる富良野岳。
神々しいこの姿とはここでお別れです。
また来年おじゃまします!

DSCN2247
DSCN2250
紅葉が美し。
DSCN2252
こんな感じは初めて見ます。
DSCN2257
素晴らしいじゃないですか〜
DSCN2265
ほんと、歩きやすい。
復路こそこの有り難みが解ります。

無事の下山を山の神様に報告し、入林届けに下山時刻を記入。
登山靴を脱いで風呂に行きましょう!

凌雲閣で素晴らしい紅葉と歩いてきた峰々を眺めながらの露天風呂
贅沢ですね〜

露天風呂の上にあるテラスからは、
DSCN2273
こんな景色。
すげ〜

風呂上がりのお楽しみは、そのテラスで
IMG_0678
ぷは〜〜〜〜〜
たまらんす。

今年の山ラー山行はこれにて終了となります。
令和元年、ケガなく山ラーを楽しめた事に感謝です。
そして、相変わらずのダラダラ山行の記事にお付き合い下さった方々、山ですれ違った方々、
どうもありがとうございました!

では皆様、ご安全に〜!





にほんブログ村 グルメブログ 北海道ラーメン食べ歩きへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ

藤原製麺 旭川梅光軒 三方麺醤油 in 富良野岳

大好きな山、富良野岳に登ってきました。
以前にも山ラーシリーズで何度も書いていますが、何度来ても楽しい山です。
天気予報は。「てんきとくらす」の登山指数は「A」。
期待は高まるばかり

furanodake
登山口の凌雲閣〜上ホロ分岐〜富良野岳〜三峰山(さんぽうやま)〜かみふらの岳〜上ホロ分岐〜凌雲閣
というコースです。
藤原製麺 旭川梅光軒 三方麺醤油の登場までしばらく一緒に登山しましょ。

凌雲閣前の登山口。
朝の6時の山はさすがに寒い。
DSCN0598
入山届けを書いて、直ぐ横の神様に安全祈願をして出発です。
安政火口までは平坦な道を30分ほど。ちょうど良いウォーミングアップ。
DSCN0601
青い花。エゾオヤマノリンドウ(?)
DSCN0603
安政火口到着。ここからが山登り。
所々青空が見えるんですけど、山の方は雲&ガス。
DSCN0607
富良野岳は顔を隠しています。
この後、晴れると良いですが...
上ホロ分岐を経て富良野岳方面へ進みます。
DSCN0609
三峰山沢です。
ガイド本によると、ここの水は渋味があって美味しくないとのこと。
DSCN0610
整備が行き届いています。
DSCN0611
黄色い花 (笑)
DSCN0613
白い花 (笑)
山はガスっているんですが、
DSCN0614
下界はよく見えるんですよねー
DSCN0615
三峰山沢の支流。ここの水は美味いんだそうです。もちろん飲むなら煮沸するか濾過器を通すかしなきゃならないですが。

ちょっと開けた場所でリュックを下ろして休憩。
DSCN0618
ここ、初夏はチングルマ畑で楽しい気分になるんですよねー
DSCN0619
綿毛化したチングルマ。
DSCN0621
おやつ!
気温が低いので硬くなってましたが、ほのかな甘さで飽きずに食べ切れました。

長い階段の坂を登り切ると
DSCN0627
富良野岳分岐。
階段の先が、、、ガス、、、
まあ、進みましょう。
30分弱登って、
DSCN0628
富良野岳山頂(1,912米)
誰もいない! 何も見えない!
DSCN0632
何も。
お〜い、「てんくら」!どうなってんだ?!

たまには動画を。

まあ、富良野岳からの景色も見たかったんですが、どっちかというと富良野岳を見たかったんですよね〜。「自分のポルシェに自分が乗ったらポルシェが見えないだろ」という北野武氏理論みたいな(?)
その富良野岳のお姿もまだ観られていません。
真っ白ですし、風が強いんで長居は無用です。分岐に下りておにぎり食べましょ。
DSCN0636
ここも花の季節は綺麗なんですよね〜
分岐でおにぎりを頬張ってたら、三峰山方面の雲が晴れました。
DSCN0640
雄大、雄大!
これから向かうルートが見えると安心です。

でエネルギー補充したんで、いざ、三峰山へ!
DSCN0646
初夏はここも素敵なお花畑です。
三峰山はとにかく花畑が素敵なんです。
DSCN0648
十勝岳の先っちょ見えません!
急登や岩登りを繰り返して、三峰山2つ目のピーク
DSCN0661
三峰山(1,866米)山頂標識
ナキウサギがあちこちで"ぴちー" "ぴちー" と鳴いています。
声はよく聞くんですが、その姿は実際に見たことはありません。
が、なんと!この山頂でついに姿を見たんです!2メートルほど先に!

めんこ〜〜〜い

思ってたより少し小さかったです。写真なんか撮る隙はありませんでした。
「あ!見つかっちゃった!」みたいな感じで数秒後に岩の隙間に隠れてしまいました。
いや〜、めんこかった!

ハイマツの多い三峰山ですが、富良野岳から進んで3つめのピークを越えると急に荒涼とするんですよね。
DSCN0669
荒涼境界。
DSCN0670
荒涼。
所々ある緑色の株。これも初夏には花が咲く素敵な荒涼地帯なんですよ〜。
やはり三峰山は面白い。
DSCN0672
右、十勝地方から雲と風が凄い速度で押し寄せてきます。ちょっと怖いくらいに。

十勝岳連峰が、上川地方と十勝地方の間に屏風のようにそびえている感じが良く解ります。
上川方面にもガスが下りて、何も見えなくなりました。ガスがなければ、上記 白い花の下の画像にある下界や、凌雲閣が見えるはずなんですけどね。

DSCN0684
少し歩くと晴れて、景色が見えました。化物岩と凌雲閣。高度感ある景色でした。

ほどなくして
DSCN0686
かみふらの岳 山頂です。
ここも風が強〜い💨
ここ、来る度にガスが濃いか 風が強い気がしますね〜
山ラー予定地でしたが、ちょっと厳しいんでもう一個所持していたおにぎりを食べるとしましょう。
おやつも
557635924.67509
チップスターと上ホロカメットク山
チップスター止まらん!
さあさあ、ラーメン作れるところ目指して下山しましょう。
DSCN0694
かみふらの岳山頂直下のお気に入りスポット。ここ大好きなんです。
DSCN0698
富良野岳、もうちょい!
DSCN0702
DSCN0703
荒々しい安政火口。
300階段、下りま〜す!

DSCN0707
ついに全容を見せてくれた富良野岳!
いや〜、1年ぶり。会いたかったですよ!
DSCN0708
三峰山。文字通り3つの峰。

サクサクと上ホロ分岐まで下って、さらに20分ほど下り、
IMG_3616
安政火口。
風が落ち着いていて、かつ広い場所。
ここで山ラーにしましょう!
思い起こせば、去年の富良野岳山ラーも安政火口でした。
今日のラーメンは、
IMG_3618
藤原製麺 旭川梅光軒 三方麺醤油
IMG_3623
IMG_3620
豊岡の梅光軒ですね。すっかりご無沙汰してしまっています。
具材は
IMG_3624
いつものこれ!
IMG_3619
麺ゆでとスープ用が別のお湯のタイプでした。この手のラーメンは山ラー向けではないですが、もちろん気にせず麺を茹でたお湯で完成させます。
400mlのお湯を沸かして麺を投入!
スープを入れて
IMG_3628
出来上がりです。
今回は乾燥ネギではなく、生の長ネギを刻んで持って来ました。
IMG_3629
お〜!かなり梅光軒です!
パッケージの謳い文句に偽りなしだと思います。
そして生のネギが 山ラーをグッとグレードアップしてくれます。
こいつぁ、美味い🐽

Jets的ラーメン評価「山+」でお願いします!
ごちそうさまでした!

おや?
DSCN0715
あんなとこに石碑がありますねぇ。
安政火口には何度も来てますが知りませんでした。行ってみましょう。
DSCN0713
歌碑です。
「風に叩かれ 吹雪に耐えて 岩に根を巻く 松の幹」
「負けるものかと 夜空に問えば 月がほほえむ 十勝岳」
会田清洞 作

調べてみると、会田清洞とは安政火口周辺を開発し、十勝岳温泉凌雲閣を興した 会田久左エ門氏なんですって!
リンク先の説明によると、「この歌は湧出温泉の発見により温泉事業を行うことになり、昭和三十七年七月宿舎建築に着手したが、道路が完備していないので資材の荷上げと工事に大変苦労したとき、また集中豪雨による湯源設備の流出等があったときの心を詠ったものである」と。
DSCN0714
会田久左エ門氏の功績を讃え、十勝岳観光協会と十勝岳山岳救助警備隊が建立したもの。
とても由緒が有り素晴らしい歌碑なんで、もっと見えやすいところにあれば良いのに〜。と思います。登山ルートからかなり外れてますから。

DSCN0719
登山口に戻って来ました。
祠に無事の下山を報告し、入山届けに「下山」と記入。
登山靴を脱いで向かうは、
IMG_3633
いつもの白銀荘。
露天風呂に浸かっていると、冷たいけど気持ちのよい風が吹いてきました。
眠っているのか、眠っていないのか判らない"まどろみ"に落ち、ずいぶん長く湯船に浸かっていたようです。
温泉に癒された後は、
IMG_3634
ぷは〜〜〜〜〜!
いつものやつです。
凄いぷはー顔はバスタオルで覆い隠して(笑)

ガスと強風の山登りでしたけど、やはり富良野岳は楽しい!
今シーズンでもう一度お邪魔したいものです。

では、帰宅してホンモノで ぷはー します。

したっけね。





にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ

マルちゃん 塩ラーメン in紅葉の富良野岳 平成二十九

今年も紅葉の富良野岳を楽しみに行ってきました。
十勝岳温泉スタートの登山が俺のホームであります。
昨年の「紅葉の富良野岳」は→こちら
この時もマルちゃん塩ラーメンだったか〜〜🍜

今回のコースです。
十勝岳温泉〜富良野岳


凌雲閣裏テラスからの展望。
IMG_8336
紅葉いいですね〜

入山届けに記入して、すぐ横のご神体に登山の安全を祈願してスタートです!
DSC_0001
安政火口までの30分はウォーミングアップ。ゆっくりと行きましょう。
安政火口でヌッカクシ富良野川を徒渉して高度を上げます。
DSC_0003
山肌が色づいています。
雲が晴れてくれません。

20分ほどで
DSC_0004
上ホロ分岐。
DSC_0005

DSC_0009
おお、徐々に雲が晴れてきましたよ〜。富良野岳が姿を現しました。
DSC_0012
下界もくっきり。
DSC_0017
上ホロ、十勝岳も良く見えます!
下に雲はありませんし、この後は眺望Goodな山行が楽しめそうです!

あらら、
DSC_0018
富良野岳分岐に着くと曇ってきましたよ。どこからこの雲来た??

ひと休みして富良野岳のピークを目指します。
DSC_0020
濃い雲の切れ間から

着きました〜
DSC_0026
富良野岳山頂1,912メートル。
すると、
DSC_0028
エサを求めて現れました。
DSC_0031
キツネ。
下界で見るキタキツネよりきれいですね。
こいつ、アホ人間から食べ物を貰ったことがありそうですね。人の顔色をうかがってきます。

ポツポツと雨が降ってきました。長居は無用ですね。
分岐に下りましょう。

DSC_0033
分岐に下りてひと休みしてたら山頂方面が晴れてきました。
憎たらしいぜ

ここでお待ちかねの山ラー!
と思いましたが、何だか天候が不安定なので高度を下げたところで戴きましょう。
おにぎりだけ頬張ってチャージ🍙
今年のフェイバリット、ローソンの「梅しそごはんおにぎり」です。
IMG_8340
またキツネ。

DSC_0039

DSC_0040
また晴れてきましたわ。
DSC_0042

DSC_0045
さよなら富良野岳。また来年遊びに来ますね〜〜

DSC_0047
サクサク下りて
IMG_8346
安政火口まで来ました。
さあ、ここらで
IMG_8342
山ラーにしましょう!
おいしさなが〜い おつきあい!!「マルちゃん 塩ラーメン」です。
赤い時計台、緑の人馬。
IMG_8348
出来ました!具材はいつものチャーシュー、チャイナチク、お生玉子様。乾燥ネギはストック切れのためナシです。
うんうん、やっぱウマーベラス!

登山口に戻って来ました。
駐車場はいっぱいです。紅葉を観に来た人で賑わっています。
祠で無事の下山を報告したあとは〜

ちょっと移動して
IMG_8350
白銀荘です
温まりますね〜
で、チンカチンカに冷やしたヤツを
IMG_8351
ぷは〜〜〜〜
こりゃたまたん。

これにて今年の大雪山・十勝岳連峰の山行は終了です。
雨で何度か中止になりましたが、今年も事故無く楽しかったな〜。
来年も楽しめるよう鍛えておきます!
したっけね。





にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
研究所入口
価格・営業時間・禁煙情報などは訪問当時のものです。


jetsdiary_youtube
"じぇっつチャンネル"
チャンネル登録&いいねボタンよろしく!
Profile

じぇっつ

札幌市生れ。
平成18年〜旭川市在住。
血液型Asus4。
似非旭川ラーメン研究家。
ハチノジフグとアカハライモリが好きな山登りをするアクアリスト。
自称“山ラーおじさん”
jets.es135@gmail.com

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
Archives
記事検索
Categories
カムイミンタラ〜旭岳
旭岳ライブ映像
旭岳ライブ映像
ロープウェイ姿見駅より
美瑛の丘と十勝岳連峰
ランキング・ネットワーク


ブログランキング・にほんブログ村へ